新型タントの安全装備スマートアシストを解説

ダイハツ タント スマアシ作動イメージ

2019年7月にフルモデルチェンジを実施し4代目となった新型タント/タントカスタム。広い室内と大きく開くミラクルオープンドアで人気モデルとなっています。

ここではそんな大人気モデルの新型タント/タントカスタムの安全装備を解説していきます。

新型タントは 「次世代スマートアシスト」により進化

予防安全機能「次世代スマートアシスト」に進化。予防安全機能「スマートアシスト」に運転支援機能「スマートアシストプラス」が加わり、全15個の機能に
従来のスマートアシストから採用してきた世界最小のステレオカメラを搭載しながら、制御ロジックを進化させ、機能を強化

予防安全機能「スマートアシスト」が進化

「衝突警報機能」「衝突回避支援ブレーキ機能」「車線逸脱警報機能」「先行車発進お知らせ機能」「オートハイビーム」に加え、後述の機能を追加もしくは変更しています。また「コーナーセンサー」をスマートアシストの機能に追加となりました。

車線逸脱抑制制御機能

ダイハツ タント スマートアシスト 車線逸脱抑制制御機能

クルマが車線をはみ出しそうになると、メーター内にワーニングを表示。また、車線内に戻すようステアリング操作をアシストします。

軽自動車初「ADB(アダプティブドライビングビーム)」

ダイハツ タント スマートアシスト ADB

ハイビームで走行中に、対向車を検知すると、対向車の部分のみ自動で遮光します。特に操作は必要なく自動で制御が行われます。

ダイハツ タント スマートアシスト ADB<全点灯時>

ダイハツ タント スマートアシスト ADB<遮光時>

この機能によって山道や郊外など、ハイビームの切り替えを行わずに対向車への配慮が出来ます。

標識認識機能(進入禁止)

ダイハツ タント スマートアシスト 標識認識機能<進入禁止>

約60km/h以内で走行中に、進入禁止の標識をステレオカメラが検知。メーター内表示にワーニングを表示します。高速道路のサービスエリア出口や、一方通行の多い都市部などで不意に一方通行路への侵入を防止します。

ブレーキ制御付誤発進抑制機能(前方・後方)

ダイハツ タント スマートアシスト ブレーキ制御付誤発信抑制機能<前方>

ダイハツ タント スマートアシスト ブレーキ制御付誤発信抑制機能<後方>

約10km/h以下で障害物を認識後、踏み間違い(アクセルペダルを強く踏み込んだ場合)を判定してエンジン出力を抑制すると同時にブザー音とメーター内表示で警告。さらに、障害物に衝突する危険性があるとシステムが判断するとブレーキ制御が作動します。

運転支援機能「スマートアシストプラス」

全車速追従機能付ACC(アダプティブクルーズコントロール)

先行車の車速や距離をステレオカメラで検知。車速や車間距離を維持します。先行車に追従し、停車までを制御します。

定速走行

ダイハツ タント スマートアシストプラス 全車速追従機能付ACC<定速走行>

先行車がいないときは設定速度で走行します。

減速・停止を制御

ダイハツ タント スマートアシストプラス 全車速追従機能付ACC<減速走行・停止制御>

先行車を認識すると先行車の速度に合わせて減速、先行車が停止すると合わせて停止します。

発進・追従

ダイハツ タント スマートアシストプラス 全車速追従機能付ACC<発信制御・追従走行>

先行車が発進している状態で”+RES”ボタンを押すと追従走行モードに戻ります。

加速走行

ダイハツ タント マートアシストプラス 全車速追従機能付ACC<加速走行>

設定速度よりも遅い先行車がいなくなると設定速度まで加速し、定速走行になります。

LKC(レーンキープコントロール)

ダイハツ タント スマートアシストプラス LKC

車線をタントのステレオカメラが検知、車線の中央を走行するよう、ステアリング操作をアシストしてくれます。

軽自動車初の駐車支援システム「スマートパノラマパーキングアシスト」

ダイハツ タント スマートアシストプラス スマートパノラマパーキングアシスト<駐車支援システム>

従来の「パノラマモニター」で搭載していた車両前後左右に配置したカメラのうち、左右のカメラが駐車枠の白線を検知。音声と画面ガイドに加えて、ステアリング操作をアシストします。

ドライバーはシフトレバー/アクセル・ブレーキの操作と周囲の安全確認に専念することで、駐車が苦手な人でも安心して駐車が可能となります。並列駐車・縦列駐車ともに対応する市街地走行では非常に重宝する機能です。

サイドビューランプ

ダイハツ タント スマートアシストプラス フルLEDヘッドランプ サイドビューランプ<片側点灯時>

夜間の右左折時に、通常のヘッドランプに加え、左右方向を照らす補助灯を追加点灯。ステアリングを切った方向を明るく照射します。

ダイハツ タント スマートアシストプラス フルLEDヘッドランプ サイドビューランプ<両側点灯時>

後退時には左右両側の補助灯が点灯。障害物の確認をサポートします。

DNGAによる新開発のプラットフォーム

新プラットフォーム(全体)

新開発の軽量高剛性プラットフォームはサスペンションアレンジを最優先で開発。骨格を最適配置しています。

操縦安定性、乗り心地の性能を最大限に引き出すために、サスペンションアレンジを最優先で設計。ボディ骨格を最適配置し、衝突安全性、NV性能、ボディ強度も大幅に向上させています。

新プラットフォーム(床裏骨格)

曲げ剛性は従来に比べ約30%向上、ハイテン材の活用や構造合理化により、プラットフォームを含むボディ骨格全体で約40Kgの軽量化を実現しています。

ダイハツ タント/カスタムの購入を検討中なら、こちらもチェック!

車の買い替え前には、必ず一括査定で査定額を把握!

車の買い替えに焦りは禁物です。愛車の査定相場を把握せずに商談に入ると、安く提示された下取り額に対し判断が出来ず大きな損をする事に…。

まずはかんたん査定ガイドなど、ネットの一括査定サービスを利用しましょう。査定額の差は【65万円】となる事もあります。→そんなに違うの?買取り額の【差額事例集】

kantan_kuruma_kekka3

かんたん査定ガイドなら数項目の入力が完了すると、上の画像のようにすぐに相場がわかります。→愛車の買取り相場をすぐに見る 下取り査定を受ける前に、まずは愛車の買い取り相場を調べておきましょう。

btn_8190_600x100

新車ではなく未使用車という選択も

新車だと「予算が厳しい…」「納期が間に合わない」。そんな方には未使用車や低走行車もおススメ。ディーラーが営業ノルマの為に登録した未使用車や低走行の試乗車など、新車同様の車両が毎月たくさん出回ります。

ズバット車販売は、お買い得な車両をネット申込みだけで探してくれるサービスです。「安く買いたいけど探す時間が…」という方におすすめです。→公式サイトで詳しく

タント
スポンサーリンク
シェアする
びぃくるずをフォローする
びぃくるず-自動車