ロータス ヨーロッパS (2006-2010):車名復活も以前とは性格の異なるグランツーリスモへ

ロータス ヨーロッパS 2007-'10

ロータス ヨーロッパS 2007-’10

ロータスは2006年6月に、新型2シーターミッドシップモデル「ヨーロッパS」を発売しました。初代「ヨーロッパ」が1975年に生産終了となって以来31年ぶりの車名復活となったものの、ひたすら走行性能を追い求めたライトウエイトスポーツ路線だった初代モデルや「エリーゼ」などとは異なり、快適性を追求したグランツーリスモ的な性格の強いモデルでした。

エンジンはGM製2Lターボ

車体の基本構造は、アルミ押し出し材を用いたシャシーに複合素材によるボディを架装したもので、GTカーとはいえロータス車らしく軽量化が図られていました。サスペンション形式はエリーゼと同様4輪ダブルウィッシュボーン式で、ブレーキも同様に4輪ベンチレーテッドディスクが採用されました。スタイリングはエリーゼの流れを汲むものながら、テールゲートが設けられ3ドアとされました。

ロータス ヨーロッパS 2007-'10

ロータス ヨーロッパS 2007-’10

ボディサイズは全長3,920mm×全幅1,745mm×全高1,130mmで、エリーゼよりも一回り大きく、ホイールベースは30mm長い2,330mmでした。車両重量は100kg以上重い995kgとなったものの、絶対的には十分に軽量といえるものでした。搭載されたエンジンは、オペルの「スピードスター・ターボ」や「アストラ・ターボ」に採用されていたGM製2L直4DOHCターボでした。

ロータス ヨーロッパS 2007-'10

ロータス ヨーロッパS 2007-’10

初期型のスペックは最高出力200ps/5,400rpm・最大トルク27.7kgm/5,000rpmで、6速MTを介しての動力性能は最高速度230km/h、0-100km/h加速5.8s、0-400m加速13.8sという第一級のものでした(データは北米仕様)。一方インテリア面では、サイドシルがエリーゼよりも40mm低く設定され乗降性が改善された事や、より広いラゲッジスペースが備わる事が特徴でした。

ロータス ヨーロッパ Sのドライビングインプレッション

ロータス ヨーロッパ S/ライトウエイトスポーツカーは最高!! 2008年

豪華な内装が特徴

又、インパネは基本的にエリーゼと同一のデザインを踏襲するものの、内装がフルレザー仕様にアップグレードされると共にカーペットが備わるなど、より豪華な仕様となりました。又、エアコンや集中ドアロック、SRSデュアルエアバッグシステムを採用し、装備面でもグランツーリスモの名に恥じない充実したものになっていました。そして翌2007年6月に、上級グレード「LX」が追加されました。

ロータス ヨーロッパS 2007-'10

ロータス ヨーロッパS 2007-’10

シートを含め内装が高級レザー仕様となる他、クルミ材とユリノキ材を採用したシフトノブやエンジンスタートボタン、ティンテッドリアガラスなどが採用された他、外装も一部変更されました。次いで2008年3月に、このLXをベースにエンジンのスペックを最高出力225ps/5,750rpm・最大トルク29.3kgm/4,500rpmまで高めると共に、ドリルドディスクブレーキを採用した「225」が発売されました。

ロータス ヨーロッパS 2007-'10

ロータス ヨーロッパS 2007-’10

続いて2010年1月にグレード体系が変更され、再びベースグレードとLXの2グレードとなりました。そして同年、総生産台数456台をもって生産終了となりました。

往年のライトウェイト:ロータス ヨーロッパ

スポーツカーを購入検討中なら、こちらもチェック!

マツダ ロードスター/RF 値引き/納期/長所と欠点/リセールバリューを総合評価
ロードスター/ロードスターRFの値引き情報や納期、見積もり例、競合車種、長所・欠点、実燃費、リセールバリューなど...
ホンダS660 値引き/納期/長所と欠点/リセールバリューを総合評価
S660の値引き情報や納期、見積もり例、競合車種、長所・欠点、実燃費、リセールバリューなどホンダ S660の新車...
コペン値引き2020年9月-納期/実燃費/価格の評価
ダイハツ コペン セロ/ローブ/XPLAYの値引き/納期/実燃費レポート (2020年9月3日更新) 200...