スバル レオーネ (3代目 1984-1994):新エンジンを設定するとともに空力特性を改善 [AA2/3/4/5/AL5/7/AG4]

スバル レオーネ (3代目 1984-1994)

1971年10月に「スバル・ff-1 1100/1300G」の実質的な後継モデルとして誕生した富士重工業の大衆車「スバル・レオーネ」は、1984年7月に5年ぶり2度目のフルモデルチェンジを受け、3代目モデルに移行しました。SOHC化された新型水平対向4気筒エンジンが設定されたほか、ボディの空力特性改善が図られたことなどが特徴でした。

ボディサイズを拡大

スバル レオーネ4WD 1.8 GT Turbo (3代目 1984)

ボディタイプは、当初は4ドアセダンのみの設定であったものの、同年10月に5ドアボディのツーリングワゴンとエステートバンが追加されました。一方、先代に設定のあった2ドアハードトップや3ドアハッチバックは最後まで用意されませんでした。スタイリングは、先代からさらにシャープかつプレーンな雰囲気に変貌するとともに、Cd値は0.35を実現しました。

スバル レオーネツーリングワゴン1.8GTターボ (3代目 1984)

セダンのボディ・ディメンションは全長4,370mm×全幅1,660mm×全高1,425mm、ホイールベース2,465mmで、先代から全項目において拡大されました。サスペンション形式は、フロント:マクファーソンストラット式/リア:セミトレーリングアーム式による4輪独立懸架が踏襲されたほか、新たにエレクトロ・ニューマチック・サスペンション装着車が設定されました。

駆動方式は従来同様FFとパートタイム4WDが設定されたほか、後者には4WD自動切換え機能が付加されました。エンジンは、先代譲りの1.6L水平対向4気筒OHV NAと、新開発の1.8L水平対向4気筒SOHC NAおよびターボの3種類が用意されました。1.8Lターボエンジンのアウトプットは先代のOHV仕様から向上し、最高出力135ps/最大トルク20kgmとなっていました。

フルタイム4WDモデルを追加

スバル レオーネ 4WD 1.8 RX Turbo (3代目 1985)

オートマチックは3速トルコン式AT、マニュアルはは5速MT(一部グレードは4MT)を採用していました。その後1985年11月に仕様変更が実施されるとともに、3ドアクーペがラインナップに加えられました。次いで1986年4月、3ドアクーペに同社初のフルタイム4WD方式を採用した1.8Lターボモデル「RX-Ⅱ」が追加されました。

スバル レオーネ 3ドアクーペ フルタイム4WD 1.8 RX/II Turbo (3代目 1986)

追って同年10月には、セダン/ツーリングワゴンにもフルタイム4WD仕様車が設定されました。続いて1987年10月にマイナーチェンジが実施され、セダン/ワゴン「GT-Ⅱ」にスペシャリティクーペ「アルシオーネ」譲りの電子制御トルク分配式フルタイム4WDシステム「ACT-4」と電子制御4速トルコン式ATが採用されました。

スバル レオーネ 3ドアクーペ フルタイム4WD 1.8 RX/II Turbo (3代目 1986)

同時にパートタイム4WD車が廃止され、4WDモデルはフルタイム方式に一本化されました。次いで1988年、スバル発売30周年記念特別仕様車として、1.6Lエンジン搭載セダン「マイア」が設定されました。

3代目レオーネのCM(1988)

SUBARU LEONE 4WD 1988

そして1989年に後継モデル「レガシィ」がデビューしたことにともないラインナップが大幅に縮小され、1994年3月には全車販売終了となりました。

先代モデル:2代目レオーネ

スバル レオーネ (2代目 1979-1984):スタイリングを一新するとともに装備を充実化 [AB2/4/AM2/AF5/AJ5]
1971年10月に「スバル ff-1 1100/1300G」の実質的な後継モデルとして誕生した富士重工業の大衆車...

スバル レガシィの購入を検討中なら、こちらもチェック!

車の買い替え前には、必ず一括査定で査定額を把握!

車の買い替えに焦りは禁物です。愛車の査定相場を把握せずに商談に入ると、安く提示された下取り額に対し判断が出来ず大きな損をする事に…。

まずは「ナビクル」など、ネットの一括査定サービスを利用しましょう。査定額の差は【18万円】となる事もあります。→そんなに違うの?買取り額の【差額事例集】

ナビクル

「ナビクル」なら数項目の入力が完了すると、上の画像のようにすぐに相場がわかります。→愛車の買取り相場をすぐに見る 下取り査定を受ける前に、まずは愛車の買い取り相場を調べておきましょう。

btn_8190_600x100

新車ではなく未使用車という選択も

新車だと「予算が厳しい…」「納期が間に合わない」。そんな方には未使用車や低走行車もおススメ。ディーラーが営業ノルマの為に登録した未使用車や低走行の試乗車など、新車同様の車両が毎月たくさん出回ります。

ズバット車販売は、お買い得な車両をネット申込みだけで探してくれるサービスです。「安く買いたいけど探す時間が…」という方におすすめです。→公式サイトで詳しく

スバルその他 時代を彩った名車と迷車
スポンサーリンク
ビークルズをフォローする
ビークルズ