プジョー104 (1972-1988):同社初の2ボックス型コンパクトカーとして誕生

プジョー104 1972

プジョーは1972年のパリ・サロンにおいて、「204」の弟分となるコンパクトカー「104」を発表しました。204譲りの横置きFF方式「イシゴニス式レイアウト」を採用する同社初の2ボックス型モデルで、後にプラットフォームを共有する姉妹車種としてシトロエン・ブランドから「ヴィザ」が、タルボ・ブランドから「サンバ」がリリースされました。

まずは4ドアセダンが登場

ボディタイプは、まず独立したトランクルームが備わる4ドアセダン「ベルリーヌ」が用意されました。204と同様ピニンファリーナのデザインによるエクステリアは、直線基調のボクシーなフォルムが特徴で、そのボディサイズは全長3,580mm×全幅1,520mm×全高1,390mmと、204より二回り程コンパクトに纏められていました。

プジョー104 5dr 1972

ホイールベースは204より170mm短い2,420mmで、車両重量は100kg以上軽い760kgに抑えられていました。当初用意されたエンジンは、204に搭載されるオール・アルミ製のガソリン1.1L直4SOHCをベースに排気量を1Lに縮小したもので、最高出力43hp/最大トルク6.1kgmのスペックを備えていました。それに組み合わせられるトランスミッションは、4速フロア式MTでした。

ボディやエンジンのラインナップを拡充

サスペンション形式は204と同様、フロント:マクファーソンストラット式/リア:トレーリングアーム式による4輪独立懸架が採用され、ブレーキも同様にフロントにディスク式が採用されました。そして翌1973年、3ドアハッチバックの「クーペ」がラインナップに加わりました。クーペと名乗るものの、ベルリーヌの延長線上にある実用的なボディを纏ったモデルでした。

プジョー104 5dr 1972

次いで1974年、ベルリーヌに上級グレード「GL」が追加され、1975年にはクーペに上級グレード「ZL」と、1.1L直4SOHCエンジン(最高出力64hp/最大トルク8.3kgm)搭載の高性能グレード「ZS」が追加されました。続いて1976年、ベルリーヌにテールゲートを追加した5ドアモデルがラインナップに加わりました。

プジョー104 Z 1981

同時に、新グレードとしてクーペZS用のエンジンを最高出力55hp/最大トルク8kgmにデチューンして搭載する「GL6」と、その上級版「SL」が追加されました。次いで1977年、クーペをベースとした2シーター仕様の商用モデル「フルゴネットZA」がリリースされました。続いて1978年には、ベルリーヌにクーペZS用のエンジンをそのまま搭載する「S」が追加されました。

プジョー104 Z 1981

更に1979年、ベルリーヌに1.2L直4SOHCエンジン(最高出力57hp/最大トルク9.4kgm)を搭載する「GR」が追加されると共に、Sのエンジンが1.4L直4SOHC(最高出力70hp/最大トルク10.7kgm)に置換されました。次いで1981年には、クーペZSに1.4Lエンジン搭載車及び5速MT仕様車が追加された他、ベルリーヌSのトランスミッションが5速MTに変更されました。

その後、グレードの追加や廃止を行いながら、1988年5月まで生産が続けられました。

車の買い替え前には、必ず一括査定で査定額を把握!

車の買い替えに焦りは禁物です。愛車の査定相場を把握せずに商談に入ると、安く提示された下取り額に対し判断が出来ず大きな損をする事に…。

まずはかんたん査定ガイドなど、ネットの一括査定サービスを利用しましょう。査定額の差は【65万円】となる事もあります。→そんなに違うの?買取り額の【差額事例集】

kantan_kuruma_kekka3

かんたん査定ガイドなら数項目の入力が完了すると、上の画像のようにすぐに相場がわかります。→愛車の買取り相場をすぐに見る 下取り査定を受ける前に、まずは愛車の買い取り相場を調べておきましょう。

btn_8190_600x100

新車ではなく未使用車という選択も

新車だと「予算が厳しい…」「納期が間に合わない」。そんな方には未使用車や低走行車もおススメ。ディーラーが営業ノルマの為に登録した未使用車や低走行の試乗車など、新車同様の車両が毎月たくさん出回ります。

ズバット車販売は、お買い得な車両をネット申込みだけで探してくれるサービスです。「安く買いたいけど探す時間が…」という方におすすめです。→公式サイトで詳しく

プジョー時代を彩った名車と迷車
スポンサーリンク
シェアする
びぃくるずをフォローする
びぃくるず-自動車