トヨタ ソアラ3.0GTエアロキャビン (1989):電動折り畳み格納式メタルトップ採用の限定モデル [Z20]

トヨタ ソアラ3.0GTエアロキャビン

初代モデルが1981年にデビューしたトヨタ自動車の高級2ドアスペシャルクーペ「ソアラ」は、1986年にフルモデルチェンジが実施され2代目モデルに移行しました。そして1988年のマイナーチェンジを経て翌1989年、世界初の電動折り畳み格納式メタルトップを採用した500台限定販売モデル「3.0GTエアロキャビン」が登場しました。

ソアラ3.0GTエアロキャビンのルーフクローズ動画

Toyota SOARER Aero cabin (Z20 3.0GT)

B/Cピラーが残る独自の格納システム

一般的なクーペ・カブリオレとは異なり、B/Cピラーを残しメタルトップとリアウィンドウのみがボディ後部に格納される構造になっていました。スタイリングは基本的に通常のクーペモデルと共通で、直線基調のボディラインやノッチバックのフォルム、角形4灯式ヘッドランプ採用のフロントマスクなどが踏襲されました。

トヨタ ソアラ3.0GTエアロキャビン

その一方で、独自装備としてフロントエアロバンパーやLEDストップランプ付きリアスポイラーが採用されるなど、ディテール面では差別化が図られていました。又、ボディカラーは「クリスタルホワイトトーニングⅡ」一色のみの設定でした。ボディサイズは全長4,675mm×全幅1,725mm×全高1,345mm、ホイールベースは2,670mmでクーペと同一でした。

2シーター化され装備が充実

一方、車両重量はベースモデルの「3.0GT」より90kg重い1,610kgとなっていました。又、室内はメタルトップ格納スペース確保の為後席が廃止され、5人乗りのクーペに対し2人乗りとなっていました。装備面では、クーペには備わらないCDチェンジャーや、クーペのトップグレード「3.0GT-リミテッド」のみに採用される本革シートが装着されるなどの差別化が図られていました。

トヨタ ソアラ3.0GTエアロキャビン

又、クーペ3.0GT系同様にフルオートエアコン、本革巻きステアリングホイール、運転席パワーシート、クルーズコントロールなども標準装備されました。駆動方式はクーペ同様のFRで、エンジンは3.0GTと同一の3L直6DOHCインタークーラーターボの7M-GTEU型が搭載され、最高出力240ps/5,600rpm・最大トルク35kgm/3,200rpmのスペックも共通でした。

トヨタ ソアラ3.0GTエアロキャビン

一方、トランスミッションはクーペには5速MTと4速トルコン式ATが用意されていたのに対し、エアロキャビンは4速トルコン式ATのみの設定でした。10モード燃費は、車両重量の増加にも関わらずクーペ3.0GT・4速AT車と同一の7.4km/Lでした。その他、4輪ダブルウィッシュボーン式のサスペンションや4輪ベンチレーテッド・ディスク式のブレーキなどはクーペ3.0GT系と共通でした。

又、15インチアルミホイールや215/60R15 90Hタイヤも共通で、ABSやLSDは同様にオプション扱いでした。ソアラエアロキャビンは、1991年5月のフルモデルチェンジでソアラシリーズが3代目モデルとなって以降設定される事はなかった為、一代限りの希少なモデルとなりました。

トヨタのスポーツモデル購入を検討中なら、こちらもチェック!

車の買い替え前には、必ず一括査定で査定額を把握!

車の買い替えに焦りは禁物です。愛車の査定相場を把握せずに商談に入ると、安く提示された下取り額に対し判断が出来ず大きな損をする事に…。

まずは「ナビクル」など、ネットの一括査定サービスを利用しましょう。査定額の差は【18万円】となる事もあります。→そんなに違うの?買取り額の【差額事例集】

ナビクル

「ナビクル」なら数項目の入力が完了すると、上の画像のようにすぐに相場がわかります。→愛車の買取り相場をすぐに見る 下取り査定を受ける前に、まずは愛車の買い取り相場を調べておきましょう。

btn_8190_600x100

新車ではなく未使用車という選択も

新車だと「予算が厳しい…」「納期が間に合わない」。そんな方には未使用車や低走行車もおススメ。ディーラーが営業ノルマの為に登録した未使用車や低走行の試乗車など、新車同様の車両が毎月たくさん出回ります。

ズバット車販売は、お買い得な車両をネット申込みだけで探してくれるサービスです。「安く買いたいけど探す時間が…」という方におすすめです。→公式サイトで詳しく

ソアラ 時代を彩った名車と迷車
スポンサーリンク
シェアする
ビークルズをフォローする
ビークルズ