フォルクスワーゲン 新型ポロ値引き2018年12月-納期/実燃費/価格の評価

シェアする

フォルクスワーゲン ポロ 2018

フォルクスワーゲン 新型ポロの値引き/納期/実燃費レポート

(2018年12月2日更新)

フォルクスワーゲンのBセグメントハッチバック車「ポロ」は、1975年に初代モデルがデビュー。2018年3月に発表された現行型で7代目となりました。優れた操縦安定性や乗り心地などトータルバランスの良さにより、このクラスのベンチマークとして世界中のメーカーから一目置かれる存在となっています。日本では「ゴルフ」と並びフォルクスワーゲンを代表する人気モデルとなっています。

フォルクスワーゲン 新型ポロの値引き相場

  • オプション含む平均値引き相場:12万円
  • 車両本体の値引き目標額:13万円

フォルクスワーゲン 新型ポロの値引き難易度:C

(A:甘い ~ E:厳しい)

モデルチェンジからあまり期間も経過していないので、値引きは渋めです。

新型ポロの納期:標準

  • 納期:1ヵ月~3ヵ月

ディーラーが予め発注してある売れ筋グレード・カラーの個体であれば即納に近い納期で納車が可能ですが、そうでない組み合わせについては少し納車までの期間を考慮した方がよいでしょう。

ポロの値引き相場がわかったら、次にすべき事

フォルクスワーゲン ポロ 2018

「フォルクスワーゲン 新型ポロの値引き相場がわかった!すぐに商談に行く!」。しかし、焦りは禁物。商談を始める前に、今乗っている車の一括査定が必須です。

自分の車の相場を把握しておかずに商談に入ると、フォルクスワーゲン 新型ポロの魅力と「すぐ決めて頂ければ値引きを…」という甘い誘いに負け、下取り額に対してルーズになってしまい、買換え全体では損をする事になります。

まずはかんたん査定ガイドなど、ネットで今すぐできる「一括査定サービス」を使ってみましょう。複数社に査定してもらうと査定の差額は【65万円】となる事もあります。→そんなに違うの?買取り額の【差額事例集】

kantan_kuruma_kekka3

かんたん査定ガイドなら簡単な入力が完了するとすぐに相場がわかります。→愛車の買取り相場をすぐに調べる 新型ポロを見に行って下取り査定を受ける前に、愛車の買い取り相場を調べておくのが失敗を防ぐ大きなポイントです。

btn_8190_600x100

フォルクスワーゲン ポロの価格/グレード/実燃費

フォルクスワーゲン ポロのグレード別 新車価格

ハイブリッド FF 2WD (1.5L+モーター)

グレード 燃料消費率 価格(税込)
TSI トレンドライン 19.1km/L 2,098,000
TSI コンフォートライン 19.1km/L 2,299,000円
TSI ハイライン 19.1km/L 2,650,000円
GTI 16.1km/L

3,448,000円

※価格は2018年6/12現在のメーカー小売希望価格(税込)です。最新の価格はメーカー公式HP、またはディーラーでご確認下さい。

btn_8190_600x100

フォルクスワーゲン ポロのグレード選び

パワートレイン

パワーユニットは、ガソリンエンジンのみでベースモデルは全て1.0L直3ターボと7速DSG(DCTと同義)の組み合わせとなります。

ホットモデルのポロGTIは2.0L直4ターボと6速DSGの組み合わせとなります。

全車2WD(FF)のみで4WDは設定されていません。

グレード

ガソリンモデルはベーシックグレードの「TSI トレンドライン」、中間グレードの「TSI コンフォートライン」、上級グレードの「TSI ハイライン」を基本として、ホットモデル「ポロGTI」が2018年7月3日に追加となりました。

価格帯

2WDでの価格は、「TSI トレンドライン」の2,098,000円から「ポロGTI」の3,448,000円までで、価格差は135万円となっています。

ポロの実燃費(2WD、2名乗車時の目安)

1.0Lターボエンジン車の実燃費

  • 高速道路中心の燃費:18~21km/L
  • 郊外・幹線道路の燃費:13~16km/L
  • 渋滞のある市街地の燃費:11~14km/L

btn_8190_600x100

フォルクスワーゲン ポロの競合はコレ!

ポロを安く購入する為には、前もって競合車種の見積もりを取っておきましょう。競合車種とポイントは以下の通りです。

ホンダ フィット/ハイブリッド

ホンダ フィットHV '16

ホンダ フィットHV ’16

ポロの競合として利用できるのは、2013年9月にフルモデルチェンジしたホンダ フィット/ハイブリッドです。コンパクトなボディながらパッケージングを工夫し、非常に広い室内空間を確保しています。

ハイブリッドにおいてもガソリンエンジン版と遜色ない室内空間を持っており、コンパクトカー市場ではトップクラスの実力と言えます。初期に頻発したリコールも落ち着き、買い頃となっています。値引きは緩くはないですが、競争の激しいカテゴリーなので、競合車をアピールして値引きを引き出しましょう。

マツダ デミオ/ディーゼル

マツダ デミオ XD Touring L Package'14

マツダ デミオ XD Touring L Package’14

グレードを超えた高い質感とデザインで、ドイツ車に最も近い日本車といえるのがマツダ デミオ。クラス唯一となるディーゼルエンジンを持ち、従来の国産コンパクトカーでは味わえなかったフィーリングが楽しめます。

2014年9月にフルモデルチェンジをして、2014年のカーオブザイヤーも受賞するなど人気車種で、発売当初は値引きがほとんどありませんでしたが、新車効果も一巡し値引きも緩みつつあります。

btn_8190_600x100

フォルクスワーゲン ポロ 強みと弱み/総合評価

ポロの値引きを引き出すにあたっては、上記のホンダ フィット、マツダ デミオの見積もりを事前に入手してから臨みましょう。他社ライバル車種や同じクラスの車種の見積もりを比較する事で、購入に対する本気度も伝わり、ポロの値引きを引き出し易くなります。

フォルクスワーゲン ポロの強みは?

高い完成度を誇るベーシックコンパクト

フォルクスワーゲン ポロ 2018

デビュー当初はゴルフを小さく簡素にしたセカンドカーという印象が強かったポロですが、モデルチェンジを重ね装備・内外装の質感も大きく向上。ファーストカーとして十分に満足できる一台となりました。

2018年のフルモデルチェンジによって、プラットフォームはフォルクスワーゲン渾身のモジュールコンセプト「MQB」を採用。衝突安全性評価のユーロNCAPで最高ランクの5つ星を獲得するなど、土台から大幅な進化を遂げています。

フォルクスワーゲン ポロ 2018

また、装備に関しても「Apple CarPlay(アップルカープレイ)」や「Android Auto(アンドロイドオート)」といったスマートフォン連係機能が備わるインフォテインメント・システム「Composition Media(コンポジションメディア)」の採用など最新のテクノロジーが体感できます。

フォルクスワーゲン ポロの弱点は?

3ナンバーサイズとなった1,750mmの横幅

フォルクスワーゲン ポロ 2018

2018年のフルモデルチェンジで横幅1,750mmとなり、ポロも3ナンバーとなりました。世界的には大きなサイズではないですが、フィットやデミオといった日本メーカーの同セグメント車種が5ナンバーサイズを維持しているのと比較すると、少しだけ横幅に気を使うようになりました。

フォルクスワーゲン ポロの総合評価

日本のライバルに少しのプラスで買える大きな満足感

フォルクスワーゲン ポロ 2018

サイズが少し大きくなり、狭路での取り回しは少しスポイルされましたが、それ以上に余りある高品感を得られる一台です。特に毎日の運転で触れる室内は非常に高い質感を誇ります。質感については実際に乗り込んでみないとわかりにくい部分でもあるので、実際にディーラーで試乗したいところです。

車の買い替え前には、必ず一括査定で査定額を把握!

車の買い替えに焦りは禁物です。愛車の査定相場を把握せずに商談に入ると、安く提示された下取り額に対し判断が出来ず大きな損をする事に…。

まずはかんたん査定ガイドなど、ネットの一括査定サービスを利用しましょう。査定額の差は【65万円】となる事もあります。→そんなに違うの?買取り額の【差額事例集】

kantan_kuruma_kekka3

かんたん査定ガイドなら数項目の入力が完了すると、上の画像のようにすぐに相場がわかります。→愛車の買取り相場をすぐに見る 下取り査定を受ける前に、まずは愛車の買い取り相場を調べておきましょう。

btn_8190_600x100

新車ではなく未使用車という選択も

新車だと「予算が厳しい…」「納期が間に合わない」。そんな方には未使用車や低走行車もおススメ。ディーラーが営業ノルマの為に登録した未使用車や低走行の試乗車など、新車同様の車両が毎月たくさん出回ります。

なびくる+(プラス)は、お買い得な車両をネット申込みだけで探してくれるサービスです。「安く買いたいけど探す時間が…」という方におすすめです。

btn_8190_600x100

SPONSORED LINK

シェアする

いいね・フォローで最新記事が届きます

SPONSORED LINK