アストンマーティン DBS V12 (2007-2012):35年ぶりにDBSの車名を冠した高性能GT

アストンマーティン DBS V12 (2007-2012)

イギリスの高級スポーツカーメーカーであるアストンマーティン・ラゴンダは、2007年8月に2+2シーター仕様の新型グランツーリスモ「DBS V12」を発表しました。DBSの車名を冠するモデルとしては35年ぶりのリリースで、既存のフラッグシップモデル「DB9」とレーシングカー「DBR9」を融合した高性能モデルと位置付けられました。

カーボン素材の多用により軽量化

アストンマーティン DBS V12 (2007-2012)

カーボンファイバー素材の多用により軽量化が図られたボディのバリエーションは、当初はフィクスドヘッドの2ドアクーペのみの設定でした。エクステリアは、DB9/DBR9の流れを汲む流麗かつエアロダイナミックなフォルムが採用されました。ボディサイズは全長4,721mm×全幅1,905mm×全高1,280mmで、DB9から若干拡大されていました。

アストンマーティン DBS V12 (2007-2012)

ホイールベースは同一の2,740mmで、車両重量は15kg軽い1,695kgに抑えられていました。駆動方式はFRを踏襲し、エンジンはDB9譲りの5.9L V12DOHCをベースにチューンナップを図ったものが搭載されました。アウトプットは最高出力517ps/6,500rpm・最大トルク58.1gm/5,750rpmで、DB9から61psの出力向上を果たしていました(※最大トルクは同一)。

アストンマーティン DBS V12 (007 慰めの報酬 2008)

トランスミッションはDB9同様に6速MTと6速トルコン式AT「タッチトロニック」が設定され、前者を選んだ場合のパフォーマンスは最高速度302km/h・0-100km/h加速4.3sでした。この数値は、DB9の6速MT仕様と比較すると最高速度で2km/h勝り、0-100km/h加速タイムは0.6s短縮されていました。サスペンション形式は、DB9と同様の4輪ダブルウィッシュボーン式が踏襲されました。

アストンマーティン DBS V12 (007 慰めの報酬 2008)

また、4輪ベンチレーテッド・ディスク式を踏襲するブレーキは、ディスクローター径がフロントは355mm→398mmに、リアは330mm→360mmに拡大されていました。ホイール&タイヤは、フロントが8.5J×20インチホイール+245/35×20タイヤ、リアが11J×20インチホイール+295/30×20タイヤの組み合わせで、DB9からワイド&大径化が図られていました。

映画「007 慰めの報酬」アストンマーティン DBS V12登場シーン

Aston Martin DBS from "Quantum of Solace"

コンバーチブルや特別仕様車を追加

アストンマーティン DBS V12 (2007-2012)

また、タイヤの銘柄は「ピレリPゼロ」が採用されました。その後2009年に、2ドア・ソフトトップコンバーチブルの「DBSヴォランテ」が追加されました。ボディサイズはクーペと同一で、パワートレインも共通でした。次いで2010年、特別仕様車として専用の内外装色が備わる「カーボンブラックエディション」および「UB-2010リミテッド」がリリースされました。

アストンマーティン DBS Volante 2009

さらに2011年9月のフランクフルトショーにおいて、カーボン製の専用内外装パーツや手の込んだ専用塗装が備わる「DBSカーボンエディション」が発表されました。そして2012年に後継モデル「ヴァンキッシュ」がデビューしたことにともない、生産終了となりました。

車の買い替え前には、必ず一括査定で査定額を把握!

車の買い替えに焦りは禁物です。愛車の査定相場を把握せずに商談に入ると、安く提示された下取り額に対し判断が出来ず大きな損をする事に…。

まずは「ナビクル」など、ネットの一括査定サービスを利用しましょう。査定額の差は【18万円】となる事もあります。→そんなに違うの?買取り額の【差額事例集】

ナビクル

「ナビクル」なら数項目の入力が完了すると、上の画像のようにすぐに相場がわかります。→愛車の買取り相場をすぐに見る 下取り査定を受ける前に、まずは愛車の買い取り相場を調べておきましょう。

btn_8190_600x100

新車ではなく未使用車という選択も

新車だと「予算が厳しい…」「納期が間に合わない」。そんな方には未使用車や低走行車もおススメ。ディーラーが営業ノルマの為に登録した未使用車や低走行の試乗車など、新車同様の車両が毎月たくさん出回ります。

ズバット車販売は、お買い得な車両をネット申込みだけで探してくれるサービスです。「安く買いたいけど探す時間が…」という方におすすめです。→公式サイトで詳しく

アストンマーティン 時代を彩った名車と迷車
スポンサーリンク
シェアする
ビークルズをフォローする
ビークルズ