フォルクスワーゲン ザ・ビートル (CBZ 2011-):愛らしいフォルムを継承しつつクオリティをアップ

シェアする

フォルクスワーゲン ザ・ビートル 2015 (出典:volkswagen.co.jp)

フォルクスワーゲン ザ・ビートル 2015 (出典:volkswagen.co.jp)

フォルクスワーゲンのコンパクトカー「ザ・ビートル」は、1998年から2010年に掛けて生産された「ニュービートル」同様、初代「ビートル(タイプⅠ)」のスタイリングをモチーフとするパイクカーとして2011年に欧州でデビューし、日本においては2012年4月から販売が開始されました。ニュービートルよりも乗用車としての様々な基本性能がアップし、パイクカーながら完成度の高いモデルとなっています。

フォルクスワーゲン ザ・ビートル 2015 (出典:volkswagen.co.jp)

フォルクスワーゲン ザ・ビートル 2015 (出典:volkswagen.co.jp)

ボディは初代ビートルやニュービートル同様3ドアのみの設定で、まずクーペが発売されました。全体的なプロポーションはニュービートルに類似した雰囲気を踏襲しながらも、より伸びやかでスタイリッシュに変貌しています。ボディサイズは全長4,270mm×全幅1,815mm×全高1,495mmで、ニュービートルよりも全長が140mm、全幅が80mm拡大され、全高は5mm低いディメンションになりました。

日本仕様は最小排気量エンジンから導入

ホイールベースは20mm長い2,435mmで、車両重量はニュービートルの2L車と同一の1,280kgになっています。駆動方式はニュービートル同様FFで、欧州仕様のエンジンは2L/1.6L/1.4L/1.2Lのガソリンターボと2L/1.6Lのディーゼルターボの計6種類がラインナップされます。日本仕様はその内一番排気量の小さい1.2L直4ガソリンターボ(最高出力105ps/5,000rpm・最大トルク17.8kgm/1,500~4,100rpm)が導入されました。

フォルクスワーゲン ザ・ビートル 2015 (出典:volkswagen.co.jp)

フォルクスワーゲン ザ・ビートル 2015 (出典:volkswagen.co.jp)

トランスミッションは欧州向けには6速MTの設定もあるものの、日本仕様は7速DSG(DCT)が組み合わせられます。エンジンのスペックはニュービートル1.6L車を3ps/2.7kgm上回り、燃費は約5割改善されました。サスペンション形式は、プラットフォームを共有する「ジェッタ」と同様の前:マクファーソンストラット式/後:トレーリングアーム式となります。

カブリオレとターボを追加

フォルクスワーゲン ザ・ビートル カブリオレ 2015 (出典:volkswagen.co.jp)

フォルクスワーゲン ザ・ビートル カブリオレ 2015 (出典:volkswagen.co.jp)

インテリアは、曲線的デザインのインパネを採用したニュービートルに対し、水平基調のスッキリしたデザインに一新された他、インパネ上部の奥行が大幅に短くなり視界が改善されました。グレード体系は、「デザイン」と「デザインレザーパッケージ」の2種類でスタートしました。そして翌6月に、欧州で既に販売されていた電動ソフトトップ仕様の「カブリオレ」が日本でも発売になりました。

フォルクスワーゲン ザ・ビートル カブリオレ 2015 (出典:volkswagen.co.jp)

フォルクスワーゲン ザ・ビートル カブリオレ 2015 (出典:volkswagen.co.jp)

搭載されるエンジンはクーペと同様で、車両重量は100kg増加したものの燃費はクーペと同一の数値でした。次いで同年10月に、6代目「ゴルフGTI」譲りの2L直4TSIターボエンジン(最高出力211ps/5,300~6,200rpm・最大トルク28.6kgm/1,700~5,200rpm)と6速DSGを搭載し、専用の内外装を備えるスポーティなクーペモデル「ターボ」が追加されました。そして2015年7月、クーペに廉価グレード「ベース」が追加設定されました。

車の買い替え前には、必ず一括査定で査定額を把握!

車の買い替えに焦りは禁物です。愛車の査定相場を把握せずに商談に入ると、安く提示された下取り額に対し判断が出来ず大きな損をする事に…。

まずはかんたん査定ガイドなど、ネットの一括査定サービスを利用しましょう。査定額の差は【65万円】となる事もあります。→そんなに違うの?買取り額の【差額事例集】

kantan_kuruma_kekka3

かんたん査定ガイドなら数項目の入力が完了すると、上の画像のようにすぐに相場がわかります。→愛車の買取り相場をすぐに見る 下取り査定を受ける前に、まずは愛車の買い取り相場を調べておきましょう。

btn_8190_600x100

新車ではなく未使用車という選択も

新車だと「予算が厳しい…」「納期が間に合わない」。そんな方には未使用車や低走行車もおススメ。ディーラーが営業ノルマの為に登録した未使用車や低走行の試乗車など、新車同様の車両が毎月たくさん出回ります。

なびくる+(プラス)は、お買い得な車両をネット申込みだけで探してくれるサービスです。「安く買いたいけど探す時間が…」という方におすすめです。

btn_8190_600x100

SPONSORED LINK

シェアする

いいね・フォローで最新記事が届きます