スズキ SX-4 S-CROSS (YA22S/YB22S 2015-):SX4からボディが拡大され、多くの点で進化

シェアする

スズキ SX4 S-CROSS ZUM 2015 (出典:suzuki.co.jp)

スズキ SX4 S-CROSS ZUM 2015 (出典:suzuki.co.jp)

スズキのクロスオーバーSUV「SX4 S-CROSS」は、「SX4」の後継モデルとしてまず2013年に欧州諸国で発売され、2年近く経過した2015年2月から日本でも販売が開始されました。SX4からボディが拡大されCセグメントサイズとなった他、プラットフォームやパワートレインの刷新により走行性能や燃費、居住性といった多くの点で進化を果たすなど、より現代的なモデルに変貌しました。

ハッチバックに一本化されると共に軽量化

ボディはSX4に設定のあった4ドアセダンが廃止され、5ドアハッチバックに一本化されました。ボディサイズは全長4,300mm×全幅1,765mm×全高1,575mmで、SX4(ハッチバック)よりも長く広く低いディメンションへと変化した他、ホイールベースが100mm長い2,600mmとなりました。このディメンション変更の効果もあってスタイリングはイメージを一新し、ダイナミックで伸びやかなプロポーションに変貌しました。

スズキ SX4 S-CROSS ZUS 2015 (出典:suzuki.co.jp)

スズキ SX4 S-CROSS ZUS 2015 (出典:suzuki.co.jp)

車両重量は1,140kg~1,210kgで、ボディ拡大にも関わらずSX4から40~50kg軽量化されました。サスペンション形式は、SX4同様の前:ストラット式/後:トーションビーム式が踏襲、駆動方式はFFと4WDが設定される点は同様であるものの、4WDの方式がパートタイム式から新開発された電子制御フルタイム4WD「ALLGRIP」に変更されました。この方式は、4つの走行モード切替機能と車両制御協調システムが備わる点が特徴となっています。

パワートレインを一新

エンジンは、SX4の1.5L直4のM15A型から「スイフトスポーツ」に搭載される1.6L直4のM16A型に置換されました。スペックは最高出力117ps/6,000rpm、最大トルク15.4kgm/4,400rpmで、スイフトスポーツよりもデチューンされているものの、M15A型からは向上を果たしています。トランスミッションは、SX4の4速トルコン式ATから7速マニュアルモードが備わる副変速機付CVTに変更されました。

スズキ SX4 S-CROSS 2015 (出典:suzuki.co.jp)

スズキ SX4 S-CROSS 2015 (出典:suzuki.co.jp)

こうしたパワートレインの変更とボディ軽量化の相乗効果により、JC08モード燃費はSX4を大幅に凌ぐ17.2km/L~18.2km/Lに改善されました。インテリア面では、パッケージングの改善により室内空間やラゲッジスペースが拡大された他、ダイナミックなデザインを持つインパネが採用されました。装備面では、マルチインフォメーションディスプレイやクルーズコントロール、運転席・助手席シートヒーター(4WD車のみ)などが備わります。

スズキ SX4 S-CROSS 2015 (出典:suzuki.co.jp)

スズキ SX4 S-CROSS 2015 (出典:suzuki.co.jp)

SX4 S-CROSSは、コンパクトトールワゴン「スプラッシュ」などと同様、欧州におけるスズキ最大の拠点であるハンガリーの工場で生産され、日本仕様もこの工場から輸出されています。しかし、SUV市場が縮小している日本国内での販売は振るわず、同社のコンパクトハッチバック「スイフト」やコンパクトトールワゴン「ソリオ」に人気の面で大きく水を開けられています。

車の買い替え前には、必ず一括査定で査定額を把握!

車の買い替えに焦りは禁物です。愛車の査定相場を把握せずに商談に入ると、安く提示された下取り額に対し判断が出来ず大きな損をする事に…。

まずはかんたん査定ガイドなど、ネットの一括査定サービスを利用しましょう。査定額の差は【65万円】となる事もあります。→そんなに違うの?買取り額の【差額事例集】

kantan_kuruma_kekka3

かんたん査定ガイドなら数項目の入力が完了すると、上の画像のようにすぐに相場がわかります。→愛車の買取り相場をすぐに見る 下取り査定を受ける前に、まずは愛車の買い取り相場を調べておきましょう。

btn_8190_600x100

新車ではなく未使用車という選択も

新車だと「予算が厳しい…」「納期が間に合わない」。そんな方には未使用車や低走行車もおススメ。ディーラーが営業ノルマの為に登録した未使用車や低走行の試乗車など、新車同様の車両が毎月たくさん出回ります。

なびくる+(プラス)は、お買い得な車両をネット申込みだけで探してくれるサービスです。「安く買いたいけど探す時間が…」という方におすすめです。

btn_8190_600x100

SPONSORED LINK

シェアする

いいね・フォローで最新記事が届きます