日産 スカイライン2000GT-R (初代前期型 PGC10 1969-1970):高性能エンジンを搭載した[羊の皮を被った狼]

日産 スカイライン 2000GT-R (PGC10) 1969

日本を代表するハイパフォーマンスGTカーであった「スカイラインGT-R」は、1969年2月に初代モデル「スカイライン2000GT-R」が3代目スカイラインのトップグレードとしてデビューしたのが始まりでした。この初代モデルはレーシングカー「R380」譲りの高性能エンジンを搭載し、「羊の皮を被った狼」のキャッチフレーズに恥じない国産車トップレベルの走行性能を誇りました。

前期型はセダンボディを採用

ボディ形状は、当時のスカイラインは4ドアセダンとステーションワゴンのみのラインナップであった為4ドアセダンが採用され、エクステリアもエンブレムの違いを除けばそれまでのトップグレード「2000GT」と大差ない大人しいデザインでした。ボディサイズは全長4,395mm×全幅1,610mm×全高1,385mmで、2000GTより15mm広く5mm低いディメンションに変化しました。

日産 スカイライン 2000GT-R (PGC10) 1969

ホイールベースは同一の2,640mmで、車両重量は5kg重い1,120kgでした。サスペンションはフロント:ストラット式/リア:セミトレーリングアーム式の形式を踏襲しつつ、強化型のスプリングとダンパー及びフロントスタビライザーが採用されました。駆動方式はFRで、搭載されたエンジンはR380用のGR8型をベースとした2L直6DOHC4バルブ3連キャブレター仕様のS20型でした。

世界トップレベルの性能

スペックは最高出力160ps/7,000rpm・最大トルク18kgm/5,600rpmで、当時の2L NAエンジとしては世界でもトップレベルの性能でした。2000GTに搭載されていた最高出力115ps/5,600rpm・最大トルク16.5kgm/3,600rpmの直6SOHC2バルブシングルキャブレター仕様のL20型エンジンと比較しても、遥かに高回転・高出力型の特性を持っていました。

常時噛合式ギアを採用した5速MTを介しての動力性能は、最高速度が2000GTより25km/h高い200km/hとなる他、0-400m加速16.1s、0-100km/h加速9.8sの加速性能を持つなど、国産スポーティカーとしてトップレベルのものでした。ブレーキは2000GTと同様のフロント:ディスク式/リア:ドラム式を踏襲しつつ、ブレーキタッチを優先した為マスターバックは廃止されました。

日産 スカイライン 2000GT-R (PGC10) 1969

又、デファレンシャルにLSDが組み込まれ、ステアリングレシオがクイック化されるなど、ハンドリング性能向上対策が施されました。インテリアは、木目調のインパネに3連メーターが、同じく木目調コンソールボックスに2連メーターが装備される他、3スポークステアリングやヘッドレスト付フルバケットシートが採用されるスポーティなものでした。

その一方で、ラグジュアリーカーに相応しい快適装備を備えていた2000GTと異なり、ラジオやヒーター、時計さえも備わらないスパルタンな仕様が特徴でした。そして同年10月にマイナーチェンジを実施し、フェイスリフトや一部仕様変更が行われた後、翌1970年10月のマイナーチェンジによりハードトップボディの後期型にバトンタッチされ、セダン型2000GT-Rは生産終了となりました。

日産 スカイラインの購入を検討中なら、こちらもチェック!

車の買い替え前には、必ず一括査定で査定額を把握!

車の買い替えに焦りは禁物です。愛車の査定相場を把握せずに商談に入ると、安く提示された下取り額に対し判断が出来ず大きな損をする事に…。

まずは「ナビクル」など、ネットの一括査定サービスを利用しましょう。査定額の差は【18万円】となる事もあります。→そんなに違うの?買取り額の【差額事例集】

ナビクル

「ナビクル」なら数項目の入力が完了すると、上の画像のようにすぐに相場がわかります。→愛車の買取り相場をすぐに見る 下取り査定を受ける前に、まずは愛車の買い取り相場を調べておきましょう。

btn_8190_600x100

新車ではなく未使用車という選択も

新車だと「予算が厳しい…」「納期が間に合わない」。そんな方には未使用車や低走行車もおススメ。ディーラーが営業ノルマの為に登録した未使用車や低走行の試乗車など、新車同様の車両が毎月たくさん出回ります。

ズバット車販売は、お買い得な車両をネット申込みだけで探してくれるサービスです。「安く買いたいけど探す時間が…」という方におすすめです。→公式サイトで詳しく

スカイライン GT-R 時代を彩った名車と迷車
スポンサーリンク
ビークルズをフォローする
ビークルズ