アストンマーティン ラピード (2010-):高性能とユーティリティを両立させた高級5ドアセダン

シェアする

イギリスの高級スポーツカーメーカーであるアストンマーティンは、2009年9月のフランクフルト・ショーにおいて5ドアハッチバックボディを持つ高級スポーツセダン「ラピード」を発表、翌2010年にデリバリーを開始しました。2ドア・スポーツクーペの「DB9」をベースに開発され、高性能とユーティリティの高さを両立したモデルに仕上げられました。

トランスアクスル・レイアウトを採用

DB9譲りのファストバックの流麗なフォルムと、同社製モデルならではの斜め上方に開く「スワンウイングドア」が備わるボディは、ボンネットフードとフロントドアを除きDB9から全面的な新設計が行われていました。ボディサイズは全長5,019mm×全幅1,929mm×全高1,360mmで、DB9との比較ではそれぞれ309mm×54mm×90mm拡大されていました。

また、ホイールベースも244mm長い2,989mmに設定されたほか、車両重量が190kgほど増加し1,950kgとなっていました。乗車定員は4名で、リアシートは大人二人のための十分なスペースを持つほか、シートバックを倒すことにより886Lの容量を持つラゲッジスペースが出現するなど、実用性も十分確保されていました。

駆動方式はDB9同様のFRを踏襲するとともに、トランスアクスルレイアウトを採用、前後重量配分は49:51を実現しました。エンジンは、DB9と共通の5.9L V12DOHC(最高出力477ps/6,000rpm・最大トルク61.2gm/5,000rpm)で、トランスミッションはZF製の6速トルコン式ATが組み合わせられました。

最新の電子デバイスを採用

パフォーマンスは最高速度303km/h・0-100km/h加速5.3sで、DB9との比較ではそれぞれ3km/h・0.5s劣るものの、サルーンとしては第一級のものでした。サスペンション形式はDB9と同様の4輪ダブルウィッシュボーン式で、減衰力を自動調整する「アダプティブダンピングシステム」が採用されました。

そのほか、電子デバイスとして車両安定化制御システムの「ダイナミックスタビリティコントロール」も装備されました。ブレーキは、フロントに390mm、リアに360mmのローターが備わる4輪ベンチレーテッド・ディスク式が採用されました。タイヤサイズはフロントが245/40R20、リアが295/35R20で、銘柄は専用に開発されたブリジストン製「ポテンザS001」が採用されました。

その後2013年にビッグマイナーチェンジが実施され、さらなる高性能化を図った「ラピードS」に移行しました。内外装デザインの変更やシャシーの改良などが図られたほか、5.9L V12エンジンにも改良が加えられ、アウトプットが最高出力558ps/6,750rpm・最大トルク63.2gm/5,500rpmに向上しました。それにともない最高速度が306km/hにアップし、0-100km/h加速タイムは4.9sに短縮されました。

車の買い替え前には、必ず一括査定で査定額を把握!

車の買い替えに焦りは禁物です。愛車の査定相場を把握せずに商談に入ると、安く提示された下取り額に対し判断が出来ず大きな損をする事に…。

まずはかんたん査定ガイドなど、ネットの一括査定サービスを利用しましょう。査定額の差は【65万円】となる事もあります。→そんなに違うの?買取り額の【差額事例集】

kantan_kuruma_kekka3

かんたん査定ガイドなら数項目の入力が完了すると、上の画像のようにすぐに相場がわかります。→愛車の買取り相場をすぐに見る 下取り査定を受ける前に、まずは愛車の買い取り相場を調べておきましょう。

btn_8190_600x100

新車ではなく未使用車という選択も

新車だと「予算が厳しい…」「納期が間に合わない」。そんな方には未使用車や低走行車もおススメ。ディーラーが営業ノルマの為に登録した未使用車や低走行の試乗車など、新車同様の車両が毎月たくさん出回ります。

なびくる+(プラス)は、お買い得な車両をネット申込みだけで探してくれるサービスです。「安く買いたいけど探す時間が…」という方におすすめです。

btn_8190_600x100

SPONSORED LINK

シェアする

いいね・フォローで最新記事が届きます

SPONSORED LINK