ホンダ シビック (2代目 1979-1983):多彩なバリエーションが魅力のスーパーシビック [SL/SS/SR/ST/VC/WD]

ホンダ シビック 3Drハッチバック 1979

ホンダ シビック 3Drハッチバック 1979

1972年に本田技研工業初の本格的な世界戦略車としてデビューしたコンパクトカー「シビック」は、1979年7月に7年ぶりのフルモデルチェジを受け、通称「スーパーシビック」と呼ばれる2代目モデルに移行しました。先代から基本コンセプトを受け継ぎながら、居住性や経済性、走行性能など総合性能に磨きが掛けられたモデルとなりました。

まずはハッチバックから

ボディタイプは、まず3ドアハッチバック/5ドアハッチバックの2タイプがリリースされました。スタイリングは、先代のイメージを受け継ぎながらもより引き締まったフォルムとなった他、空力特性改善にも注力されました。ボディサイズは全長3,760~3,870mm×全幅1,580mm×全高1,350mmで、先代から一回り拡大されました。又、ホイールベースも先代より長い2,250~2,320mmに設定されました。

ホンダ シビック 3Drハッチバック 1979

ホンダ シビック 3Drハッチバック 1979

サスペンションは形式こそ先代同様の4輪ストラット式ながら、新設計されたものが採用されました。駆動方式はFFを踏襲し、エンジンは1.3L直4SOHC CVCC仕様のEJ型(最高出力68ps/最大トルク10kgm)と、新開発された1.5L直4SOHC 新CVCC仕様のEM型(最高出力80ps・85ps/最大トルク12.3kgm)が用意されました。

ホンダ シビック 3Drハッチバック 1979

ホンダ シビック 3Drハッチバック 1979

トランスミッションは、それぞれに4速/5速MTと2速トルコン式AT「ホンダマチック」が設定されました。インテリアは、クリフカットのインパネや一眼メーターの採用などによりイメージが一新されました。当初のグレード体系は、下から1.3LがSE/GL(3ドアのみ)/GF(5ドアのみ)/LX、1.5L 80ps仕様がSE/CE(3ドアのみ)/CF(5ドアのみ)、同85ps仕様がCX(3ドアのみ)のラインナップでした。

ホンダ シビックのCM

スーパーシビック前期CM

バン/ワゴン/セダンを相次いで追加

ホンダ シビック 5Drハッチバック 1979

ホンダ シビック 5Drハッチバック 1979

そして同年9月、5ドアバンがフルモデルチェンジを受けラインナップに加わりました。ボディサイズは全長3,995mm、全高1,385mmとハッチバックより一回り大きく、リアサスペンションにはリジッド・リーフ式が、エンジンはEJ型(最高出力70ps/最大トルク10.7kgm)が採用されました。更に翌1981年1月には、バンをベースとしたステーションワゴン「カントリー」が追加されました。

ホンダ シビック カントリー 1980

ホンダ シビック カントリー 1980

バンから全長が90mm延長されると共に木目調の加飾が施されたボディに、80ps仕様のEM型エンジンが搭載されました。次いで同年6月、ハッチバック1.3L車のエンジンが改良型のCVCC-Ⅱ仕様(最高出力72ps/最大トルク11kgm)に置換されると共に、ATがOD付き3速にアップグレードされました。同時に、最上級グレードLXは廃止されました。

ホンダ シビック セダン 1979

ホンダ シビック セダン 1979

追って翌7月にはハッチバック1.5L車及びカントリーのエンジンもCVCC-Ⅱ仕様(スペックは変更なし)に置換されると共に、同じくATがOD付き3速に変更されました。同時に装備の充実化が図られた他ハッチバックのグレード体系が変更され、3ドアはGL/CE/CX、5ドアはGF/CF/EXのラインナップとなりました。

ホンダ シビック カントリー 1980

ホンダ シビック カントリー 1980

更に同年9月、全長4,090mmの3ボックス型ボディを持つ4ドアセダンがラインナップに加わりました。エンジンはEM型80ps仕様が搭載され、CL/CF/EXの3グレードが用意されました。同時に、3ドアハッチバックにサンルーフが装備される最上級グレードCX-Sが追加されました。次いで1981年10月のマイナーチェンジで、内外装デザインの変更などが実施されました。

ホンダ シビック カントリー 1980

ホンダ シビック カントリー 1980

続いて1982年9月に再度のマイナーチェンジが実施された後、1983年2月のフルモデルチェンジにより3代目モデルに移行しました。

先代モデル:初代シビック

ホンダ シビック (初代 SB1 1972-1979):ホンダ車で初めて世界的な人気を獲得
初代「ホンダ・シビック(SB1型)」は、1972年に「ライフ」等の軽自動車と「1300」の間を埋める車種として登...

後継モデル:3代目シビック

ホンダ シビック (3代目 1983-1987):切り落としたようなリアが印象的だったワンダーシビック [AG/AH/AJ/AK/AT]
1972年に本田技研工業初の本格的な世界戦略車としてデビューしたコンパクトカー「シビック」は、1983年9月に4...

ホンダ車を購入検討中なら、こちらもチェック!

ホンダ 新型フィット 購入ガイド 値引き/納期/リセールバリュー/長所短所を総合評価
ホンダ 新型フィット/フィット ハイブリッドの新車購入に必要な情報を完全ガイド。新型フィットの値引き情報や納期、見積...
新型シビック購入ガイド 値引き/納期/リセールバリュー/長所短所を総合評価
(2020年1月2日更新) ホンダ 新型シビックの新車購入に必要な情報を完全ガイド。新型シビックの値引き情報や...
ホンダ 新型シャトル/ハイブリッド値引き相場2020年1月-納期/実燃費/価格の評価
ホンダ 新型シャトル/ハイブリッドの目標値引き額は? (2020年1月2日更新) ホンダのコンパクトワゴン「...

車の買い替え前には、必ず一括査定で査定額を把握!

車の買い替えに焦りは禁物です。愛車の査定相場を把握せずに商談に入ると、安く提示された下取り額に対し判断が出来ず大きな損をする事に…。

まずはかんたん査定ガイドなど、ネットの一括査定サービスを利用しましょう。査定額の差は【65万円】となる事もあります。→そんなに違うの?買取り額の【差額事例集】

kantan_kuruma_kekka3

かんたん査定ガイドなら数項目の入力が完了すると、上の画像のようにすぐに相場がわかります。→愛車の買取り相場をすぐに見る 下取り査定を受ける前に、まずは愛車の買い取り相場を調べておきましょう。

btn_8190_600x100

新車ではなく未使用車という選択も

新車だと「予算が厳しい…」「納期が間に合わない」。そんな方には未使用車や低走行車もおススメ。ディーラーが営業ノルマの為に登録した未使用車や低走行の試乗車など、新車同様の車両が毎月たくさん出回ります。

ズバット車販売は、お買い得な車両をネット申込みだけで探してくれるサービスです。「安く買いたいけど探す時間が…」という方におすすめです。→公式サイトで詳しく

シビック 時代を彩った名車と迷車
スポンサーリンク
シェアする
びぃくるずをフォローする
びぃくるず-自動車