ダイハツ ムーヴカスタムRS (4代目 2006-2010)の口コミ評価:新車購入インプレッション

ダイハツ・ムーヴカスタム(L175)を新車で車両価格150万円、塗装面コーティングなどを施工してもらって、コミコミで200万円超えで購入しました。グレードは最上級のRSです。このグレードにしたのは、ステアリングスイッチが付いているのがRSだけだったからです。それと、このグレードならではと言うのは16インチアルミホイールが標準で付いています。

新車購入ガイド:【2022最新】ムーヴの値引き 納期 乗り出し価格

スポンサーリンク
車の買い替えを考え始めたら、下取り査定を受ける前にクルマの値段を把握しましょう。「ナビクル」などのWEBサービスなら、スマホやPCから簡単な入力で手軽に査定額がわかります。

ターボはアクセルのレスポンスも良い

最初は気に入っていたのですが、いざタイヤ交換と言う時になかなかこのサイズのタイヤが無く自分の好きなメーカーの物を履く事が出来なかった為、量販店で15インチのホイールに交換して、タイヤは自分の好きなヨコハマのブルーアースAE-01を購入しました。この車の後に発売される軽自動車で16インチのホイールを標準で装備した車種は皆無なので、その当たりを考慮しているのでしょう。

エンジンはターボで64馬力なので、もたつかずアクセルのレスポンスも良いです。燃費は1年間の平均はリッター14.5Kmぐらいです。エアコンを付けると、10キロを切ります。カタログ値はリッター21kmだったので16~17キロを期待していたのですが、ちょっと残念な結果でした。足周りは結構固めでふんばりがきくので、安心してステアリングをきれます。

新車購入ガイド:【2022最新】ムーヴキャンバスの値引き 納期 乗り出し価格

後部座席はお尻が痛くなりそう

シートはカスタム以外の街乗り用に作られているムーヴに比べ、遠出を意識した設計で前席は少し硬めです。後部座席は、軽としてはかなり硬くて長く座っているとお尻が痛くなりそうです。私の車ならではという点は、ディーラーオプションであるフロントスポイラーを付けました。カスタム系全グレードを含めて、このオプションを付けているのを見たことがありません。私は気に入っているのですが、人気がなかったのですね。

思い出としては、私は栃木県在住なのですが、よく朝6時頃茨城県の大洗まで水戸街道を走ってドライブに行きました。目的の海岸に着いても写真を何枚か撮っただけで休憩もせず、とんぼがえりして午前中には家に着いていました。午後は潮風にあたった事を気にして洗車をしました。それから、代々木体育館まで友達とコンサートを観に行った事もあります。

帰りは夜中になってしまい、雨の中高速道路を走りましたが、純正ディスチャージのおかげで視界も明るく、法定速度で無事帰宅する事が出来ました。遠出用のシートの為、疲れも無かった事を覚えています。この時の燃費は、カタログ値を大きく上回りリッター24kmを超えました。買う時に一切妥協しなかったので7年経った今でも飽きる事なく、新鮮な気持ちで走っています。

新車購入ガイド:【2022最新】タフトの値引き 納期 乗り出し価格

車の買い替え前には、必ず一括査定で査定額を把握!

車の買い替えに焦りは禁物です。愛車の査定相場を把握せずに商談に入ると、安く提示された下取り額に対し判断が出来ず大きな損をする事に…。

まずは「ナビクル」など、ネットの一括査定サービスを利用しましょう。査定額の差は【18万円】となる事もあります。→そんなに違うの?買取り額の【差額事例集】

ナビクル

「ナビクル」なら数項目の入力が完了すると、上の画像のようにすぐに相場がわかります。→愛車の買取り相場をすぐに見る 下取り査定を受ける前に、まずは愛車の買い取り相場を調べておきましょう。

btn_8190_600x100

新車ではなく未使用車という選択も

新車だと「予算が厳しい…」「納期が間に合わない」。そんな方には未使用車や低走行車もおススメ。ディーラーが営業ノルマの為に登録した未使用車や低走行の試乗車など、新車同様の車両が毎月たくさん出回ります。

ズバット車販売は、お買い得な車両をネット申込みだけで探してくれるサービスです。「安く買いたいけど探す時間が…」という方におすすめです。→公式サイトで詳しく

ムーヴ
スポンサーリンク
シェアする
ビークルズをフォローする
ビークルズ