トヨペット クラウン (2代目 S4 1962-1967):初代モデルより大きくモダンかつ高性能に進化

シェアする

トヨペット クラウン 1962-67

トヨペット クラウン 1962-67

1955年に初代モデルが発売されたトヨタのプレミアム4ドアセダン「トヨペット・クラウン」は、1962年9月に初のフルモデルチェンジを実施し、2代目モデルとなりました。初代からボディサイズが拡大されると共に、内外装の大幅なイメージチェンジが図られました。又、ワゴンなどが設定された他高性能版や豪華版が追加されるなど、バリエーションが大幅に拡大されました。

直線的なスタイリングに変貌

トヨペット クラウン 1962-67

トヨペット クラウン 1962-67

スタイリングは、丸みを帯びたずんぐりしたフォルムが特徴だった初代から一転し、直線を基調とした伸びやかなプロポーションに変貌しました。又、デザインのモダナイズと共に特徴的だった観音開き式ドアを廃止し、後席用ドアが一般的な前ヒンジ式に改められました。同時にシャシーも近代化され、初代のラダー型フレームからX型フレームに変更されました。

トヨペット クラウン 1962-67

トヨペット クラウン 1962-67

ボディバリエーションは、セダンの他にライトバンと3人乗り及び6人乗りピックアップの3種類のバリエーションからなる商用車仕様の「マスターライン」が新たにラインナップされました。更に、ライトバンをベースにセダン並みの内装を施すと共に、荷室に2人分の補助シートを追加した「カスタム」と呼ばれる8人乗り仕様のワゴンが追加されました。

トヨペット クラウン ワゴン 1962-67

トヨペット クラウン ワゴン 1962-67

ボディサイズは1960年に改正された小型車規格に合わせ大幅に拡大され、セダン同士の比較で全長が325mm長い4,610mmに、全幅が15mmワイドな1,695mmとなった一方で、全高は60mm低い1,465mmになりました。又、ホイールベースは160mm延長され2,690mmとなりました。セダンの車両重量は1,215kg~1,310kgで、ボディサイズの拡大にも関わらずさほど増加しませんでした。

サスペンションを近代化

トヨペット クラウン シングルシートピックアップ 1962-67

トヨペット クラウン シングルシートピックアップ 1962-67

サスペンション形式は、フロントが初代同様のダブルウィッシュボーン/コイル式+トーションバーを踏襲し、リアはリジッド/リーフ式から近代的なトレーリングリンク/コイル式に改められました。駆動方式はFRを踏襲し、エンジンはまず先代から受け継いだ1.9L直4OHVの3R型が搭載されました。スペックは、最高出力80ps(スタンダード)/90ps(デラックス)・最大トルク14.5kgmでした。

トヨペット クラウン ワゴン 1962-67

トヨペット クラウン ワゴン 1962-67

トランスミッションは、初代同様2速/3速のみシンクロメッシュ式のオーバードライブ付き3速MTと、2速トルコン式セミAT「トヨグライド」が設定されました。セダンの最高速度は140km/hでした。そして1963年9月にマイナーチェンジを実施し、フロントグリルとテールランプの意匠が変更されると同時に、MT車のフルシンクロ化やAT車のフルオート化が行われました。

トヨペット クラウン 1962-67

トヨペット クラウン 1962-67

次いで1965年7月に2度目のマイナーチェンジを実施し、バンパーの上に載っていたターンシグナルランプがバンパー埋め込み式となった他、テールランプのデザインが丸型から角型に変更されました。同時に、「スタンダード」と「デラックス」の間を埋める新グレードとして、個人オーナーをターゲットとした「オーナースペシャル」が追加されました。

6気筒車を追加

更に同年11月に、2L直6SOHCのM型エンジン搭載車が追加されました。「デラックス」に最高出力105ps/最大トルク16kgmのシングルキャブ仕様が、そしてフロントディスクブレーキや4眼式メーター、フロアシフトを採用するスポーティーな新グレード「S」には、最高出力125ps/最大トルク16.5kgmのツインキャブ仕様が搭載されました。最高速度は前者が155km/h、後者が165km/hでした。

トヨペット クラウン ワゴン 1962-67

トヨペット クラウン ワゴン 1962-67

次いで1966年3月に、「スタンダード」「オーナースペシャル」「カステム」にもM型エンジ搭載車が追加されました。更に同年11月に、パワーウィンドウやフロントディスクブレーキなどを装備する最上級グレード「スーパーデラックス」が追加されました。そして1967年9月に3代目モデルにバトンタッチされ、生産終了となりました。

クラウンの購入を検討中なら、こちらもチェック!

車の買い替え前には、必ず一括査定で査定額を把握!

車の買い替えに焦りは禁物です。愛車の査定相場を把握せずに商談に入ると、安く提示された下取り額に対し判断が出来ず大きな損をする事に…。

まずはかんたん査定ガイドなど、ネットの一括査定サービスを利用しましょう。査定額の差は【65万円】となる事もあります。→そんなに違うの?買取り額の【差額事例集】

kantan_kuruma_kekka3

かんたん査定ガイドなら数項目の入力が完了すると、上の画像のようにすぐに相場がわかります。→愛車の買取り相場をすぐに見る 下取り査定を受ける前に、まずは愛車の買い取り相場を調べておきましょう。

btn_8190_600x100

新車ではなく未使用車という選択も

新車だと「予算が厳しい…」「納期が間に合わない」。そんな方には未使用車や低走行車もおススメ。ディーラーが営業ノルマの為に登録した未使用車や低走行の試乗車など、新車同様の車両が毎月たくさん出回ります。

なびくる+(プラス)は、お買い得な車両をネット申込みだけで探してくれるサービスです。「安く買いたいけど探す時間が…」という方におすすめです。

btn_8190_600x100

SPONSORED LINK

シェアする

いいね・フォローで最新記事が届きます

SPONSORED LINK