フォード マスタング (初代 1964-1968):ポニーカー、マッスルカーの愛称で親しまれ大ヒット

フォード マスタング クーペ '64

フォード マスタング クーペ ’64

フォードのスポーティカー「マスタング」の初代モデルは、1964年4月にデビューしました。スタイリングの良さや低廉な価格、巧みな販売戦略などが功を奏し、同社としてはT型フォード以来となる歴史的なベストセラーカーとなりました。同時に、「ポニーカー」という新たなカテゴリーの元祖ともなりました。

スポンサーリンク
車の買い替えを考え始めたら、下取り査定を受ける前にクルマの値段を把握しましょう。「ナビクル」などのWEBサービスなら、スマホやPCから簡単な入力で手軽に査定額がわかります。

2種類のボディと3種類のエンジンでスタート

ベースモデルとなったのはコンベンショナルな4ドアセダンの「ファルコン」で、それとは全く異なるスタイリッシュな2ドアノッチバッククーペとコンバーチブルのボディが架装されました。共にロングノーズ・ショートデッキのプロポーションと、加飾の少ないシンプルなデザイン処理が特徴でした。乗車定員は4人であったものの、後席は狭く実質的に2+2でした。

フォード マスタング クーペ '64

フォード マスタング クーペ ’64

ボディサイズは全長4,613mm×全幅1,732mm×全高1,298mmで、当時のアメリカ車としてはコンパクトなサイズでした。ホイールベースはファルコンよりも若干短い2,743mmで、車両重量は1,159kg~1,383kgでした。サスペンションは、フロントがダブルウィッシュボーン/コイル式、リアがリジッドアクスル/リーフ式でした。

フォード マスタング クーペ '64

フォード マスタング クーペ ’64

駆動方式はコンベンショナルなFRで、フロントに搭載されるエンジンは2.8L直6 OHV(最高出力102ps/最大トルク21.6kgm)が基本で、オプションで4.3L V8 OHV(最高出力166ps/最大トルク35.7kgm)と4.7L V8 OHV(最高出力213ps/最大トルク41.5kgm)が設定されました。トランスミッションは、それぞれに3速MTと3速トルコン式ATが設定されました。

ファストバックとハイパフォーマンス版を追加

翌1965年、流麗なクーペボディを持つ「ファストバック」が追加されました。同時に、このファストバックをベースとした究極のハイパフォーマンスモデルとして、高性能スポーツカー「AC・コブラ」を生み出したキャロル・シェルビー率いるシェルビー・アメリカンがチューニングを手掛けた「GT350」が追加されました。

フォード マスタング GT ファストバック '65

フォード マスタング GT ファストバック ’65

4.7L V8 OHVユニットを最高出力310ps/最大トルク45.5kgmまでチューンナップして搭載し、4速MTとの組み合わせにより、最高速度216km/h、0-400m加速14.9sという優れた動力性能を発揮しました。同時にボディ剛性やサスペンション、ブレーキの強化も行われ、走行性能全般の向上が図られました。

Shelby GT350R '65

Shelby GT350R ’65

翌1966年には、ベースモデルのエンジンが3.2Lに拡大され、スペックが最高出力122ps/最大トルク26.3kgmに向上しました。同時に、オプションの4.7Lエンジンに最高出力228ps/最大トルク42.2kgm及び最高出力275ps/最大トルク43.1kgmの2種類の高性能版が追加され、4.3L V8はカタログ落ちしました。又、全車に4速MTが追加設定されました。

フォード マスタング GT コンバーチブル '65

フォード マスタング GT コンバーチブル ’65

初代マスタングは、ベースモデルの価格を抑える一方で、フルチョイスシステムの採用によりユーザーが自由に仕様を選べるようにした事が特徴でした。このシステムが成功し、発売開始と共に多数の消費者が販売店に殺到しパニック状態に陥るなど、記録的な滑り出しとなりました。そして、最初の1年間で56万台を販売するという驚異的な大ヒットとなりました。

後継モデル:2代目マスタング

フォード マスタング (2代目 1969-1973):ボディ拡大とパワーアップによりマッスルカー志向に
初代モデルが1964年にデビューを飾ったフォード・モーターの2ドア・2+2シーター仕様スポーティカー「マスタング...

車の買い替え前には、必ず一括査定で査定額を把握!

車の買い替えに焦りは禁物です。愛車の査定相場を把握せずに商談に入ると、安く提示された下取り額に対し判断が出来ず大きな損をする事に…。

まずは「ナビクル」など、ネットの一括査定サービスを利用しましょう。査定額の差は【18万円】となる事もあります。→そんなに違うの?買取り額の【差額事例集】

ナビクル

「ナビクル」なら数項目の入力が完了すると、上の画像のようにすぐに相場がわかります。→愛車の買取り相場をすぐに見る 下取り査定を受ける前に、まずは愛車の買い取り相場を調べておきましょう。

btn_8190_600x100

新車ではなく未使用車という選択も

新車だと「予算が厳しい…」「納期が間に合わない」。そんな方には未使用車や低走行車もおススメ。ディーラーが営業ノルマの為に登録した未使用車や低走行の試乗車など、新車同様の車両が毎月たくさん出回ります。

ズバット車販売は、お買い得な車両をネット申込みだけで探してくれるサービスです。「安く買いたいけど探す時間が…」という方におすすめです。→公式サイトで詳しく

マスタング時代を彩った名車と迷車
スポンサーリンク
シェアする
ビークルズをフォローする
ビークルズ