ダイハツ タントをマイナーチェンジ 「パノラマモニター」を採用

ダイハツ X”リミテッド SAⅢ” 2017

ダイハツ工業は、軽乗用車「タント」および軽福祉車両「タント スローパー」(車いす移動車)、「タント ウェルカムシート」(昇降シート車)を一部改良し、2017年12月18日(月)から全国一斉に発売する。

また「タント」には新たに特別仕様車「タント X“リミテッドSAⅢ”」、「タント カスタムX“トップエディションリミテッドSAⅢ”」を追加。

クルマを真上から見ているような映像をナビ画面に映し出す「パノラマモニター」を採用

「タント」は、モアスペース系の軽乗用車として、2003年の発売以来、累計200万台以上を販売し、子育てファミリーを中心に幅広くご好評いただいているダイハツ基幹車種の一つである。現在販売しているモデルは2013年10月に発売した3代目であり、2016年11月に実施した一部改良では、衝突回避支援システム「スマートアシストⅢ」をダイハツとして初めて採用した。

今回の一部改良では、「タント」「タント スローパー」「タント ウェルカムシート」に共通して、4箇所のカメラにより車両の前後左右を映すことで、クルマを真上から見ているような映像をナビ画面に映し出す「パノラマモニター」を採用し、安全性能を向上させた。

また「タント」には新たに特別仕様車として「タント X“リミテッド SAⅢ”」、「タント カスタム X“トップエディションリミテッド SAⅢ”」を追加。両側パワースライドドアやパノラマモニター、LED ヘッドランプを装備しながら、お買い得な価格設定としている。

ダイハツ タント/カスタムの購入を検討中なら、こちらもチェック!

タントの下取り、買取り査定相場を知りたいなら

ダイハツ タント/カスタム買取り/下取り査定価格相場-2017年版
タント/カスタムの正確な買取り査定価格をすぐ知りたいなら パソコン、スマートフォンからすぐに出来る一括査定サー...

車の買い替え前には、必ず一括査定で査定額を把握!

車の買い替えに焦りは禁物です。愛車の査定相場を把握せずに商談に入ると、安く提示された下取り額に対し判断が出来ず大きな損をする事に…。

まずはかんたん査定ガイドなど、ネットの一括査定サービスを利用しましょう。査定額の差は【65万円】となる事もあります。→そんなに違うの?買取り額の【差額事例集】

kantan_kuruma_kekka3

かんたん査定ガイドなら数項目の入力が完了すると、上の画像のようにすぐに相場がわかります。→愛車の買取り相場をすぐに見る 下取り査定を受ける前に、まずは愛車の買い取り相場を調べておきましょう。

btn_8190_600x100

新車ではなく未使用車という選択も

新車だと「予算が厳しい…」「納期が間に合わない」。そんな方には未使用車や低走行車もおススメ。ディーラーが営業ノルマの為に登録した未使用車や低走行の試乗車など、新車同様の車両が毎月たくさん出回ります。

ズバット車販売は、お買い得な車両をネット申込みだけで探してくれるサービスです。「安く買いたいけど探す時間が…」という方におすすめです。→公式サイトで詳しく

タント
スポンサーリンク
シェアする
びぃくるずをフォローする
びぃくるず