新型タントのインテリア(内装/収納)やシートアレンジを写真付きで解説

タントXターボ インパネ

2019年7月にフルモデルチェンジを実施し4代目となった新型タント/タントカスタム。広い室内と大きく開くミラクルオープンドアで人気モデルとなっています。

ここではそんな大人気モデルの新型タント/タントカスタムのインテリア(内装/収納)やシートアレンジを解説していきます。

タントのインパネ

タント(標準モデル)のインパネ

タント(標準モデル)のインパネはグレーを基調として、助手席前のインパネトレイとドア部分を明るいグレーでコーディネートしています。

タントX インパネ

また、ボディーカラーが明るい系統(ブルーミングピンクメタリック・マスタードイエローマイカメタリック・アイスグリーン)は、エアコン吹き出し口とダッシュボードのストライプがペパーミントグリーンとなり、ポップな印象を強めています。

タントX インパネ

タントカスタムのインパネ

タント カスタムRS インパネ

タントカスタムのインパネは標準モデルよりも全体の色調が黒めで、助手席前のインパネトレイとドア部分のアクセントはブラックになります。エアコン吹き出し口とダッシュボードのストライプがネイビーになります。

タントのシート

タントのシートは3種類となっています。

タント(標準モデル)のシート

タントXターボ シート

標準モデルはザックリとした明るいトーンのファブリックシートで、撥水加工が施されています。

タントカスタムLのシート

タント カスタムL シート

タントカスタムLのシートはブラックのファブリックシートです。

タントカスタムRS/タントカスタムXのシート

タント カスタムRS シート

タントカスタムRSとタントカスタムXは座面が目の細かいファブリック、サイドサポート部分にはソフトレザーを用いたブラックのシートとなり、上級感を演出しています。

タントの荷室

タントの荷室:開口部

ダイハツ タント パッケージング

タントの荷室は開口幅1,007㎜、開口高1,061㎜となっており、背が高くスクエアなタントならではの広さとなっています。荷室フロア高580㎜で男性の膝くらいの高さなので重い荷物も高い位置まで持ち上げることなく積みやすい高さです(グレードにより若干異なります)。

タントの荷室:奥行き

ダイハツ タント シートアレンジ<リヤシート左右分割ロングスライド>

後席を広く取ったパッケージングの為、タントの荷室は後席シートを後ろにしている場合の奥行はミニマムで、ちょうどティッシュボックスの長辺程度となります。

スーパーの荷物が丁度収まる程度ですが、タントL・タントカスタムL以外のグレードは左右独立して後席シートが240mmのロングスライド機構が付いていますので荷物に合わせて荷室を拡大する事が出来ます。

タントのシートアレンジ

リビングモード

ダイハツ タント シートアレンジ<リヤシート左右分割リクライニング>

タントのシートアレンジは多彩で、フロントシートのヘッドレストを外せば、後席とフラットにしてリビングのように足を延ばしてくつろぐ事が出来ます。

長尺積載モード

ダイハツ タント シートアレンジ<助手席フルフラット機構>

左右分割でのシートアレンジを活用して、2名乗車と長い荷物を載せる事が出来ます。写真のようにホームセンターでフロアマットを購入した際などに活躍しそうです。

後席ラゲッジモード

ダイハツ タント シートアレンジ<リヤシート左右分割ワンモーション格納>

後席を折りたたむと写真のように26インチの自転車を収納できます。子供用の自転車を自転車量販店で購入したり、修理に持って行ったりと、自転車を車に積めるメリットは大きいと言えます。

タントの収納

日常生活の足として活躍すべく改良を繰り返しているタントですので、新型タントも各所の収納スペースが充実しています。

大型インパネトレイ(助手席)

ダイハツ タント 大型インパネトレイ(助手席)

グローブボックス

ダイハツ タント グローブボックス

カップホルダー(運転席)

ダイハツ タント カップホルダー(運転席)

カップホルダー(助手席)

ダイハツ タント カップホルダー(助手席)

ドアポケット&ボトルホルダー(前席)

ダイハツ タント 後席クォータートレイ&ボトルホルダー

プルハンドル(前席)

ダイハツ タント プルハンドル(前席)

後席クォータートレイ&ボトルホルダー

ダイハツ タント 後席クォータートレイ&ボトルホルダー

シートバックポケット(運転席)

ダイハツ タント シートバックポケット(運転席)

格納式シートバックテーブル

テーブル使用例1

ダイハツ タント 格納式シートバックテーブル<テーブル使用時>

タントの格納式シートバックテーブルは、角の形状がひと工夫されており、軽い荷物を掛けておくことができます。

テーブル使用例1

ダイハツ タント 格納式シートバックテーブル<テーブル使用時>

ドリンクホルダーのサイズも大きく500㎜の牛乳パックが収まる大きさです。コンビニでお買い得感のある500mmサイズのドリンク収納に対応しているあたり、開発に主婦の目線がしっかりと取り入れられている印象があります。

テーブル格納時

ダイハツ タント 格納式シートバックテーブル<テーブル格納時>

テーブル格納時にも荷物を掛けられる形状となっています。タントの開発は細部までこだわって行われた事がこういった細かい部分でわかります。

ダイハツ タント/カスタムの購入を検討中なら、こちらもチェック!

車の買い替え前には、必ず一括査定で査定額を把握!

車の買い替えに焦りは禁物です。愛車の査定相場を把握せずに商談に入ると、安く提示された下取り額に対し判断が出来ず大きな損をする事に…。

まずは「ナビクル」など、ネットの一括査定サービスを利用しましょう。査定額の差は【18万円】となる事もあります。→そんなに違うの?買取り額の【差額事例集】

ナビクル

「ナビクル」なら数項目の入力が完了すると、上の画像のようにすぐに相場がわかります。→愛車の買取り相場をすぐに見る 下取り査定を受ける前に、まずは愛車の買い取り相場を調べておきましょう。

btn_8190_600x100

新車ではなく未使用車という選択も

新車だと「予算が厳しい…」「納期が間に合わない」。そんな方には未使用車や低走行車もおススメ。ディーラーが営業ノルマの為に登録した未使用車や低走行の試乗車など、新車同様の車両が毎月たくさん出回ります。

ズバット車販売は、お買い得な車両をネット申込みだけで探してくれるサービスです。「安く買いたいけど探す時間が…」という方におすすめです。→公式サイトで詳しく

タント
スポンサーリンク
シェアする
ビークルズをフォローする
ビークルズ