ダイハツ ムーヴ/タントをマイナーチェンジ「スマートアシストⅡ」採用

ダイハツ タント スマートアシストⅡイメージ 2015

ダイハツ工業株式会社は、一部改良した軽乗用車「ムーヴ」「タント」を本日発表し、2015年5月11日(月)から全国一斉に発売する。

今回の一部改良では、ムーヴ、タント共に衝突回避支援システム「スマートアシストⅡ」を採用。60万台を越える販売を達成し、衝突回避支援システムとして軽自動車No.1の販売を誇る「スマートアシスト」のさらなる性能向上を図るため「カメラ」を新搭載することで、新機能の追加と、従来機能の性能向上を実現しながら、これらの先進デバイスをお求めやすい価格設定とした。

衝突警報機能(対歩行者)や車線逸脱警報機能を追加

進化したスマートアシストⅡでは、新機能となる「衝突警報機能(対歩行者)」や「車線逸脱警報機能」を追加。さらに衝突回避支援ブレーキ機能の作動速度を約4~50km/h※2に拡大するなど、従来の機能も性能向上した。

また、タントは2014年度の軽自動車新車販売台数でNo.1になったことを記念して、好評のトップエディションにLEDフォグランプや専用14インチアルミホイール※3などを装備し魅力向上を図った。その他 パワースライドドアにワンタッチオープン機能の追加や、VSC&TRC※4を全車標準装備とするなど、使い勝手の良さと基本性能をさらに磨き上げた。

※1:2015年3月現在。ダイハツ調べ
※2:前方車両との速度差約30km/h 以内で作動
※3:カスタムX“トップエディションSAⅡ”に標準装備
※4:“VSC”“TRC”はトヨタ自動車株式会社の登録商標。(使用許諾済)

マイナーチェンジの概要

衝突回避支援システム「スマートアシストⅡ」の採用

従来のスマートアシストで搭載していた「レーザーレーダー、ソナーセンサー」に加え、
「カメラ」を新搭載し、機能追加や性能向上を実現。

ダイハツ タント レーザーレーダーセンサー 2015

ダイハツ タント ソナーセンサー 2015

ダイハツ タント 単眼カメラ 2015

機能追加

  • 衝突警報機能(対歩行者)
    約4~50km/h で走行中、前方に歩行者を認識し、衝突の危険性があると判断した場合に、ブザーとメーター内の警告灯でドライバーに危険を警告

ダイハツ タント 衝突警報機能(対歩行者) 2015

  • 車線逸脱警報機能
    約60km/h 以上で走行中に、ウィンカーを出さずに、走行している車線から車両がはみ出しそうになると、ブザーとメーター内の警告灯でドライバーに危険を警告

ダイハツ タント 車線逸脱警報 2015

性能向上

  • 衝突回避支援ブレーキ機能
    従来は、約4~30km/h で走行中に前方車両を認識し、衝突の危険性が高まった場合に、緊急ブレーキが作動することで、被害軽減や衝突回避を支援
    今回は、約4~50km/h で走行中に前方車両を認識し(速度差約30km/h 以内で作動)、衝突の危険性が高まった場合に、緊急ブレーキが作動し、被害軽減や衝突回避を支援
  • 衝突警報機能(対車両)
    従来は約4~30km/h で走行中に前方の車両を認識していたが、スマートアシストⅡでは、約4~100km/h での走行中に前方の車両を認識し(速度差約60km/h 以内で作動)、衝突の危険性があると判断した場合に、ブザーとメーター内の警告灯でドライバーに危険を警告

ダイハツ タント 衝突警報機能(対車両) 2015

タントの使い勝手の良さや外観魅力を向上

ダイハツ タント パッケージング図解 2015

  • パワースライドドアにワンタッチオープン機能を追加し、ミラクルオープンドアの使い勝手の良さをさらに向上
  • VSC&TRCを全車標準装備化することで、安全性を向上
  • LEDヘッドランプをメーカーオプションで設定(X、Xターボ、G(いずれもSAⅡを含む)に設定)
  • トップエディション全車にLEDフォグランプを採用
  • カスタムX“トップエディションSAⅡ”のアルミホイール意匠を刷新
  • ディープブルークリスタルマイカやシルキーグリーンパールなど新色5色を追加し、カラーバリエーションを充実

ダイハツ タント/カスタムの購入を検討中なら、こちらもチェック!

タントの下取り、買取り査定相場を知りたいなら

ダイハツ タント/カスタム買取り/下取り査定価格相場-2017年版
タント/カスタムの正確な買取り査定価格をすぐ知りたいなら パソコン、スマートフォンからすぐに出来る一括査定サー...

車の買い替え前には、必ず一括査定で査定額を把握!

車の買い替えに焦りは禁物です。愛車の査定相場を把握せずに商談に入ると、安く提示された下取り額に対し判断が出来ず大きな損をする事に…。

まずはかんたん査定ガイドなど、ネットの一括査定サービスを利用しましょう。査定額の差は【65万円】となる事もあります。→そんなに違うの?買取り額の【差額事例集】

kantan_kuruma_kekka3

かんたん査定ガイドなら数項目の入力が完了すると、上の画像のようにすぐに相場がわかります。→愛車の買取り相場をすぐに見る 下取り査定を受ける前に、まずは愛車の買い取り相場を調べておきましょう。

btn_8190_600x100

新車ではなく未使用車という選択も

新車だと「予算が厳しい…」「納期が間に合わない」。そんな方には未使用車や低走行車もおススメ。ディーラーが営業ノルマの為に登録した未使用車や低走行の試乗車など、新車同様の車両が毎月たくさん出回ります。

ズバット車販売は、お買い得な車両をネット申込みだけで探してくれるサービスです。「安く買いたいけど探す時間が…」という方におすすめです。→公式サイトで詳しく

タント ムーヴ
スポンサーリンク
シェアする
びぃくるずをフォローする
びぃくるず