ホンダ 新型グレイス/ハイブリッド値引き相場2018年11月-納期/実燃費/価格の評価

シェアする

ホンダ グレイス HYBRID EX・Honda SENSING(ブリリアントスポーティブルー・メタリック)

ホンダ 新型グレイス/ハイブリッドの目標値引き額は?

(2018年11月2日更新)

ホンダの小型4ドアセダン「グレイス」は、2014年2月にハイブリッド専用車としてデビューし、追ってガソリン車も追加されました。ベストセラーコンパクトカー「フィット」とメカニズムを共有するモデルで、ホンダとしては2009年に生産終了となった「フィットアリア」以来の5ナンバーセダンとなり、上級クラスに匹敵する居住性がセリングポイントとなっています。

ホンダ 新型グレイス/ハイブリッドの値引き相場

  • オプション含む平均値引き相場:15万円
  • 車両本体の値引き目標額:15万円

ホンダ 新型グレイス/ハイブリッドの値引き難易度:C

(A:甘い ~ E:厳しい)

現状、国内ではカローラアクシオくらいしか主だったライバルのいないコンパクトな5ナンバーセダンのグレイス。フィットベースの広い室内空間とハイブリッドがウリとなっています。値引きで量販をするというよりは、このサイズ、パッケージングを好む中高年向けの市場ということもあり、値引き額は標準的です。

ホンダ 新型グレイス/ハイブリッドの納期:標準

  • 納期:1ヵ月~2ヵ月

グレイスはフィットをベースとしたセダンで、発売もフィットより一足遅れてだった事もあり、納車までの期間は安定しています。納車を急ぐ場合は色やグレードを売れ筋モデルにすれば、納期を早めることも可能です。

新型グレイスの値引き相場がわかったら、次にすべき事

ホンダ グレイス HYBRID LX・Honda SENSING(アイボリー/ファブリック)

「新型グレイス/ハイブリッドの値引き相場がわかった!すぐに商談に行く!」。しかし、焦りは禁物。商談を始める前に、今乗っている車の一括査定が必須です。

自分の車の相場を把握しておかずに商談に入ると、新型グレイス/ハイブリッドの魅力と「すぐ決めて頂ければ値引きを…」という甘い誘いに負け、下取り額に対してルーズになってしまい、買換え全体では損をする事になります。

まずはかんたん査定ガイドなど、ネットで今すぐできる「一括査定サービス」を使ってみましょう。複数社に査定してもらうと査定の差額は【65万円】となる事もあります。→そんなに違うの?買取り額の【差額事例集】

kantan_kuruma_kekka3

かんたん査定ガイドなら簡単な入力が完了するとすぐに相場がわかります。→愛車の買取り相場をすぐに調べる 新型グレイス/ハイブリッドを見に行って下取り査定を受ける前に、愛車の買い取り相場を調べておくのが失敗を防ぐ大きなポイントです。

btn_8190_600x100

ホンダ グレイスの価格/グレード/実燃費

ホンダ グレイスのグレード別 新車価格とJC08モード燃費

ハイブリッド FF 2WD (1.5L i-VTEC+i-DCD)

グレード 燃料消費率 価格(税込)
HYBRID EX
Honda SENSING
32.4km/L 2,353,320円
HYBRID LX
Honda SENSING
34.8km/L 2,236,680円
HYBRID DX
Honda SENSING
34.8km/L 1,979,640円

ガソリン FF 2WD (1.5L i-VTEC)

グレード 燃料消費率 価格(税込)
LX 22.0km/L 1,769,040円

ハイブリッド/ガソリン 4WD

グレード 燃料消費率 価格(税込)
HYBRID EX
Honda SENSING
26.6km/L 2,569,320円
HYBRID LX
Honda SENSING
29.6km/L 2,452,680円
HYBRID DX
Honda SENSING
29.6km/L 2,195,640円
LX(ガソリン) 19.6km/L 1,985,040円

※価格は2018年8/21現在のメーカー小売希望価格(税込)です。最新の価格はメーカー公式HP、またはディーラーでご確認下さい。

btn_8190_600x100

ホンダ グレイス/ハイブリッドのグレード選び

グレイスのパワートレイン

パワーユニットはハイブリッド(1.5L+モーター)、1.5Lガソリンの2種類。4WDは全グレードに準備されています。トランスミッションは、ハイブリッド車が7速デュアルクラッチトランスミッション、ガソリン車がCVTとなり、マニュアルトランスミッションの設定はありません。

グレイスのグレード構成

ホンダ グレイス HYBRID EX・Honda SENSING(ブラック/コンビシート)

基本的なグレード構成は2WDのハイブリッドがラグジュアリーな「HYBRID EX Honda SENSING」、お買い得グレードの「HYBRID LX Honda SENSING」、ベーシックな「HYBRID DX Honda SENSING」。2WDのガソリン車は「LX」のみとなっています。

グレイスの価格帯

2WDでの価格は、「LX」(ガソリン車)の1,769,040円から「HYBRID EX Honda SENSING」の2,353,320円で、価格差は58万円となっています。

ハイブリッドかガソリンか

ハイブリッドとガソリンをLXで比較すると、価格差は21万円。1.5Lのガソリンでも必要十分な走行性能があり、燃費も良好なのでガソリンモデルを選択するのも悪くありません。

グレイス/ハイブリッドの実燃費(2名乗車時の目安)

ハイブリッド車の実燃費

走行シーン 燃費
高速道路中心 22~25km/L
郊外・幹線道路 22~25km/L
市街地 19~23km/L

ガソリン車の実燃費

走行シーン 燃費
高速道路中心 19~22km/L
郊外・幹線道路 16~20km/L
市街地 12~14km/L

グレイス ハイブリッドはEV走行が可能なフル・ハイブリッド方式を採用。渋滞のある市街地では停止からの走行開始や低速走行で利点が活き、高燃費が期待が出来ます。高速道路でも軽いボディと空気抵抗を抑えたデザインで高い燃費性能を発揮します。

ガソリンエンジン車もハイブリッド車程の燃費ではないものの、非常に優れた燃費性能を発揮します。

ホンダ グレイスのマイナーチェンジ/特別仕様車/フルモデルチェンジ情報

2016年9月2日 グレイス特別仕様車「STYLE EDITION(スタイルエディション)」追加

「STYLE EDITION」は、フロントグリル等にダーククロームメッキを採用。カラーリングには専用色「ミッドナイトブルービーム・メタリック」「ルーセブラック・メタリック」を新規設定。また、内装にはブルーステッチを施した専用のコンビシートと本革巻ステアリングホイールを設定など。

「STYLE EDITION」の主な特別装備

  • ダーククロームメッキ・フロントグリル
  • ダーククロームメッキ・アウタードアハンドル
  • ダーククロームメッキ・リアライセンスガーニッシュ
  • 専用ブルーステッチコンビシート(プライムスムース×ファブリック)
  • 専用ブルーステッチ本革巻ステアリングホイール(EXはスムースレザー・ユーロステッチ)
  • ETC車載器
  • 特別仕様車専用色(新色)ミッドナイトブルービーム・メタリック/ルーセブラック・メタリック

2017年7月7日 グレイスがマイナーチェンジ実施

ホンダ グレイス HYBRID LX・Honda SENSING(クリスタルブラック・パール)

LEDヘッドライトの採用、全グレードでシート表皮を一新、燃費性能の向上など幅広い範囲で改良が実施されました。

btn_8190_600x100

ホンダ グレイス/ハイブリッドの競合はコレ!

グレイス/ハイブリッドを安く購入する為には、前もって競合車種の見積もりを取っておきましょう。競合車種とポイントは以下の通りです。

トヨタ カローラアクシオ

トヨタ カローラ アクシオ

ロングセラーモデルのカローラ。セダンは「カローラアクシオ」という名前になっています。マイナーチェンジにより精悍なフロントフェイスになっています。

5ナンバーサイズを堅持しつつ、EV走行モードを持つハイブリッドが追加となり、数少ない5ナンバーハイブリッドセダンとして人気があります。サイズやスペックなどグレイスと非常に近いので、しっかりと競合させて値引きを引き出しましょう。

日産 ラティオ

日産 ラティオ

グレイスやカローラアクシオのようにハイブリッドの設定はありませんが、同じ5ナンバーのコンパクトセダンとして日産のラティオがあります。

ハイブリッドなどの特徴はないものの、ベーシックなセダンとして良くまとまった一台です。

エンジンは1.2Lで両車と比べると一回り小さいですが、価格も安く値引きも緩いのでグレイスとの競合をうまくあおって値引きを引き出しましょう。

btn_8190_600x100

ホンダ グレイス/ハイブリッド商談のすすめ方

グレイス/ハイブリッドの値引きを引き出すにあたっては、上記のカローラアクシオ、ラティオの見積もりを事前に入手してから臨みましょう。他社ライバル車種や同じクラスの車種の見積もりを比較する事で、購入に対する本気度も伝わり、グレイス/ハイブリッドの値引きを引き出し易くなります。また、グレイス/ハイブリッド自体も系列の違う販売店で見積もりを取り、競合させることも有効な手段です。

グレイス/ハイブリッドの強み

フルハイブリッドと7速DCTがもたらす燃費と走行性能

フィット、シャトルにも採用している1.5Lガソリンエンジン+モーター、7速DCTを搭載。トルコン式のATやCVTとは一味違った欧州車的な小気味よい変速フィーリングとEVモード走行が可能なフルハイブリッドシステムで、最新のテクノロジーを体感できます。

希少な5ナンバーサイズセダン

ホンダ グレイス

以前は日産サニーやマツダ ファミリアなど、5ナンバーサイズのセダンは各社ラインナップしていましたが、今ではグレイスとカローラアクシオ、日産ラティオ程度となりました。

グレイスはそんな中でも最新のフルハイブリッドを投入し、コンパクトながら後席空間や荷室もしっかりと確保した通好みのセダンとなっています。

グレイス/ハイブリッドの弱点は?

ややポッテリしたデザイン

HYBRID EX・Honda SENSING(ブリリアントスポーティブルー・メタリック)

優れたパッケージングを持つフィットをベースにしたグレイス。コンパクトなセダンらしい落ち着いた外装と質感を高めた内装が魅力です。フィットをベースており、静粛性を高めるなどセダン化する際にしっかりとした作り込みがなされています。

トランク容量も十分でハイブリッドによる室内・荷室のハンデは感じません。ただ、横幅はスリムで室内高をしっかりと確保している為、全体的にポッテリした印象になっています。

車の買い替え前には、必ず一括査定で査定額を把握!

車の買い替えに焦りは禁物です。愛車の査定相場を把握せずに商談に入ると、安く提示された下取り額に対し判断が出来ず大きな損をする事に…。

まずはかんたん査定ガイドなど、ネットの一括査定サービスを利用しましょう。査定額の差は【65万円】となる事もあります。→そんなに違うの?買取り額の【差額事例集】

kantan_kuruma_kekka3

かんたん査定ガイドなら数項目の入力が完了すると、上の画像のようにすぐに相場がわかります。→愛車の買取り相場をすぐに見る 下取り査定を受ける前に、まずは愛車の買い取り相場を調べておきましょう。

btn_8190_600x100

新車ではなく未使用車という選択も

新車だと「予算が厳しい…」「納期が間に合わない」。そんな方には未使用車や低走行車もおススメ。ディーラーが営業ノルマの為に登録した未使用車や低走行の試乗車など、新車同様の車両が毎月たくさん出回ります。

なびくる+(プラス)は、お買い得な車両をネット申込みだけで探してくれるサービスです。「安く買いたいけど探す時間が…」という方におすすめです。

btn_8190_600x100

SPONSORED LINK

シェアする

いいね・フォローで最新記事が届きます

SPONSORED LINK