新型タント 全ボディーカラー写真を色番号付きで解説 [4代目 LA650S/660S]

2019年7月にフルモデルチェンジを実施し4代目となった新型タント/タントカスタム。広い室内と大きく開くミラクルオープンドアで人気モデルとなっています。

ここではそんな大人気モデルの新型タント/タントカスタムのボディカラーを色番号(カラーナンバー)付きで解説していきます。

スポンサーリンク
車の買い替えを考え始めたら、下取り査定を受ける前にクルマの値段を把握しましょう。「ナビクル」などのWEBサービスなら、スマホやPCから簡単な入力で手軽に査定額がわかります。

新型タントのボディカラーは全14色

新型タント(標準モデル)のボディカラーは全14色となっています。2019年7月の発売当時は9色でしたが、2020年12月の一部改良で2トーンカラーが4色追加、2021年9月の一部改良で1色追加となりました。なお、廃止となったボディカラーは今のところありません。

ホワイト<W09>×レーザーブルークリスタルシャイン<B82>

タント X (ホワイト<W09>×レーザーブルークリスタルシャイン<B82>)

2019年7月の一部改良で追加となった新色です。「ホワイト<W09>×レーザーブルークリスタルシャイン<B82>」は税込77,000円アップとなります。

色番号:ホワイト<W09>×レーザーブルークリスタルシャイン<B82>

ホワイト<W09>×ファイアークォーツレッドメタリック<R67>

タント X (ホワイト<W09>×ファイアークォーツレッドメタリック<R67>)

2019年7月の一部改良で追加となった新色です。「ホワイト<W09>×ファイアークォーツレッドメタリック<R67>」は税込66,000円アップとなります。

色番号:ホワイト<W09>×ファイアークォーツレッドメタリック<R67>

ホワイト<W09>×ブルーミングピンクメタリック<R74>

タント X (ホワイト<W09>×ブルーミングピンクメタリック<R74>)

2019年7月の一部改良で追加となった新色です。「ホワイト<W09>×ブルーミングピンクメタリック<R74>」は税込66,000円アップとなります。

色番号:ホワイト<W09>×ブルーミングピンクメタリック<R74>

アイスグリーン<G62>×シャイニングホワイトパール<W25>

タント X (アイスグリーン<G62>×シャイニングホワイトパール<W25>)

2019年7月の一部改良で追加となった新色です。「アイスグリーン<G62>×シャイニングホワイトパール<W25>」は税込77,000円アップとなります。

色番号:アイスグリーン<G62>×シャイニングホワイトパール<W25>

プラムブラウンクリスタルマイカ〈R59〉

タント X (プラムブラウンクリスタルマイカ〈R59〉)

2021年9月の一部改良で追加となった新色です。プラムブラウンクリスタルマイカは税込27,500円アップとなります。

色番号:プラムブラウンクリスタルマイカ〈R59〉

マスタードイエローマイカメタリック<Y15>

タント マスタードイエローマイカメタリック<Y15>

色番号:マスタードイエローマイカメタリック<Y15>

アイスグリーン<G62>

タント アイスグリーン<G62>

色番号:アイスグリーン<G62>

ブルーミングピンクメタリック<R74>

タント ブルーミングピンクメタリック<R74>

色番号:ブルーミングピンクメタリック<R74>

シャイニングホワイトパール<W25>

タント シャイニングホワイトパール<W25>

シャイニングホワイトパールは税込27,500円アップとなります。

色番号:シャイニングホワイトパール<W25>

ホワイト<W09>

タント ホワイト<W09>

色番号:ホワイト<W09>

ブラックマイカメタリック<X07>

タント ブラックマイカメタリック<X07>

色番号:ブラックマイカメタリック<X07>

ブライトシルバーメタリック<S28>

タント ブライトシルバーメタリック<S28>

色番号:ブライトシルバーメタリック<S28>

レーザーブルークリスタルシャイン<B82>

タント レーザーブルークリスタルシャイン<B82>

レーザーブルークリスタルシャインは税込27,500円アップとなります。

色番号:レーザーブルークリスタルシャイン<B82>

ファイアークォーツレッドメタリック

タント ファイアークォーツレッドメタリック<R67>

色番号:ファイアークォーツレッドメタリック<R67>

 

btn_8190_600x100

新型タントカスタムのボディカラーは全11色

 

新型タントカスタムのボディカラーは全11色で、ツートーンカラーが3色、モノトーンは8色となっています。モノトーンはタント標準モデルに設定されている「ホワイト」「アイスグリーン」「ブルーミングピンクメタリック」がなく、タントカスタム専用色として「プラムブラウンクリスタルマイカ」「パールブラック」が設定されています。

モノトーンの「レーザーブルークリスタルシャイン」「プラムブラウンクリスタルマイカ」「パールブラック」「シャイニングホワイトパール」は税込27,500円高となります。

ツートーンカラーは「ブラックマイカメタリック×シャイニングホワイトパール」と「ブラックマイカメタリック×レーザーブルークリスタルシャイン」が税込77,000円高、「ブラックマイカメタリック×ファイアークオーツレッドメタリック」が税込66,000円高となっています。

ただし、カスタムRS“スタイルセレクション”とカスタムX“スタイルセレクション”を選択すると、2トーンカラーの割り増し価格が1.1万円減額されます。

ブラックマイカメタリック×シャイニングホワイトパール

タント カスタム(ブラックマイカメタリック<X07>×シャイニングホワイトパール<W25>【XH3】)

「ブラックマイカメタリック×シャイニングホワイトパール」は税込77,000円高

色番号:ブラックマイカメタリック<X07>×シャイニングホワイトパール<W25>

ブラックマイカメタリック×レーザーブルークリスタルシャイン

タント カスタム(ブラックマイカメタリック<X07>×レーザーブルークリスタルシャイン<B82>)

「ブラックマイカメタリック×レーザーブルークリスタルシャイン」は税込77,000円高。

色番号:ブラックマイカメタリック<X07>×レーザーブルークリスタルシャイン<B82>

ブラックマイカメタリック×ファイアークオーツレッドメタリック

タント カスタム(ブラックマイカメタリック<X07>×ファイアークオーツレッドメタリック<R67>)

「ブラックマイカメタリック×ファイアークオーツレッドメタリック」は税込66,000円高。

色番号:ブラックマイカメタリック<X07>×ファイアークオーツレッドメタリック<R67>

ターコイズブルーマイカメタリック<B86>

タント カスタムRS“スタイルセレクション” (ターコイズブルーマイカメタリック<B86>)

「ターコイズブルーマイカメタリック<B86>」は、2021年9月の一部改良で追加となった新色です。

色番号:ターコイズブルーマイカメタリック<B86>

ファイアークォーツレッドメタリック

タント カスタム(ファイアークォーツレッドメタリック<R67>)

色番号:ファイアークォーツレッドメタリック<R67>

レーザーブルークリスタルシャイン

タント カスタム(レーザーブルークリスタルシャイン<B82>)

「レーザーブルークリスタルシャイン」は税込27,500円高となります。

色番号:レーザーブルークリスタルシャイン<B82>

プラムブラウンクリスタルマイカ

タント カスタム(プラムブラウンクリスタルマイカ<R59>)

「プラムブラウンクリスタルマイカ」は税込27,500円高となります。

色番号:プラムブラウンクリスタルマイカ<R59>

ブライトシルバーメタリック

タント カスタム(ブライトシルバーメタリック<S28>)

色番号:ブライトシルバーメタリック<S28>

ブラックマイカメタリック

タント カスタム(ブラックマイカメタリック<X07>)

色番号:ブラックマイカメタリック<X07>

パールブラック

タント カスタム(パールブラック<X15>)

「パールブラック」は税込27,500円高となります。

色番号:パールブラック<X15>

シャイニングホワイトパール

タント カスタム(シャイニングホワイトパール<W25>)

「シャイニングホワイトパール」は税込27,500円高となります。

色番号:シャイニングホワイトパール<W25>

廃止となったボディカラー

マスタードイエローマイカメタリック

タント カスタム(マスタードイエローマイカメタリック<Y15>)

色番号:マスタードイエローマイカメタリック<Y15>

 

btn_8190_600x100

ダイハツ タント/カスタムの購入を検討中なら、こちらもチェック!

車の買い替え前には、必ず一括査定で査定額を把握!

車の買い替えに焦りは禁物です。愛車の査定相場を把握せずに商談に入ると、安く提示された下取り額に対し判断が出来ず大きな損をする事に…。

まずは「ナビクル」など、ネットの一括査定サービスを利用しましょう。査定額の差は【18万円】となる事もあります。→そんなに違うの?買取り額の【差額事例集】

ナビクル

「ナビクル」なら数項目の入力が完了すると、上の画像のようにすぐに相場がわかります。→愛車の買取り相場をすぐに見る 下取り査定を受ける前に、まずは愛車の買い取り相場を調べておきましょう。

btn_8190_600x100

新車ではなく未使用車という選択も

新車だと「予算が厳しい…」「納期が間に合わない」。そんな方には未使用車や低走行車もおススメ。ディーラーが営業ノルマの為に登録した未使用車や低走行の試乗車など、新車同様の車両が毎月たくさん出回ります。

ズバット車販売は、お買い得な車両をネット申込みだけで探してくれるサービスです。「安く買いたいけど探す時間が…」という方におすすめです。→公式サイトで詳しく

タント
スポンサーリンク
シェアする
ビークルズをフォローする
ビークルズ