セダン

カローラ

トヨタ カローラ (4代目 1979-1987):先代からリアサスペンションやブレーキをアップグレード [E7♯]

1966年に初代モデルが発売されたトヨタの大衆車「カローラ」は、1979年3月に5年ぶり3度目のフルモデルチェン...
カローラ

トヨタ カローラ (5代目 1983-1987):セダン系がFF方式に変更されると共に4輪独立懸架を採用 [E8♯]

1966年に初代モデルが発売されたトヨタの大衆車「カローラ」は、1983年5月に4年ぶり4度目のフルモデルチェン...
カローラ

トヨタ カローラ (6代目 1987-1991):ハイメカツインカム車やフルタイム4WD車を設定 [E9♯]

1966年に初代モデルが発売されたトヨタの大衆車「カローラ」は、1987年5月に4年ぶり5度目のフルモデルチェン...
カローラ

トヨタ カローラ (7代目 1991-2002):全車4輪独立懸架となり、安全性能も向上 [E10♯]

1966年に初代モデルが発売されたトヨタの大衆車「カローラ」は、1991年6月に4年ぶり6度目のフルモデルチェン...
日産その他

日産 バイオレット (2代目 1977-1981):スタイリングを一新すると共に姉妹車種を設定 [A10]

1973年に日産店から510型「ブルーバード」の後継車種としてデビューした小型車「バイオレット」は、1977年5...
日産その他

日産 バイオレットリベルタ (1981-1982):FF方式の採用により居住性を改善するも短命に [T11]

1973年に日産店から510型「ブルーバード」の後継車種としてデビューした小型車「バイオレット」は、1981年6...
MBその他

メルセデス・ベンツ タイプ300 (1951-1960):同社の戦後モデルとして初めて新設計のボディを採用 [W186/188/189]

ダイムラー・ベンツは1951年4月のフランクフルト・ショーにおいて、戦後初の多気筒(6気筒)エンジン搭載車して、...
MBその他

メルセデス・ベンツ W110 (1961-1968):兄貴分のW111型からテールフィンを継承

ダイムラー・ベンツは1961年4月、1956年にリリースしたW120/121型「180/190」シリーズの後を継...
Eクラス

メルセデス・ベンツ W114/115 (1968-1976):リアサスペンションを一新しバリエーションを拡充

ダイムラー・ベンツは1968年1月、それまでのW100型に代わる新たなミディアムモデルW114/115型(通称コ...
MBその他

メルセデス・ベンツ600 (W100 1963-1981):巨大なボディと先進装備を持つショーファードリブン

ダイムラー・ベンツは1963年のフランクフルト・ショーにおいて、同社のラインナップの頂点に位置し、戦前ごく少数が...
スポンサーリンク