ダイハツ タントカスタム 特別仕様車「トップエディションSA」を設定

ダイハツ タント カスタム RS”トップエディション SA” 2014

ダイハツ工業株式会社は、2014年上半期(1月~6月)の登録車を含めた新車販売台数で
軽乗用車「タント」が No.1 になったことを記念して、「タント カスタム」に特別仕様車「トップエディションSA」を設定し、2014年10月1日から全国一斉に発売する。

同時に、「タント」には新たなメーカーオプションとして「ブラックインテリアパック」を追加するなどの一部改良も実施した。

ファブリック×ソフトレザー調シートなどの専用装備

特別仕様車「トップエディションSA」は、タント カスタムX、RSをベース車に専用装備と
して、上質感を高めたファブリック×ソフトレザー調シート(シルバーステッチ)、シャドウフロー柄をあしらったプレミアムシャインブラックセンタークラスター、ブルーLED が光るフロントグリルイルミネーションなどを採用し、内外装の魅力を向上させた。

さらに衝突回避支援システム「スマートアシスト」や、ドライビングポジションをサポートするチルトステアリング、運転席シートリフター等を装備しながら価格を抑えた。

また、その他の改良として、スーパーUV&IRカットガラス(フロントドア)/スーパー
クリーンエアフィルターを標準装備(Lグレード除く)したほか、上質で落ち着いた室内空間とSRSサイドエアバッグなどの安全装備をパックにした「ブラックインテリアパック」をタント(カスタムグレード除く)にメーカーオプション設定した。

装備概要

特別仕様車「トップエディションSA」

ベース車:タント カスタム X、RSに設定

主な特別装備

  • 衝突回避支援システム「スマートアシスト」
  • フロントグリルLEDイルミネーション(ブルー)

ダイハツ タント カスタム RS”トップエディション SA” メッキフロントグリル&フロントグリルLEDイルミネーション 2014

  • トップシェイドガラス

ダイハツ タント カスタム RS”トップエディション SA” トップシェイドガラス 2014

  • 専用ファブリック×ソフトレザー調シート(シルバーステッチ)

ダイハツ タント カスタム RS”トップエディション SA” 専用ファブリック×ソフトレザー調シート(シルバーステッチ) 2014

  • プレミアムシャインブラックセンタークラスター(シャドウフロー柄)

ダイハツ タント カスタム RS”トップエディション SA” プレミアムシャインブラックセンタークラスター 2014

  • プレミアムシャインブラック&ファブリックアームレスト(専用ファブリック、運転席/助手席)

ダイハツ タント カスタム RS”トップエディション SA” プレミアムシャインブラック&専用ファブリックアームレスト 2014

  • チルトステアリング
  • 運転席シートリフター
  • 純正ナビ装着用アップグレードパック(ステアリングスイッチ、バックカメラ、リヤスピーカー&ツィーター)

メーカーオプション「ブラックインテリアパック」

タント(カスタムグレード除く)に設定

主な装備

ダイハツ タント ブラックインテリアパック 2014

ダイハツ タント ブラックインテリアパック 2014

  • ブラックインテリア(シート表皮、インパネ、ドアトリム)
  • シルバーインパネガーニッッシュ
  • エアコンセンターレジスターリング(シルバー加飾付)
  • メッキレジスターエアコンノブ
  • メッキインナードアハンドル(運転席/助手席)
  • SRSサイドエアバッグ(運転席/助手席)
  • チルトステアリング
  • 運転席シートリフター
  • リヤアンダーミラー(室内付)

ダイハツ タント/カスタムの購入を検討中なら、こちらもチェック!

タントの下取り、買取り査定相場を知りたいなら

ダイハツ タント/カスタム買取り/下取り査定価格相場-2017年版
タント/カスタムの正確な買取り査定価格をすぐ知りたいなら パソコン、スマートフォンからすぐに出来る一括査定サー...

車の買い替え前には、必ず一括査定で査定額を把握!

車の買い替えに焦りは禁物です。愛車の査定相場を把握せずに商談に入ると、安く提示された下取り額に対し判断が出来ず大きな損をする事に…。

まずは「ナビクル」など、ネットの一括査定サービスを利用しましょう。査定額の差は【18万円】となる事もあります。→そんなに違うの?買取り額の【差額事例集】

ナビクル

「ナビクル」なら数項目の入力が完了すると、上の画像のようにすぐに相場がわかります。→愛車の買取り相場をすぐに見る 下取り査定を受ける前に、まずは愛車の買い取り相場を調べておきましょう。

btn_8190_600x100

新車ではなく未使用車という選択も

新車だと「予算が厳しい…」「納期が間に合わない」。そんな方には未使用車や低走行車もおススメ。ディーラーが営業ノルマの為に登録した未使用車や低走行の試乗車など、新車同様の車両が毎月たくさん出回ります。

ズバット車販売は、お買い得な車両をネット申込みだけで探してくれるサービスです。「安く買いたいけど探す時間が…」という方におすすめです。→公式サイトで詳しく

タント
スポンサーリンク
シェアする
ビークルズをフォローする
ビークルズ