トヨタ C-HR (2016-):個性的なスタイリングが特徴のクロスオーバーSUV [NGX50/ZYX10]

シェアする

toyota_ch-r_2016_06

トヨタ自動車は2016年12月14日、新型コンパクト・クロスオーバーSUV「C-HR」を発売しました。「プリウス」に次いで同社の構造改革「TNGA」が採用され、ラフスケッチをほぼそのまま具現化した個性的なスタイリングが最大の特徴となる他、走行性能や燃費性能も追及されたモデルとなっています。

アグレッシブなデザイン

ボディタイプは5ドアながら、後席用ドアノブの意匠の工夫により一見3ドア風に見えるデザイン処理が施されています。スタイリングは、近年のトヨタ車に共通するフロントマスク「キーンルック」の採用をはじめ、ダイヤモンドをモチーフとしたボディラインや大きく張り出した前後のホイールフレアなど、他のどの車種にも似ていない独創的なものとなっています。

toyota_ch-r_2016_02

また、機構面では、レクサスやアウディの一部高級モデルに採用例のあるシーケンシャル式ウィンカーランプの採用(メーカーオプション)が特徴となっています。ボディ・ディメンションは全長4,360mm×全幅1,795mm×全高1,550~1,565mm、ホイールベース2,640mmで、ライバルと想定される本田技研工業の「ヴェゼル」と比較すると、全長と全幅が若干大きく、全高は低いディメンションとなっています。

パワートレインはガソリンとハイブリッドを用意

ドライブトレインは、1.2L直4直噴ガソリンターボ・ミラーサイクルエンジン(最高出力116ps/最大トルク18.9kgm)+7速マニュアルモード付CVT搭載のFF仕様と、1.8L直4ガソリンNAエンジン(最高出力98ps/最大トルク14.5kgm)+電気モーター(最高出力72ps/最大トルク16.6kgm)+電子式無段変速機から構成されるハイブリッドシステム搭載のフルタイム4WD仕様の2種類が設定されます。

toyota_ch-r_2016_04

JC08モード燃費は前者が15.4km/L、後者が30.2km/Lとなっています。サスペンションは新開発されたもので、形式はフロントがマクファーソンストラット式、リアがダブルウィッシュボーン式となっています。また、ブレーキは全車にフロントがベンチレーテッド型の4輪ディスク式が装備されます。

toyota_ch-r_2016_09

衝突回避支援システムを全車に標準装備

toyota_ch-r_2016_10

一方室内は、ドライバーズシートを囲むようにデザインされたインパネが備わる他、視界やスイッチ類の操作性にも配慮されたものとなっています。機能面では、電動パーキングブレーキやブレーキホールドが採用された他、安全装備として衝突回避支援パッケージ「Toyota Safety Sense P」が全車に標準装備されました。

toyota_ch-r_2016_11

グレード体系は、下からガソリンエンジン搭載の「S-T」「G-T」とハイブリッドシステム搭載の「S」「G」の4タイプのラインナップで、上級グレードのG-T/Gには車線変更をアシストする「ブラインドスポットモニター」や、駐車時の接触や衝突回避に貢献する「クリアランスソナー&バックソナー」が備わります。

CH-Rの購入を検討中なら、こちらもチェック!

車の買い替え前には、必ず一括査定で査定額を把握!

車の買い替えに焦りは禁物です。愛車の査定相場を把握せずに商談に入ると、安く提示された下取り額に対し判断が出来ず大きな損をする事に…。

まずはかんたん査定ガイドなど、ネットの一括査定サービスを利用しましょう。査定額の差は【65万円】となる事もあります。→そんなに違うの?買取り額の【差額事例集】

kantan_kuruma_kekka3

かんたん査定ガイドなら数項目の入力が完了すると、上の画像のようにすぐに相場がわかります。→愛車の買取り相場をすぐに見る 下取り査定を受ける前に、まずは愛車の買い取り相場を調べておきましょう。

btn_8190_600x100

新車ではなく未使用車という選択も

新車だと「予算が厳しい…」「納期が間に合わない」。そんな方には未使用車や低走行車もおススメ。ディーラーが営業ノルマの為に登録した未使用車や低走行の試乗車など、新車同様の車両が毎月たくさん出回ります。

なびくる+(プラス)は、お買い得な車両をネット申込みだけで探してくれるサービスです。「安く買いたいけど探す時間が…」という方におすすめです。

btn_8190_600x100

SPONSORED LINK

シェアする

いいね・フォローで最新記事が届きます