三菱 エクリプス (2代目 1994-2000):ベースモデルが変更されコンバーチブルを追加 [D32/38]

三菱 エクリプス 1995

三菱 エクリプス 1995

1989年に北米市場でデビューを飾った三菱自動車工業の2+2シータークーペ「エクリプス」は、1994年6月にフルモデルチェンジを受け2代目モデルに移行、翌1995年6月から日本での逆輸入販売が開始されました。ベースモデルが6代目ギャランから7代目ギャランに変更された他、途中からソフトトップ・コンバーチブルの「スパイダー」が追加された点が先代との大きな相違点でした。

新車購入ガイド:【2022最新】アウトランダーPHEVの値引き 納期 乗り出し価格

スポンサーリンク
車の買い替えを考え始めたら、下取り査定を受ける前にクルマの値段を把握しましょう。「ナビクル」などのWEBサービスなら、スマホやPCから簡単な入力で手軽に査定額がわかります。

曲線的なスタイリングに変貌

クーペは先代同様テールゲートが備わる3ドアのボディタイプが踏襲された一方、スタイリングは丸みを帯びたフォルムに変貌しました。又、ヘッドランプは日本仕様も含め、先代の北米仕様後期型と同様の固定式が採用されました。そして1996年に追加されたスパイダーも、クーペと同系統のスタイリングに纏められていました。

三菱 エクリプス 1995

三菱 エクリプス 1995

ボディサイズは全長4,395mm×全幅1,745mm×全高1,295mm(クーペ)/1,335mm(スパイダー)で、先代から全幅が55mm拡大されると共に、クーペ同士の比較では全高が25mm低いワイド&ローなディメンションとなりました。又、ホイールベースは40mm延長され2,470mmとなりました。車両重量は、日本仕様で1,230~1,370kg(クーペ)/1,430kg(スパイダー)でした。

三菱 エクリプスのCM

サスペンションを一新

サスペンション形式は、ベースモデル変更に伴い先代のフロント:マクファーソンストラット式/リア:3リンク式から4輪マルチリンク式に一新されました。駆動方式は、先代同様FFとフルタイム4WDが設定されました。エンジンは、北米仕様には2L直4DOHC NA(最高出力140ps)及びターボ(最高出力210ps)、2.4L直4SOHC NA(最高出力141ps)の3種類が用意されました。

三菱 エクリプス 1995

三菱 エクリプス 1995

トランスミッションは、先代同様5速MTと4速トルコン式ATが設定されました。これらのラインナップの内日本市場に導入されのは、2Lターボエンジン+FF方式のクーペ(MT/AT)及びスパイダー(AT)でした。北米仕様と異なり共にグレード名を持たないモノグレード設定となる他、エンジンのスペックも異なり、MT仕様が最高出力230ps/最大トルク29.5kgm、AT仕様が最高出力220ps/最大トルク30.5kgmでした。

三菱 エクリプス 1995

三菱 エクリプス 1995

その他、ブレーキは先代同様のフロントがベンチレーテッド型の4輪ディスク式が踏襲されました。又、安全装備として先代には備わらなかったABSとSRSデュアルエアバッグシステムが採用されました。その後日本仕様は1997年5月にクーペのMT仕様が廃止され、全車AT仕様となりました。

三菱 エクリプス スパイダー 1997

三菱 エクリプス スパイダー 1997

そして1999年7月にフルモデルチェンジが実施され、3代目モデルに移行しました。しかし日本市場にはすぐには導入されず、2004年10月にようやくスパイダーの販売が開始されました。

先代モデル:初代エクリプス

三菱 エクリプス (初代 1989-1995):6代目ギャランベースのスポーティ・クーペ [D22/27]
三菱自動車工業は1989年に新型クーペ「エクリプス」を北米市場に投入、翌1990年1月に日本国内でも左ハンドル仕...

後継モデル:3代目エクリプス

三菱 エクリプス (3代目 1999-2006):ターボ車が廃止されるなどラグジュアリー志向に [D53]
1989年に北米市場でデビューを飾った三菱自動車工業の2+2シータースポーツカー「エクリプス」は、1999年7月...

新車購入ガイド:【2022最新】デリカD:5の値引き 納期 乗り出し価格

車の買い替え前には、必ず一括査定で査定額を把握!

車の買い替えに焦りは禁物です。愛車の査定相場を把握せずに商談に入ると、安く提示された下取り額に対し判断が出来ず大きな損をする事に…。

まずは「ナビクル」など、ネットの一括査定サービスを利用しましょう。査定額の差は【18万円】となる事もあります。→そんなに違うの?買取り額の【差額事例集】

ナビクル

「ナビクル」なら数項目の入力が完了すると、上の画像のようにすぐに相場がわかります。→愛車の買取り相場をすぐに見る 下取り査定を受ける前に、まずは愛車の買い取り相場を調べておきましょう。

btn_8190_600x100

新車ではなく未使用車という選択も

新車だと「予算が厳しい…」「納期が間に合わない」。そんな方には未使用車や低走行車もおススメ。ディーラーが営業ノルマの為に登録した未使用車や低走行の試乗車など、新車同様の車両が毎月たくさん出回ります。

ズバット車販売は、お買い得な車両をネット申込みだけで探してくれるサービスです。「安く買いたいけど探す時間が…」という方におすすめです。→公式サイトで詳しく

エクリプス時代を彩った名車と迷車
スポンサーリンク
シェアする
ビークルズをフォローする
ビークルズ