タントをマイナーチェンジ 「スマートアシストⅢ」を搭載

ダイハツ タント RS“トップエディションSAⅢ” 2016

ダイハツ工業は、軽乗用車「タント」、軽福祉車両「フレンドシップシリーズ」の「タント スローパー」「タント ウェルカムシート」を一部改良し、2016年11月30日(水)から全国一斉に発売する。

「スマートアシストⅢ」を初めて搭載

「タント」は、モアスペース系の軽乗用車として、2003年の発売以来、子育てファミリーを中心に幅広くご好評いただいているダイハツ基幹車種の一つである。今回の一部改良では、 ダイハツ独自の衝突回避支援システムである「スマートアシストⅡ」を進化させ、「スマートアシストⅢ」として初めて搭載するなど、安全性能を進化させるとともに、使い勝手を向上させた。

「コーナーセンサー」を搭載

ダイハツ タント X“SAⅢ” 2016

安全性能に関しては、スマートアシストⅢの搭載に加え、リヤに2箇所のソナーセンサーを設置することで、死角となる左右後方の障害物を検知し、ブザー音で運転手に警告する「コーナーセンサー」を搭載。使い勝手に関しては、パワースライドドアに予約ロック機能を追加、すでに「ムーヴ」や「キャスト」などで採用している「D assist 切替ステアリングスイッチ」を全車標準装備とした。福祉車両についても、スマートアシストⅢを搭載するなど、「タント」と同様に安全性能と使い勝手を向上させた。

価格は据え置き

また、安全・安心機能、装備を充実し使い勝手を向上させながら価格は据え置き※1としている。

今後もダイハツはお客様のご要望にスピーディにお応えすべく、お客様のニーズを反映した商品改良を進めていく。

※1:4WDおよび「タント スローパー」の一部グレードを除く。

ダイハツ タント/カスタムの購入を検討中なら、こちらもチェック!

タントの下取り、買取り査定相場を知りたいなら

ダイハツ タント/カスタム買取り/下取り査定価格相場-2017年版
タント/カスタムの正確な買取り査定価格をすぐ知りたいなら パソコン、スマートフォンからすぐに出来る一括査定サー...

車の買い替え前には、必ず一括査定で査定額を把握!

車の買い替えに焦りは禁物です。愛車の査定相場を把握せずに商談に入ると、安く提示された下取り額に対し判断が出来ず大きな損をする事に…。

まずはかんたん査定ガイドなど、ネットの一括査定サービスを利用しましょう。査定額の差は【65万円】となる事もあります。→そんなに違うの?買取り額の【差額事例集】

kantan_kuruma_kekka3

かんたん査定ガイドなら数項目の入力が完了すると、上の画像のようにすぐに相場がわかります。→愛車の買取り相場をすぐに見る 下取り査定を受ける前に、まずは愛車の買い取り相場を調べておきましょう。

btn_8190_600x100

新車ではなく未使用車という選択も

新車だと「予算が厳しい…」「納期が間に合わない」。そんな方には未使用車や低走行車もおススメ。ディーラーが営業ノルマの為に登録した未使用車や低走行の試乗車など、新車同様の車両が毎月たくさん出回ります。

ズバット車販売は、お買い得な車両をネット申込みだけで探してくれるサービスです。「安く買いたいけど探す時間が…」という方におすすめです。→公式サイトで詳しく

タント
スポンサーリンク
シェアする
びぃくるずをフォローする
びぃくるず