カワサキ・エリミネーター250で軽井沢にツーリング。同型バイクの男性とちょっとした出会いも

シェアする

社会人になってお金が自由に使えることもあり、会社の仲間がかっこいいバイクに乗っていることもあり、昔からバイクに乗りたいという思いが再燃し、仕事をしながら二輪の教習所に通いました。多少会社でも融通をきかせてもらい、遅刻したり早退したりで通いました。

我が家では二輪禁止令が出ていました。というのも危ないから、そして父の兄がバイク事故で亡くなっているからということでしたが、私が教習所に通い免許を取得し、何も相談せずにバイクを購入し、バイクが届いた時は父は喜んで私のバイクに乗っていました。

そして私が二輪免許を取ったのをきっかけに我が会社では女子の二輪ブームが到来しました。私を含めて女子六人が二輪免許を取得しました。その後会社の同僚とツーリングへ行ったり、会社の取引先の人達とツーリングへ行ったり、友人とツーリングへ行ったり、とても楽しく独身生活を謳歌しました。

どうしてもエリミネーターに乗りたい

私はカワサキのエリミネーター250に乗っていました。いくらで購入したか忘れましたが、30万円くらいだったと思います。どうしてもエリミネーターに乗りたいと思い購入を決めました。その当時カワサキのショップへ行って大型免許を取得するようショップの店主から勧められたのを覚えています。というのも私は高身長なので大きいバイクへ乗るよう勧められましたが、私てきには扱いやすい小さめなバイクが安心でした。そんなことで250ccを購入しました。

迫力たっぷり!エリミネーター250

そのバイクに乗って今でも印象的なのは一人旅でした。山梨から東北方面へ行きたかったのですが、結局茨城県で一泊し群馬を抜けて軽井沢を通り山梨へ買えるというルートで出掛けました。初めての高速道路でしたが、横風に吹かれ車体が横に押されているのには驚きました。バイクってこんなこともあるんだと少々弱気になり結局ある程度のところで高速を降りて、一般道を走ることにしました。

同じバイクに乗っているのが珍しかったから

一泊した後に群馬から軽井沢に向かう途中何やら同じバイクに乗っている人を発見しました。相手もツーリング中だったようで、信号で止まると話かけてきました。そしてお茶でもしましょうとコンビニで休憩。そこで相手は私が女性だということに気がついたようです。同じバイクに乗っているのが珍しかったから声をかけたそうです。

私も同じバイクに乗っている人に会ったのは初めて。しかもその男性は高身長で、高身長の私とは運命の出会いかもなんて思いましたが、結局そのコンビニでお茶と休憩しただけで終わりました。その後軽井沢まで一緒に走り、彼はUターンして帰って行きました。一人旅いろんな意味でドキドキした旅でした。

乗らなくなったバイクは、バイク王で無料出張買取

今乗っているバイク、置いておくだけではダメになってしまいます。乗らなくなったバイクは今すぐバイク王のかんたん3ステップ無料お試し査定。「バイク買取シェアNo.1」(楽天リサーチ調べ)のバイク王なら買取りだけでなく販売店も運営。高価買取が期待できます。

btn_8190_600x100

シェアする

いいね・フォローで最新記事が届きます