スバル レオーネ (2代目 1979-1984):スタイリングを一新するとともに装備を充実化 [AB2/4/AM2/AF5/AJ5]

スバル レオーネ 4ドアセダン 1.8GTS (2代目 1979)

1971年10月に「スバル ff-1 1100/1300G」の実質的な後継モデルとして誕生した富士重工業の大衆車「スバル レオーネ」は、1979年6月におよそ8年ぶりにして初のフルモデルチェンジを受け、2代目モデルに移行しました。先代からスタイリングが一新されるとともに、パワーステアリングやパワーウィンドウ装着車が設定されるなど装備の充実化が図られました。

フロントサスペンションを変更

スバル レオーネ 2ドアハードトップ 1.8GTS (2代目 1979)

ボディタイプは、当初は4ドアセダン/2ドアハードトップ/5ドアエステートバンの3タイプのラインナップで、先代に設定のあった2ドアクーペ/2ドアセダン/3ドアエステートバンは廃止されました。スタイリングは、抑揚の効いたアクの強いフォルムが特徴だった先代から一転し、直線基調の保守的なフォルムが採用されました。

スバル レオーネ 2ドアハードトップ (2代目 1979)

ボディ・ディメンションは全長4,155~4,270mm×全幅1,615mm×全高1,355~1,365mm、ホイールベース2,455mmで、先代から全長・全幅が拡大された一方、全高は若干低められました。サスペンション形式は、フロントはダブルウィッシュボーン/トーションバー式からストラット/コイル式に変更され、リアはセミトレーリングアーム/トーションバー式が踏襲されました。

駆動方式は当初はFFのみの設定で、エンジンは先代譲りの1.6Lと新開発された1.8Lの水平対向4気筒OHVが用意されました。1.8Lエンジンのアウトプットは、最高出力100ps/最大トルク15kgmとなっていました。トランスミッションは先代同様、4速/5速MTと3速トルコン式ATが設定されました。また、インテリアはグラフィックセイフティモニターが設定されるなど、インパネのデザインが一新されました。

2代目レオーネのCM(1980)

スバル ザ・ニューレオーネCM  1980年 岩崎宏美

3ドアハッチバック「スイングバック」シリーズを追加

スバル レオーネ スイングバック (2代目 1979)

その後1979年10月に、全長を3,980mm、ホイールベースを2,370mmに短縮した3ドアハッチバックモデル「スイングバック」シリーズが追加されました。搭載されるエンジンは、新たに1.3L(最高出力72ps/最大トルク10kgm)も設定されていました。同時に、セダン/エステートバンにパートタイム4WD仕様車が設定されました。

1981年式スイングバックの解説動画

【スバル・レオーネ4WD】日本車離れした独特の運転感覚と操作系/1981年式

1981年のマイナーチェンジでフロントマスクを一新

スバル レオーネ 4WD 1.8 RX Hardtop (2代目 1982)

次いで1981年6月2日にマイナーチェンジが実施され、セダン1.8L車とハードトップのフロントマスクが一新されるとともに、全車のリアコンビネーションランプの意匠が変更されました。追って同月25日には、エステートバンをベースに全高を嵩上げした5ドアステーションワゴン「ツーリングワゴン」がラインナップに加えられました。

スバル レオーネ 4WDツーリングワゴン (2代目 1981)

続いて1982年10月、セダン/ツーリングワゴンに1.8Lターボエンジン(最高出力120ps/最大トルク19kgm)+3速ATを搭載する4WDモデル「1800ターボAT」が追加されました。さらに翌1983年7月には、セダンFF車にも1.8Lターボエンジン搭載モデルが設定されました。そして1984年7月にフルモデルチェンジが実施され、3代目モデルに移行しました。

2代目レオーネ後期のCM

スバルレオーネcm(ローカル)

先代モデル:初代レオーネ

スバル レオーネ (初代 1971-1979):スバルff-1 1100/1300Gの後継モデルとして登場 [A21/22/62/64/65]
富士重工業は1971年10月、「スバル・ff-1 1100/1300G」の実質的な後継モデルとなる「スバル・レオ...

後継モデル:3代目レオーネ

スバル レオーネ (3代目 1984-1994):新エンジンを設定するとともに空力特性を改善 [AA2/3/4/5/AL5/7/AG4]
1971年10月に「スバル・ff-1 1100/1300G」の実質的な後継モデルとして誕生した富士重工業の大衆車...

スバル レガシィの購入を検討中なら、こちらもチェック!

車の買い替え前には、必ず一括査定で査定額を把握!

車の買い替えに焦りは禁物です。愛車の査定相場を把握せずに商談に入ると、安く提示された下取り額に対し判断が出来ず大きな損をする事に…。

まずは「ナビクル」など、ネットの一括査定サービスを利用しましょう。査定額の差は【18万円】となる事もあります。→そんなに違うの?買取り額の【差額事例集】

ナビクル

「ナビクル」なら数項目の入力が完了すると、上の画像のようにすぐに相場がわかります。→愛車の買取り相場をすぐに見る 下取り査定を受ける前に、まずは愛車の買い取り相場を調べておきましょう。

btn_8190_600x100

新車ではなく未使用車という選択も

新車だと「予算が厳しい…」「納期が間に合わない」。そんな方には未使用車や低走行車もおススメ。ディーラーが営業ノルマの為に登録した未使用車や低走行の試乗車など、新車同様の車両が毎月たくさん出回ります。

ズバット車販売は、お買い得な車両をネット申込みだけで探してくれるサービスです。「安く買いたいけど探す時間が…」という方におすすめです。→公式サイトで詳しく

スバルその他 時代を彩った名車と迷車
スポンサーリンク
ビークルズをフォローする
ビークルズ