トヨタ パブリカ スターレット (初代 1973-1978):パブリカの一クラス上に位置するモデルとしてデビュー [P4♯/P5♯]

シェアする

トヨタ パブリカ スターレット 1000XT 1973

トヨタ自動車は1973年4月、「パブリカ」の一クラス上に位置する新型大衆車「パブリカスターレット」を発売しました。パブリカの冠名が付く通り基本コンポーネンツをパブリカから流用しつつ、スタイリッシュなボディや内外装の選択肢を増やした「フリーチョイスシステム」を採用するなど、スペシャリティ路線に舵が切られたモデルでした。

デザインはジウジアーロが担当

ボディタイプは、まず2ドアクーペのみでスタートしました。イタルデザインのジョルジェット・ジウジアーロにより手掛けられたエクステリアデザインは、社内デザインによるパブリカ(2代目P3♯/P5♯型)の保守的なスタイリングとは全く異なる、直線基調かつファーストバックのフォルムを備えた斬新なものでした。

トヨタ パブリカ スターレット クーペSR (出典:wikipedia.org)

ボディサイズは全長3,790mm×全幅1,530mm×全高1,310mmで、パブリカよりも長く広く低いディメンションでした。又、ホイールベースはそれより100mm以上長い2,265mmに設定されていました。サスペンション形式はパブリカと同様のフロント:マクファーソンストラット式/リア:リジッド・リーフ式で、斬新な外観とは対照的に保守的な機構でした。

駆動方式はパブリカ同様のFRで、エンジンも共通でした。用意されたユニットは、1L直4OHVシングルキャブレター仕様の2K型(最高出力58ps/最大トルク7.9kgm)、1.2L直4OHVシングルキャブレター仕様の3K型(最高出力68ps/最大トルク9.5kgm)、同ツインキャブレター・レギュラーガソリン仕様の3K-BR型(最高出力74ps/最大トルク9.5kgm)、同ハイオクガソリン仕様の3K-B型(最高出力77ps/最大トルク9.6kgm)の4種類でした。

トヨタ パブリカ スターレット クーペSR (出典:wikipedia.org)

トランスミッションは4速MTの他、ツインキャブレター車に5速MTが設定されました。又、インテリアは前述のフリーチョイスシステムに加え、上級グレードに6眼式メーターやウッドステアリングホイールを採用するなど、ベーシックなパブリカと一味異なるスポーティかつラグジュアリーなものでした。

4ドアセダンを追加

そして同年10月に、2ドアクーペ同様のファーストバックのフォルムを持つ4ドアセダンが追加されました。それと同時に車名からパブリカの冠名が取れ、「スターレット」となりました。次いで1976年2月にマイナーチェンジが実施され、エンジンが昭和51年排出ガス規制に適合した1.2L直4OHVシングルキャブレターTTC-C仕様の3K-U型(最高出力64ps/最大トルク9.2kgm)に一本化されました。

トヨタ パブリカ スターレット (出典:wikipedia.org)

追って同年9月には、2速トルコン式AT仕様が追加されました。そして1978年2月にフルモデルチェンジが実施され、2代目P6♯型に移行しました。

ヴィッツの購入を検討している方はヴィッツ値引き相場-納期/実燃費/価格の評価も参照下さい。

車の買い替え前には、必ず一括査定で査定額を把握!

車の買い替えに焦りは禁物です。愛車の査定相場を把握せずに商談に入ると、安く提示された下取り額に対し判断が出来ず大きな損をする事に…。

まずはかんたん査定ガイドなど、ネットの一括査定サービスを利用しましょう。査定額の差は【65万円】となる事もあります。→そんなに違うの?買取り額の【差額事例集】

kantan_kuruma_kekka3

かんたん査定ガイドなら数項目の入力が完了すると、上の画像のようにすぐに相場がわかります。→愛車の買取り相場をすぐに見る 下取り査定を受ける前に、まずは愛車の買い取り相場を調べておきましょう。

btn_8190_600x100

新車ではなく未使用車という選択も

新車だと「予算が厳しい…」「納期が間に合わない」。そんな方には未使用車や低走行車もおススメ。ディーラーが営業ノルマの為に登録した未使用車や低走行の試乗車など、新車同様の車両が毎月たくさん出回ります。

なびくる+(プラス)は、お買い得な車両をネット申込みだけで探してくれるサービスです。「安く買いたいけど探す時間が…」という方におすすめです。

btn_8190_600x100

SPONSORED LINK

シェアする

いいね・フォローで最新記事が届きます

SPONSORED LINK