タント特別仕様車 X“リミテッドSAⅢ”/カスタムX“トップエディションリミテッドSAⅢ” (2017/12 LA600S/610S)

ダイハツ カスタム X”トップエディションリミテッド SAⅢ” 2017

ダイハツ工業は、軽乗用車「タント」および軽福祉車両「タント スローパー」(車いす移動車)、「タント ウェルカムシート」(昇降シート車)をし、2017年12月18日(月)から全国一斉に発売する。

タント マイナーチェンジ (2017/12) パノラマモニター採用 [LA600S/610S]
ダイハツ工業は、軽乗用車「タント」および軽福祉車両「タント スローパー」(車いす移動車)、「タント ウェルカムシ...

また「タント」には新たに特別仕様車として「タント X“リミテッドSAⅢ”」、「タント カスタムX“トップエディションリミテッドSAⅢ”」を追加。

新車購入ガイド:【2022最新】タントの値引き 納期 乗り出し価格

スポンサーリンク
車の買い替えを考え始めたら、下取り査定を受ける前にクルマの値段を把握しましょう。「ナビクル」などのWEBサービスなら、スマホやPCから簡単な入力で手軽に査定額がわかります。

特別仕様車「タント X“リミテッドSAⅢ”」、「タント カスタムX“トップエディションリミテッドSAⅢ”」の概要

ダイハツ X”リミテッド SAⅢ” 2017

また「タント」には新たに特別仕様車として「タント X“リミテッドSAⅢ”」、「タント カスタムX“トップエディションリミテッドSAⅢ”」を追加。両側パワースライドドア※1やパノラマモニター、LED ヘッドランプ※2を装備しながら、お買い得な価格設定としている。

ダイハツ タント カスタム 2017

※1:左側(助手席側)パワースライドドアについては、ベースグレードとなる「タント カスタムX“トップエディションSAⅢ”」「タント X“SAⅢ”」でも標準装備

※2:「タント カスタムX“トップエディションリミテッドSAⅢ”」のLED ヘッドランプについては、ベースグレードとなる「タント カスタムX“トップエディションSAⅢ”」でも標準装備

車の買い替え前には、必ず一括査定で査定額を把握!

車の買い替えに焦りは禁物です。愛車の査定相場を把握せずに商談に入ると、安く提示された下取り額に対し判断が出来ず大きな損をする事に…。

まずは「ナビクル」など、ネットの一括査定サービスを利用しましょう。査定額の差は【18万円】となる事もあります。→そんなに違うの?買取り額の【差額事例集】

ナビクル

「ナビクル」なら数項目の入力が完了すると、上の画像のようにすぐに相場がわかります。→愛車の買取り相場をすぐに見る 下取り査定を受ける前に、まずは愛車の買い取り相場を調べておきましょう。

btn_8190_600x100

新車ではなく未使用車という選択も

新車だと「予算が厳しい…」「納期が間に合わない」。そんな方には未使用車や低走行車もおススメ。ディーラーが営業ノルマの為に登録した未使用車や低走行の試乗車など、新車同様の車両が毎月たくさん出回ります。

ズバット車販売は、お買い得な車両をネット申込みだけで探してくれるサービスです。「安く買いたいけど探す時間が…」という方におすすめです。→公式サイトで詳しく

タント特別仕様車
スポンサーリンク
シェアする
ビークルズをフォローする
ビークルズ