日産 エルグランド (初代 E50 1997-2002):国産大型ミニバンの先駆けとして大ヒット

日産 エルグランド 1997-02

日産 エルグランド 1997-02

日産のプレミアム・ミニバン「エルグランド」は、1997年5月に、モーター系店で「キャラバンエルグランド」、プリンス系店で「ホーミーエルグランド」の車名で発売が開始されました。国産大型ミニバンの先駆け的な存在となった他、ファーストクラス並みの広大かつ快適な移動空間をテーマとしたコンセプトが特徴でした。

従来のワンボックス車とは異なるスタイリング

スタイリングは、短いノーズを備えるセミキャブオーバー型で、従来のワンボックス車「キャラバン」「ホーミー」にはないゴージャスかつスマートな雰囲気を醸すものでした。キャラバンエルグランドとホーミーエルグランドのエクステリアデザインは共通で、エンブレムのみの相違でした。又、後席用スライドドアを左側のみに備える4ドアで、乗車定員は7人及び8人でした。

日産 エルグランド 1997-02

日産 エルグランド 1997-02

ボディサイズは全長4,740mm×全幅1,775mm×全高1,940mm~1,945mmで、キャラバン/ホーミーのロングボディタイプよりも全長と全幅が大きい一方で全高は若干低く、ホイールベースはそれよりも20cm以上長い2,900mmでした。車両重量は、200kg~400kg程重い1,930kg~2,140kgでした。又、エンジンをボンネット内に納める事により、低床化を実現した事が特徴でした。

エンジンはガソリンとディーゼルの2本立て

サスペンション形式はキャラバン/ホーミーとは全く異なり、フロントがストラット式、リアにはコントロールロッド付5リンク/コイル式が採用されました。駆動方式はキャラバン/ホーミー同様FRがベースで、他にトルクスプリット式フルタイム4WDが設定されました。エンジンは、3.3L V6ガソリンNAのV33E型と3.2L直4ディーゼルターボのQD32ET1型 の2種類が用意されました。

日産 エルグランド 1997-02

日産 エルグランド 1997-02

スペックは、ガソリンが最高出力170ps/4,800rpm、最大トルク27.1kgm/2,800rpm、ディーゼルが最高出力150ps/3,600rpm、最大トルク34kgm/2,000rpmで、トランスミッションは全車に4速トルコン式ATが搭載されました。グレード体系は上から「X」「V」「J」の3種類で、快適装備に差が付けられるものの、デュアルSRSエアバッグシステムやABSといった安全装備は全車に標準装備されました。

日産 エルグランドのCM

1997 Nissan Elgrand Cm Japan 1

新グレードを追加し、エンジンをリニューアル

翌1998年1月に、「V」をベースにしたスポーティグレード「ハイウェイスター」が追加されました。専用フロントグリルやエアロパーツなどにより差別化が図られたモデルで、全長が15mm、全幅が25mm、全高が10mm拡大されました。次いで同年10月、フロント回転対座シートやセカンド回転横向きシート、電動ピュアクリーンカーテンなどを装備するグレード「ラウンジパッケージ」が追加されました。

日産 エルグランド ハイウェイスター 1997-02 (出典:wikipedia.org)

日産 エルグランド ハイウェイスター 1997-02 (出典:wikipedia.org)

翌1999年8月に初のマイナーチェンジを実施し、外装に若干の変更を行った他、ディーゼル車のエンジンが3L直噴ターボのZD30DDTiに置換されました。スペックが最高出力170ps/3,600rpm、最大トルク36kgm/1,800rpmに向上した他、燃費が約25%向上しました。同時に、車名が「エルグランド」に一本化されました。次いで同年10月に、オーテックジャパンによる特別仕様車「ライダー」が発売されました。

日産 エルグランド ライダー 1997-02

日産 エルグランド ライダー 1997-02

翌2000年8月に2度目のマイナーチェンジを実施し、フェイスリフトと共に「ハイウェイスター」以外のグレードにフロント&リヤラウンドソナーを標準装備した他、グレード体系の変更(「J」が廃止され「Xリミテッド」が追加)が行われました。同時に、ガソリン車のエンジンが3.5L V6のVQ35DE型に置換され、スペックが最高出力240ps/6,000rpm、最大トルク36kgm/3,200rpmへと大幅に向上しました。

日産 エルグランド 1997-02

日産 エルグランド 1997-02

初代エルグランドは、それまでの国産車にはなかったデザインやコンセプトが大変な好評を博し、大型かつ高価な車種であったにも関わらずベストセラーカーとなりました。又、エルグランドのヒットに触発されライバルのトヨタから対向車種として「アルファード」が登場し、両雄の販売合戦が繰り広げられるきっかけにも繋がりました。

エルグランドの購入を検討中なら、こちらもチェック!

車の買い替え前には、必ず一括査定で査定額を把握!

車の買い替えに焦りは禁物です。愛車の査定相場を把握せずに商談に入ると、安く提示された下取り額に対し判断が出来ず大きな損をする事に…。

まずは「ナビクル」など、ネットの一括査定サービスを利用しましょう。査定額の差は【18万円】となる事もあります。→そんなに違うの?買取り額の【差額事例集】

ナビクル

「ナビクル」なら数項目の入力が完了すると、上の画像のようにすぐに相場がわかります。→愛車の買取り相場をすぐに見る 下取り査定を受ける前に、まずは愛車の買い取り相場を調べておきましょう。

btn_8190_600x100

新車ではなく未使用車という選択も

新車だと「予算が厳しい…」「納期が間に合わない」。そんな方には未使用車や低走行車もおススメ。ディーラーが営業ノルマの為に登録した未使用車や低走行の試乗車など、新車同様の車両が毎月たくさん出回ります。

ズバット車販売は、お買い得な車両をネット申込みだけで探してくれるサービスです。「安く買いたいけど探す時間が…」という方におすすめです。→公式サイトで詳しく

日産 エルグランド 時代を彩った名車と迷車
スポンサーリンク
シェアする
びぃくるず編集部をフォローする
ビークルズ