日産 ローレルスピリット (初代 1982-1986):サニーをベースにしたローレルの弟分モデル [B11]

日産自動車は1982年1月、ハイオーナーカー「ローレル」の弟分的な存在となる小型乗用車「ローレルスピリット」を発売しました。前年に通算5代目にフルモデルチェンジした大衆車「サニー」とプラットフォームやボディシェル、パワートレインなどの基本コンポーネンツを共通する姉妹車種の関係にありながらも、上質感を演出したエクステリアの採用により差別化が図られました。

ボディは4ドアセダンのみ

ボディタイプは、クーペやステーションワゴンなど多彩なバリエーションを誇ったサニーと異なり、4ドアセダンのみのラインナップでした。スタイリングは基本的にサニー・セダンと共通ながら、フロントグリルにはローレルを彷彿とさせるデザインが採用されました。ボディサイズは全長4,050mm×全幅1,620mm×全高1,390mm、ホイールベースは2,400mmでした。

サニー・セダンとの比較においては、全長が若干短い事を除けば同一のディメンションでした。サスペンション形式もサニーと共通で、フロント:マクファーソンストラット式/リア:トレーリングアーム式による4輪独立懸架が採用されました。駆動方式もサニー同様FFで、エンジンは当初1.5L直4SOHCガソリンNAのE15型のみが用意され、サニーに設定のあった1.3LのE13型は用意されませんでした。

最高出力/最大トルクは、電子制御キャブレター仕様のE15S型が85ps/12.3kgm、EGI仕様のE15E型が95ps/12.5kgmで、トランスミッションは4速/5速MTと3速トルコン式AT「ニッサマチック」が設定されました。当初のグレード体系は、下からE15S型エンジン搭載の「LT」「LT-G」「LF」「XJ」とE15E型エンジン搭載の「XJ-E」の全5タイプがラインナップされました。

ターボ車とディーゼル車を追加

装備面では、LF/XJ/XJ-Eにランバーサポートシートや電動リモコンミラーが、XJ/XJ-Eにタコメーターが、XJにパワーステアリングが採用されました。そして翌1983年1月、E15E型にターボチャージャーを装着したE15ET型エンジン(最高出力115ps/最大トルク17kgm)を搭載するスポーティグレード「ターボXJ」が追加になりました。

次いで同年11月のマイナーチェンジでフロントグリルとリアコンビネーションランプの意匠が変更されると同時に、1.7L直4SOHCディーゼルNAのCD17型エンジン(最高出力61ps/最大トルク10.6kgm)搭載車が追加されました。続いて1985年1月の一部改良で、E15ET型エンジンのタービンの冷却方式が水冷式に変更されました。

追って同年11月に「エクストラ」シリーズが追加された後、翌1986年8月にフルモデルチェンジが実施され、2代目B12型に移行しました。

車の買い替え前には、必ず一括査定で査定額を把握!

車の買い替えに焦りは禁物です。愛車の査定相場を把握せずに商談に入ると、安く提示された下取り額に対し判断が出来ず大きな損をする事に…。

まずはかんたん査定ガイドなど、ネットの一括査定サービスを利用しましょう。査定額の差は【65万円】となる事もあります。→そんなに違うの?買取り額の【差額事例集】

kantan_kuruma_kekka3

かんたん査定ガイドなら数項目の入力が完了すると、上の画像のようにすぐに相場がわかります。→愛車の買取り相場をすぐに見る 下取り査定を受ける前に、まずは愛車の買い取り相場を調べておきましょう。

btn_8190_600x100

新車ではなく未使用車という選択も

新車だと「予算が厳しい…」「納期が間に合わない」。そんな方には未使用車や低走行車もおススメ。ディーラーが営業ノルマの為に登録した未使用車や低走行の試乗車など、新車同様の車両が毎月たくさん出回ります。

ズバット車販売は、お買い得な車両をネット申込みだけで探してくれるサービスです。「安く買いたいけど探す時間が…」という方におすすめです。→公式サイトで詳しく

日産ローレル
スポンサーリンク
シェアする
びぃくるずをフォローする
びぃくるず-自動車