アウディ S1/S1スポーツバック (2014-):A1/A1スポーツバックのホットバージョンとして誕生

アウディAGは2014年、同社のエントリーモデルであるBセグメントコンパクトカー「A1/A1スポーツバック」をベースとしたホットバージョン「S1/S1スポーツバック」を発売しました。クラストップレベルのパフォーマンスを実現すると同時に、アイドリングストップ機構などの採用により燃費・環境性能を両立させたことが特徴でした。

最高速度250km/hの性能を実現

ボディタイプはS1が3ドアハッチバック、S1スポーツバックが5ドアハッチバックで、エクステリア面ではバンパーの意匠が変更された以外はこれ見よがしなモディファイは行われず、A1/A1スポーツバック譲りの上品なイメージが踏襲されました。また、空力特性の指標となるCd値は、両モデル共通で0.34となっています。

ボディサイズはS1が全長3,975mm×全幅1,740mm×全高1,417mm、S1スポーツバックが全長3,975mm×全幅1,746mm×全高1,423mmで、ホイールベースは共通の2,469mmとなっています。また、車両重量はS1が1,315kg、S1スポーツバックが1,340kgとなります。駆動方式は、同社得意のフルタイム4WDシステム「クワトロ」のみが設定されました。

搭載されるエンジンは2L直4ガソリンターボの「2.0TFSI」ユニットで、スペックは最高出力231ps/6,000rpm・最大トルク37.8kgm/1,600-3,000rpmとなっています。トランスミッション6速MTが組み合わせられ、そのパフォーマンスは最高速度250km/h・0-100km/h加速5.9sというBセグメント・ホットハッチとしてトップレベルの数値を誇ります。

専用サスペンションを採用

サスペンション形式は、フロントはA1/A1スポーツバックと共通のマクファーソンストラット式ながら、ピボットベアリングの位置が異なる専用品が採用されました。一方リアは、トーションビーム式に代わり4リンク式が採用されました。また、パワーステアリングに新設計の電動式が採用されたことも特徴となっています。

ブレーキはフロントが310mm径のベンチレーテッド・ディスク式、リアが272mm径のソリッド・ディスク式で、タイヤは前後とも225/35R18というワイドかつ扁平なものが装着されました。そのほか、走行性能に係る装備として、専用チューニングが施された車両安定化制御装置「ESC」や、エンジン・レスポンスやショックアブソーバーの特性などを変更できる「アウディドライブセレクト」が採用されました。

日本市場においては、2014年11月にS1/S1スポーツバックが同時に初上陸を果たしました。いずれもモノグレード設定で、右ハンドル仕様のみの設定でした。その後2016年9月に、S1/S1スポーツバック両モデルに専用の内外装や豪華装備を採用した特別仕様車「クワトロリミテッドエディション」が設定されました。

コンパクトカー購入検討中なら、こちらもチェック!

ヤリス値引き/納期/長所と欠点/リセールバリューを評価|新車購入ガイド
ヤリスの値引き情報や納期、見積もり例、競合車種、長所・欠点、実燃費、リセールバリューなどトヨタ ヤリスの新車購入...
フィット 値引き/納期/長所と欠点/リセールバリューを評価
フィットの値引き情報や納期、見積もり例、競合車種、長所・欠点、実燃費、リセールバリューなどホンダ 新型フィットの...
ノート/e-POWER 値引き/納期/長所と欠点/リセールバリューを総合評価
ノート/e-POWERの値引き情報や納期、見積もり例、競合車種、長所・欠点、実燃費、リセールバリューなど日産ノー...
シエンタ 値引き/納期/長所と欠点/リセールバリューを総合評価
シエンタの値引き情報や納期、見積もり例、競合車種、長所・欠点、実燃費、リセールバリューなどトヨタ シエンタの新車...
ライズ値引き/納期/長所と欠点/リセールバリューを評価
ライズの値引き情報や納期、見積もり例、競合車種、長所・欠点、実燃費、リセールバリューなどトヨタ 新型ライズの新車...

車の買い替え前には、必ず一括査定で査定額を把握!

車の買い替えに焦りは禁物です。愛車の査定相場を把握せずに商談に入ると、安く提示された下取り額に対し判断が出来ず大きな損をする事に…。

まずは「ナビクル」など、ネットの一括査定サービスを利用しましょう。査定額の差は【18万円】となる事もあります。→そんなに違うの?買取り額の【差額事例集】

ナビクル

「ナビクル」なら数項目の入力が完了すると、上の画像のようにすぐに相場がわかります。→愛車の買取り相場をすぐに見る 下取り査定を受ける前に、まずは愛車の買い取り相場を調べておきましょう。

btn_8190_600x100

新車ではなく未使用車という選択も

新車だと「予算が厳しい…」「納期が間に合わない」。そんな方には未使用車や低走行車もおススメ。ディーラーが営業ノルマの為に登録した未使用車や低走行の試乗車など、新車同様の車両が毎月たくさん出回ります。

ズバット車販売は、お買い得な車両をネット申込みだけで探してくれるサービスです。「安く買いたいけど探す時間が…」という方におすすめです。→公式サイトで詳しく

A1シリーズ
スポンサーリンク
シェアする
ビークルズをフォローする
ビークルズ