現存するこんな有名企業も、かつてはバイクメーカーだった

pl063

日本のバイクメーカーと言うと、ホンダ・カワサキ・ヤマハ・スズキの4大バイクメーカーで市場の殆どを占めています。ただ、日本にはかつて100以上のバイクメーカーがあったことは意外と知られていません。思わず「その企業、バイク作ってたの?」と言ってしまいそうな、別の事業をしながら今も存在する2つの企業を紹介します。

1.現在はプリンター・ミシンで有名なあの企業

 プリンターの会社と言うとキャノン、エプソン、ブラザー工業などを想像されるかと思います。今挙げた中に、かつてバイクを製造していた会社があるのです。なんと、歌舞伎の中村兄弟が今CMをしていることでお馴染みのブラザー工業なんです。精密加工技術を持っているブラザー工業は戦後にバイクを生産していたのです。その名も「ダーリン号」。時代を感じさせるネーミングですが、この「ダーリン号」、製造工場が伊勢湾台風で流されてしまい、それ以降オートバイ製造から撤退したそうです。

ブラザー精密工業のマイダーリンが発売(1956年)された。(中略)ミシンのブラザーがバイクに進出した第1号車である。ヨーロピアンデザインで登場したマイダーリング。エンジン2ストローク空冷単気筒 70cc内径44X行程44mm 最高出力2.7HP/4600rpm 最高速度60km/h 変速機2段グリップチエンジン(中略)後に125ccの試作車も手がけたが発表までには至らなかった。

モーターサイクルフォーラム中部より引用

2.トラクターやコンバインを製造しているあの企業

農業にはトラクターやコンバインが欠かせない存在となっています。その農業機械の製造技術を活かして、オートバイを製造していた企業があるのです。それは「ヰセキ」ブランドを展開している井関農機(株)です。あまり聞馴染みがないかもしれませんが、1961年に東証一部上場を果たしているような歴史ある大企業なんです。その上場を果たした1961年にオートバイ事業に参入するも、わずか3年で撤退してしまいました。バイクメーカーとしての生き残りは難しかったようです。

上記に挙げた二企業の他にも、ダイハツやスバルなどもかつてバイクメーカーとして事業を展開していました。どの事業でも言える事ですが、起業して長年事業を継続する事は簡単ではありません。かつては様々な企業がバイクに挑戦していたことも覚えておきたいものです。

乗らなくなったバイクは、バイク王で無料出張買取

今乗っているバイク、置いておくだけではダメになってしまいます。乗らなくなったバイクは今すぐバイク王のかんたん3ステップ無料お試し査定。「バイク買取シェアNo.1」(楽天リサーチ調べ)のバイク王なら買取りだけでなく販売店も運営。高価買取が期待できます。

btn_8190_600x100

バイクのコラム
スポンサーリンク
シェアする
びぃくるずをフォローする
びぃくるず-バイク