アバルト 695 トリブート フェラーリ (2010):フェラーリとアバルトの魔法をかけた500

シェアする

アバルト 695 トリブート フェラーリ '10

アバルト 695 トリブート フェラーリ ’10

「フェラーリ」というネーミングを付けられた特別なモデルはどんな魅力を持っているのでしょうか?キーを回しエンジンをスタートさせると4気筒の1.4Lターボユニットは太いサウンドを放ちます。アイドリングでもタービンの音が混じっていて、レーシーなサウンドを演出しています。

素晴らしいサウンド

ブレーキを踏んだまま、センターコンソールに配置されるボタンの「1」を押すとローギアに入り、スロットルをゆっくりと踏み込むとスムーズにクラッチがつながってスタートします。レーシングカーを発進させるように、スロットルを5~10%開いてゆっくりとクラッチをミートさせると、まるでF40LMのような、タービン音が混じったサウンドがエグゾーストから聞こえてきます。信号待ちからスタートさせる際には、どれだけカッコいいサウンドを出せるのでしょうか?

アバルト695トリブートフェラーリのエグゾースト

2ペダルの5段MTは、AUTOモードとパドルを使ったマニュアルモードがチョイスできます。パドル位置は、ステアリングコラムに固定されるフェラーリと違い、F1やスーパーGTなどのレーシングカー同様、ステアリングに装着されています。これにより、車の挙動をコントロールしていてもステアリングから手を離さずにシフトチェンジが可能になります。

アバルト 695 トリブート フェラーリ '10

アバルト 695 トリブート フェラーリ ’10

AUTOのシフトモードをチョイスしての走行は、ドライバーのイメージと違うタイミングで変速してしまい、シングルクラッチ特有の難しさを感じます。加速したいと思ったときにシフトチェンジされて勢いが中断されてしまうのは残念です。

アバルト 695 トリブート フェラーリ '10

アバルト 695 トリブート フェラーリ ’10

しかしマニュアルモードに切り替えれば、シフトスピードが格段に速くなるだけでなく、逆にスムーズな印象を受けます。マニュアルの車をドライブするのと同じようにスロットルをコントロールしてあげれば、スムーズにシフトアップさせることも可能です。

アバルト 695 トリブート フェラーリ '10

アバルト 695 トリブート フェラーリ ’10

エンジンのマップも2種類から選ぶことができSPORTモードに切り替えると、エンジンレスポンスが鋭さを増し、少ないスロットル開度で走らせることができます。ターボのブースト圧もノーマルに比べて高く設定されているのでその変化をすぐに感じることができます。

コントロール性の良さ

外観から感じられる元気な印象がドライビングする楽しさにも生きているトリブート・フェラーリ。シフトアップの度にパンパンとミスファイアさせる音がレーシングカーのようです。ブレンボの4ポッドブレーキは制動のキャパシティが充分以上で、驚くのはコントロールの良さです。

アバルト 695 トリブート フェラーリ '10

アバルト 695 トリブート フェラーリ ’10

大きくなったペダル類の操作性は抜群で、フィーリングをしっかりと感じてコントロールできます。制動時の安定性も良く、フルブレーキングでもピッチングが少なく、前のめりになることはありません。姿勢が良いのでリアブレーキも使えているのか、ブレーキバランスも優秀です。

車の買い替え前には、必ず一括査定で査定額を把握!

車の買い替えに焦りは禁物です。愛車の査定相場を把握せずに商談に入ると、安く提示された下取り額に対し判断が出来ず大きな損をする事に…。

まずはかんたん査定ガイドなど、ネットの一括査定サービスを利用しましょう。査定額の差は【65万円】となる事もあります。→そんなに違うの?買取り額の【差額事例集】

kantan_kuruma_kekka3

かんたん査定ガイドなら数項目の入力が完了すると、上の画像のようにすぐに相場がわかります。→愛車の買取り相場をすぐに見る 下取り査定を受ける前に、まずは愛車の買い取り相場を調べておきましょう。

btn_8190_600x100

新車ではなく未使用車という選択も

新車だと「予算が厳しい…」「納期が間に合わない」。そんな方には未使用車や低走行車もおススメ。ディーラーが営業ノルマの為に登録した未使用車や低走行の試乗車など、新車同様の車両が毎月たくさん出回ります。

なびくる+(プラス)は、お買い得な車両をネット申込みだけで探してくれるサービスです。「安く買いたいけど探す時間が…」という方におすすめです。

btn_8190_600x100

SPONSORED LINK

シェアする

いいね・フォローで最新記事が届きます

SPONSORED LINK