TVR ビクセン (1967-1973):前作グランチュラからエンジンや足回りを一新

TVR ビクセン S1 (1967)

1947年に創業したイギリスの自動車メーカーTVRは、1967年に同社の市販車第一弾であった「グランチュラ」の後継モデルとなる2シーター・スポーツカー「ヴィクセン」をリリースしました。ボディ構造や基本的なスタイリングはヴィクセン譲りであった一方、エンジンや足回りは一新されました。

新車購入ガイド:【2023最新】フェアレディZの値引き 納期 乗り出し価格

スポンサーリンク
車の買い替えを考え始めたら、下取り査定を受ける前にクルマの値段を把握しましょう。「ナビクル」などのWEBサービスなら、スマホやPCから簡単な入力で手軽に査定額がわかります。

グランチュラから全長とホイールベースを延長

TVR ビクセン S1 (1967)

ボディ構造は、鋼管チューブラフレームとFRPボディの組み合わせが踏襲されました。ボディタイプはグランチュラ同様2ドア・フィクスドヘッド・クーペのみの設定で、スタイリングもロングノーズ・ショートデッキのプロポーションが受け継がれました。ボディ・ディメンションは全長3,683mm×全幅1,626mm×全高1,219mmで、グランチュラから全長が延長されていました。

TVR ビクセン S2 (1968)

ホイールベースは2,286mmで、グランチュラから150mmほど延長されました。車両重量は依然として軽く、初期型では700kg台前半に抑えられていました。サスペンション形式は前後ともダブルウィッシュボーン式による4輪独立懸架で、スプリングはグランチュラのトーションバー式に代わりコイル式が採用されました。

新車購入ガイド:【2023最新】GR86の値引き 納期 乗り出し価格

フォード製のエンジンを採用

TVR ビクセン S2 (1968)

駆動方式はコンベンショナルなFRを踏襲し、エンジンはそれまでのBMC製1.6L/1.8L直4OHVに代わり、フォード製の1.6L直4OHV(最高出力89ps/最大トルク13.3kgm)が採用されました。トランスミッションは従来同様の4速MTで、パフォーマンスは最高速度が175km/h、0-60mph加速が10.5sでした。

TVR ビクセン S2 (1968)

また、ステアリング形式はラック&ピニオン式で、ブレーキは従来同様フロントにディスク式、リアにドラム式が採用されました。そして翌1968年に早くもマイナーチェンジが実施され、内外装変更などのリファインが施された「S2」に移行しました。次いで1970年に2度目のマイナーチェンジが実施され、エンジンのパワーアップ(最高出力93psに)やアルミホイールの採用などの仕様変更を図った「S3」に切り替えられました。

トライアンフ製エンジン搭載車を追加

TVR ビクセン S3 (1970)

追って翌1971年にはユーザー層拡大を狙った新グレードとして、トライアンフ製の1.3L直4OHVエンジンを搭載するエントリーモデル「1300」と、同じくトライアンフ製の2.5L直6OHVエンジンを搭載する上級モデル「2500」が追加されました。続いて1973年に最後のマイナーチェンジが実施され、シャシーを一新した「S4」に移行しました。

そして同年をもって生産を終了、後継モデルのリリースはなく、1代限りでビクセンの車名は消滅しました。6年間での総生産台数は1143台で、その内訳はS1が117台、S2が438台、S3が165台、S4が23台、1300が15台、2500が385台でした。なお、ビクセンと共通のシャシーおよびボディを使用した姉妹車種として、1968年から1971年にかけて「タスカン」が製造されました。

新車購入ガイド:【2023最新】GRスープラの値引き 納期

車の買い替え前には、必ず一括査定で査定額を把握!

車の買い替えに焦りは禁物です。愛車の査定相場を把握せずに商談に入ると、安く提示された下取り額に対し判断が出来ず大きな損をする事に…。

まずは「ナビクル」など、ネットの一括査定サービスを利用しましょう。査定額の差は【18万円】となる事もあります。→そんなに違うの?買取り額の【差額事例集】

ナビクル

「ナビクル」なら数項目の入力が完了すると、上の画像のようにすぐに相場がわかります。→愛車の買取り相場をすぐに見る 下取り査定を受ける前に、まずは愛車の買い取り相場を調べておきましょう。

btn_8190_600x100

新車ではなく未使用車という選択も

新車だと「予算が厳しい…」「納期が間に合わない」。そんな方には未使用車や低走行車もおススメ。ディーラーが営業ノルマの為に登録した未使用車や低走行の試乗車など、新車同様の車両が毎月たくさん出回ります。

ズバット車販売は、お買い得な車両をネット申込みだけで探してくれるサービスです。「安く買いたいけど探す時間が…」という方におすすめです。→公式サイトで詳しく

その他メーカー時代を彩った名車と迷車
スポンサーリンク
シェアする
ビークルズをフォローする
ビークルズ