オペル GT (919S ‘68-1973):軽量ボディに扱い易いエンジンを搭載したGTカー

シェアする

オペル GT 1968-73 (出典:sa7.1-themes.com)

オペル GT 1968-73 (出典:sa7.1-themes.com)

ドイツ(当時は西ドイツ)の自動車メーカーであるアダム・オペル社は、1965年のフランクフルトモーターショーに出展されたショーモデル「グランツリスモ・クーペ」をベースに「オペル・GT」を開発し、1968年に市販が開始されました。実用車がメインであったオペルにとっては初の本格的なGTカーであり、同社のイメージリーダーカーとしての役割を果たしました。

独特なヘッドランプが特徴

ボディ形状はロングノーズ・ショートデッキの2ドアクーペで、同じグループに属する米国GM社のスポーツカー「コルベット」を彷彿とさせる流麗なスタイリングを備えていました。ヘッドランプはリトラクタブルタイプで、一般的な電動ポップアップ式と異なり、レバー操作で左右方向に180度回転してヘッドランプが現れるユニークな方式が採用されました。

オペル GT 1968-73 (出典:autoevolution.com)

オペル GT 1968-73 (出典:autoevolution.com)

ヘッドライトが横に回転する独自の機構(55秒頃)

乗車定員は2人で、ボディサイズは全長4,113mm×全幅1,580mm×全高1,225mmとコルベットよりは遥かにコンパクトで、同時代の国産GTカー「トヨタ・2000GT」に近いディメンションでした。車両重量は870~970kgで、トヨタ・2000GTよりも150~250kg軽量でした。プラットフォームは、グランツリスモクーペの「レコルト」用から一クラス下の「カデット」用に変更されました。

オペル GT 1968-73 (出典:rezbach.de)

オペル GT 1968-73 (出典:rezbach.de)

ホイールベースはカデットよりも延長され2,431mmに設定された他、前後トレッドもワイド化されました。駆動方式はコンベンショナルなFRで、サスペンション形式はフロントがダブルウィッシュボーン/リーフ式、リアがトレーリングアーム・パナールロッド/コイル式でした。グレードは、「1100GT」と「1900GT」の2種類がラインナップされました。

オペル GT 1968-73 (出典:autoevolution.com)

オペル GT 1968-73 (出典:autoevolution.com)

性能は凡庸ながら扱い易いエンジンを搭載

フロントに搭載されるエンジンは、1100GTが1.1L直4OHVツインキャブ仕様で最高出力60ps/5,200rpm・最大トルク8.8kgm/3,800rpm、1900GTが2L直4SOHCシングルキャブ仕様で最高出力89ps/5,100rpm・最大トルク15.2kgm/2,500~3,100rpmのスペックでした。トランスミッションは共に4速MTが標準で、1900GTのみ3速トルコン式ATを選択する事も可能でした。

オペル GT 1968-73 (出典:bringatrailer.com)

オペル GT 1968-73 (出典:bringatrailer.com)

最高速度及び0-100km/h加速は、1100GTが157km/h・17.7s、1900GTが187km/h・11sで、当時としても凡庸な性能であった反面扱い易い性格を持っていた為、スポーツカーを足代わりとして使用する北米市場では好評でした。販売の主力は外観の印象を裏切らない程度の性能を持つ1900GTで、販売が振るなかった1100GTは1970年に生産終了となりました。

オペル GT 1968-73 (出典:bringatrailer.com)

オペル GT 1968-73 (出典:bringatrailer.com)

次いで1900GTも、北米の厳格化された安全基準に適合出来ず1973年に生産終了となりました。日本国内にも1900GTのみが輸入され、235万円の価格で販売されました。この価格はトヨタ・2000GTの238万円に迫るもので、現在の金額に換算すると1,500万円を超える程の高価なモデルでした。

車の買い替え前には、必ず一括査定で査定額を把握!

車の買い替えに焦りは禁物です。愛車の査定相場を把握せずに商談に入ると、安く提示された下取り額に対し判断が出来ず大きな損をする事に…。

まずはかんたん査定ガイドなど、ネットの一括査定サービスを利用しましょう。査定額の差は【65万円】となる事もあります。→そんなに違うの?買取り額の【差額事例集】

kantan_kuruma_kekka3

かんたん査定ガイドなら数項目の入力が完了すると、上の画像のようにすぐに相場がわかります。→愛車の買取り相場をすぐに見る 下取り査定を受ける前に、まずは愛車の買い取り相場を調べておきましょう。

btn_8190_600x100

新車ではなく未使用車という選択も

新車だと「予算が厳しい…」「納期が間に合わない」。そんな方には未使用車や低走行車もおススメ。ディーラーが営業ノルマの為に登録した未使用車や低走行の試乗車など、新車同様の車両が毎月たくさん出回ります。

なびくる+(プラス)は、お買い得な車両をネット申込みだけで探してくれるサービスです。「安く買いたいけど探す時間が…」という方におすすめです。

btn_8190_600x100

SPONSORED LINK

シェアする

いいね・フォローで最新記事が届きます

SPONSORED LINK