三菱 エクリプス (初代 1989-1995):6代目ギャランベースのスポーティ・クーペ [D22/27]

三菱 エクリプス 1990

三菱 エクリプス 1990

三菱自動車工業は1989年に新型クーペ「エクリプス」を北米市場に投入、翌1990年1月に日本国内でも左ハンドル仕様の逆輸入車の販売が開始されました。当時提携関係にあったクライスラー社と合弁企業「ダイヤモンド・スター・モーターズ」を設立した上で共同開発されたモデルで、三菱側の影響力が強かった為6代目「ギャラン」(E30系)のコンポーネンツが使用されました。

4WDターボ車も用意

ボディタイプは3ドアのフィクスドヘッドクーペのみの設定で、室内は2+2仕様の4人乗りでした。スタイリング面の特徴として、リトラクタブルヘッドランプ採用による低いノーズが備わる他、最上級グレードにはサイドエアダムとリアスポイラーが装備されました。ボディサイズは全長4,395mm×全幅1,690mm×全高1,320mm、ホイールベース2,470mmで、車両重量は日本仕様で1,230~1,460kgでした。

三菱 エクリプス 1990

三菱 エクリプス 1990

サスペンション形式はギャラン同様のフロント:マクファーソンストラット式/リア:3リンク式が踏襲され、駆動方式も同様にFFとフルタイム4WDが設定されました。エンジンは、日本市場向けには2L直4DOHCの4G63型NA仕様(最高出力140ps/最大トルク17.5kgm)と同ターボ仕様(最高出力200ps/最大トルク28kgm)の2種類が用意されました。

三菱 エクリプス 1990

三菱 エクリプス 1990

トランスミッションは、それぞれに5速MTと4速トルコン式ATが設定されました。又、ブレーキは全車にフロントがベンチレーテッド型の4輪ディスク式が採用されました。日本仕様のグレード体系は、NAエンジン搭載FF方式の「GS」とターボエンジン搭載4WD方式の「GSR-4」の2タイプがラインナップされました。

三菱 エクリプスのCM

1990 mitsubishi eclipse cm japan

北米向けは固定式ヘッドランプに変更

北米仕様の動力性能は、GSのMT仕様が最高速度220km/h・0-60mph加速9.2s、GSR-4に相当するGSXのMT仕様が最高速度225km/h・0-60mph加速6.8sでした。そして1992年に北米仕様車がマイナーチェンジを受けヘッドランプが固定式に変更されたものの、日本向けは初期モデルと同一仕様のまま販売が続けられました。

三菱 エクリプスGSX 1990

三菱 エクリプスGSX 1990

その後日本仕様には、1993年3月にGSがベースの特別仕様車「GSリミテッド」が設定されました。その他のバリエーションとしては、ガルウイングドア仕様車が受注生産方式で販売されました。そして1994年6月に北米仕様車がフルモデルチェンジを受け2代目モデルに移行、日本には1995年6月から導入が開始されました。

三菱 エクリプスGSX 1990

三菱 エクリプスGSX 1990

初代エクリプスは、北米市場では姉妹車種の「イーグル・タロン」「プリムス・レーザー」と併せてスマッシュヒットとなりました。一方、日本国内ではユーザーの嗜好に合わず、販売は振るいませんでした。

車の買い替え前には、必ず一括査定で査定額を把握!

車の買い替えに焦りは禁物です。愛車の査定相場を把握せずに商談に入ると、安く提示された下取り額に対し判断が出来ず大きな損をする事に…。

まずは「ナビクル」など、ネットの一括査定サービスを利用しましょう。査定額の差は【18万円】となる事もあります。→そんなに違うの?買取り額の【差額事例集】

ナビクル

「ナビクル」なら数項目の入力が完了すると、上の画像のようにすぐに相場がわかります。→愛車の買取り相場をすぐに見る 下取り査定を受ける前に、まずは愛車の買い取り相場を調べておきましょう。

btn_8190_600x100

新車ではなく未使用車という選択も

新車だと「予算が厳しい…」「納期が間に合わない」。そんな方には未使用車や低走行車もおススメ。ディーラーが営業ノルマの為に登録した未使用車や低走行の試乗車など、新車同様の車両が毎月たくさん出回ります。

ズバット車販売は、お買い得な車両をネット申込みだけで探してくれるサービスです。「安く買いたいけど探す時間が…」という方におすすめです。→公式サイトで詳しく

三菱その他 時代を彩った名車と迷車
スポンサーリンク
ビークルズをフォローする
ビークルズ