ロールス・ロイス シルヴァースパーⅢ (1993-1995):エンジンや内外装を改良するとともに高性能版を追加

シェアする

1980年に「シルヴァーレイスⅡ」の後を継ぐ高級乗用車としてリリースされた「シルヴァースパー」は、1993年に4年ぶり2度目のマイナーチェンジを受け、第三世代の「シルヴァースパーⅢ」に移行しました。それまでからエンジンに手が加えられたほか、内外装の一部が変更されました。しかし、最大のトピックは追って高性能版が追加されたことでした。

リムジンが独立しセダンのみ

ボディタイプは、ホイールベースと全長をストレッチした4ドアリムジンが「ツーリングリムジン」の車名で独立したため、標準ボディ仕様4ドアセダンのみのラインナップとなりました。エクステリア・デザイン面では、直線基調のシャープなフォルムや角型ヘッドランプが踏襲されるなど、従来のシルヴァースパーⅡから大きな変更はありませんでした。

ボディ・ディメンションは全長5,380mm×全幅1,887mm×全高1,485mm、ホイールベース3,162mmで、実質的にシルヴァースパーⅡ標準ボディと同一でした。一方で、車両重量は40kg増加し2,470kgとなっていました。駆動方式はコンベンショナルなFRを踏襲し、エンジンも6,750ccV型8気筒OHV NAがキャリオーバーされました。

しかしながら、シリンダーヘッドやエアインテーク・マニホールドの設計が変更されるとともに、ボッシュ製の燃料噴射システムがそれまでのLモトロニックから最新のM3.3モトロニックに変更されていました。また、圧縮比も従来の8:1から8.7:1まで高められたものの、最高出力の数値は引き続き同社の方針により公表されませんでした。

このエンジンに組み合わせられるトランスミッションは、従来同様の4速ATでした。サスペンションは、電子制御ダンピングコントロールシステム「オートライドコントロール」採用のフロント:ダブルウィッシュボーン/コイル式・リア:セミトレーリングアーム/コイル式4輪独立懸架が踏襲されました。また、ブレーキも従来同様フロントがベンチレーテッド型の4輪ディスク式が装備されました。

ターボエンジン搭載モデルを追加

インテリア面では、インパネやステアリングホイール、シートなどの意匠が変更されました。また、安全装備として引き続きSRSデュアルエアバッグシステムやABSが、快適装備として前後席パワーシートなどが標準装備されました。その後1994年に、6,750ccV8OHVターボチャージャー付きエンジンを搭載する「フライングスパー」が追加されました。

4速ATとの組み合わせによるパフォーマンスは、最高速度225km/h・0-60mph加速7.9sを誇りました。そして1995年にマイナーチェンジが実施され、エクステリアにさまざまなリファインが施された「シルヴァースパーⅣ」に移行しました。

車の買い替え前には、必ず一括査定で査定額を把握!

車の買い替えに焦りは禁物です。愛車の査定相場を把握せずに商談に入ると、安く提示された下取り額に対し判断が出来ず大きな損をする事に…。

まずはかんたん査定ガイドなど、ネットの一括査定サービスを利用しましょう。査定額の差は【65万円】となる事もあります。→そんなに違うの?買取り額の【差額事例集】

kantan_kuruma_kekka3

かんたん査定ガイドなら数項目の入力が完了すると、上の画像のようにすぐに相場がわかります。→愛車の買取り相場をすぐに見る 下取り査定を受ける前に、まずは愛車の買い取り相場を調べておきましょう。

btn_8190_600x100

新車ではなく未使用車という選択も

新車だと「予算が厳しい…」「納期が間に合わない」。そんな方には未使用車や低走行車もおススメ。ディーラーが営業ノルマの為に登録した未使用車や低走行の試乗車など、新車同様の車両が毎月たくさん出回ります。

なびくる+(プラス)は、お買い得な車両をネット申込みだけで探してくれるサービスです。「安く買いたいけど探す時間が…」という方におすすめです。

btn_8190_600x100

SPONSORED LINK

シェアする

いいね・フォローで最新記事が届きます

SPONSORED LINK