スズキ ハスラー特別仕様車「タフワイルド」発売 大胆な2トーンカラーを採用

シェアする

スズキ ハスラー 特別仕様車「タフワイルド」オフブルーメタリック ブラック2トーン

スズキは、軽乗用車「ハスラー」に特徴的なブラック2トーンの車体色を採用した特別仕様車「タフワイルド」を設定し、7月17日より発売する。

リヤクォーターパネルまでブラック塗装

スズキ ハスラー 特別仕様車「タフワイルド」オフブルーメタリック ブラック2トーン

特別仕様車「タフワイルド」は、Aピラーからルーフ、リヤクォーターパネルをブラック塗装し、逞しさを表現した。ボディー色との塗り分けをより鮮明にした2トーンカラーを採用し、これまでのハスラーにはない新鮮な印象となっている。

車体色は全車ブラック2トーン仕様でオフブルーメタリックをはじめ全5色を設定。使い込むほど愛着の湧くインテリアをテーマにした内装は、専用色オフブルーのインパネやレザー調とファブリック表皮を組み合わせた専用シートを採用。

スズキ ハスラー 特別仕様車「タフワイルド」

スズキの予防安全技術「スズキ セーフティ サポート」を採用し、デュアルカメラブレーキサポート、誤発進抑制機能、車線逸脱警報機能、ふらつき警報機能、先行車発進お知らせ機能を標準装備するとともに、全方位モニター用カメラパッケージをメーカーオプション設定。

また、ディスチャージヘッドランプやLEDフロントフォグランプを搭載したほか、LEDサイドターンランプ付ドアミラーや「ナノイー」搭載フルオートエアコンを採用するなど、装備も充実している。

ハスラー特別仕様車「タフワイルド」の価格

駆動 変速機 税込価格
2WD CVT 1,487,160円
4WD 1,613,520円

ハスラー特別仕様車「タフワイルド」の主な特長

ベース車:Gグレード

エクステリア

  • ブラック2トーン(Aピラー、ルーフ、リヤクォーターパネル)[ブラック塗装]
  • 専用フロントバンパーガーニッシュ[車体色と同色]
  • 専用リヤバンパーガーニッシュ[車体色と同色]
  • HUSTLERアルファベットエンブレム[ホワイト](フロントグリル)
  • タフワイルドエンブレム(バックドア)
  • カラードドアハンドル[ブラック]
  • LEDサイドターンランプ付ドアミラー
  • 専用色15インチスチールホイール[ブラックメタリック]

インテリア

スズキ ハスラー 特別仕様車「タフワイルド」

  • 専用色インパネカラーパネル[オフブルー]
  • 専用色エアコンガーニッシュ[ガンメタリック]
  • 専用色エアコンルーバーリング[ガンメタリック]
  • 専用レザー調&ファブリックシート表皮[ネイビー&ブラウン]
  • 専用色スピーカーリング[ガンメタリック]
  • 専用色ドアトリムカラーパネル[オフブルー]
  • メッキインサイドドアハンドル
  • 専用色ステアリングガーニッシュ[ガンメタリック]
  • ステアリングオーディオスイッチ

機能&装備

  • ディスチャージヘッドランプ[ハイ/ロービーム、オートレベリング機構付]
  • LEDフロントフォグランプ
  • オートライトシステム
  • プレミアムUV&IRカットガラス(フロントドア)
  • 「ナノイー」搭載フルオートエアコン[カテキン・エアフィルター付]
  • フロント2スピーカー、フロント2ツイーター、リヤ2スピーカー
  • 電動格納式リモコンドアミラー[リモート格納]

安全装備

  • デュアルカメラブレーキサポート
  • 誤発進抑制機能
  • 車線逸脱警報機能
  • ふらつき警報機能
  • 先行車発進お知らせ機能

特別仕様車「タフワイルド」のボディカラー(全5色)

オフブルーメタリック

スズキ ハスラー 特別仕様車「タフワイルド」オフブルーメタリック ブラック2トーン

ブリスクブルーメタリック

スズキ ハスラー 特別仕様車「タフワイルド」ブリスクブルーメタリック ブラック2トーン

フェニックスレッドパール

スズキ ハスラー 特別仕様車「タフワイルド」フェニックスレッドパール ブラック2トーン

アクティブイエロー

スズキ ハスラー 特別仕様車「タフワイルド」アクティブイエロー ブラック2トーン

スチールシルバーメタリック

スズキ ハスラー 特別仕様車「タフワイルド」スチールシルバーメタリック ブラック2トーン

スズキ ハスラーの購入を検討中なら、こちらもチェック!

車の買い替え前には、必ず一括査定で査定額を把握!

車の買い替えに焦りは禁物です。愛車の査定相場を把握せずに商談に入ると、安く提示された下取り額に対し判断が出来ず大きな損をする事に…。

まずはかんたん査定ガイドなど、ネットの一括査定サービスを利用しましょう。査定額の差は【65万円】となる事もあります。→そんなに違うの?買取り額の【差額事例集】

kantan_kuruma_kekka3

かんたん査定ガイドなら数項目の入力が完了すると、上の画像のようにすぐに相場がわかります。→愛車の買取り相場をすぐに見る 下取り査定を受ける前に、まずは愛車の買い取り相場を調べておきましょう。

btn_8190_600x100

新車ではなく未使用車という選択も

新車だと「予算が厳しい…」「納期が間に合わない」。そんな方には未使用車や低走行車もおススメ。ディーラーが営業ノルマの為に登録した未使用車や低走行の試乗車など、新車同様の車両が毎月たくさん出回ります。

なびくる+(プラス)は、お買い得な車両をネット申込みだけで探してくれるサービスです。「安く買いたいけど探す時間が…」という方におすすめです。

btn_8190_600x100

SPONSORED LINK

シェアする

いいね・フォローで最新記事が届きます

SPONSORED LINK