ダイハツ 4代目となる新型タント発売

タント(マスタードイエローマイカメタリック)

ダイハツは、軽ハイトワゴン「タント」のフルモデルチェンジを実施、新型タントは4代目となり、2019年7月9日から発売した。

初代タントは2003年に登場

初代ダイハツ タント 2003

「タント」は2003年の発売以来、室内空間の広さと使い勝手の良さにより、スーパーハイト系という軽自動車の新市場を開拓。2代目タントは軽自動車初のピラーインドア「ミラクルオープンドア」を実現、2013年に発売した3代目では両側パワースライドドアを採用、室内の広い軽自動車の代名詞的存在となり、ダイハツの基幹車種となった。

「新時代のライフパートナー」がキーワード

タント カスタムRS(シャイニングホワイトパール)

4代目となる新型「タント」は、「新時代のライフパートナー」をキーワードに、幅広い世代のニーズに応えるべく、良品廉価な商品をコンセプトとしている。従来のタント同様に室内空間の広さに加え、「ミラクルオープンドア」を生かした新しい使い方「ミラクルウォークスルーパッケージ」を実現、使い勝手の良さをさらに向上させている。さらに「次世代スマートアシスト」として、充実した先進・安全装備を採用、大幅に機能と性能をの向上を図っている。

ダイハツ タント

新型タントはDNGAの第一弾モデル

新プラットフォーム(全体)

また新型「タント」は、ダイハツの新世代のクルマづくり「DNGA(Daihatsu New Global
Architecture)」による第一弾商品となっている。サスペンションや骨格の部品配置をゼロベースで再構築したプラットフォームを新開発。世界初となるスプリットギヤを用いた新技術を採用した新CVTや大幅改良したエンジンなどのパワートレーンを含め、すべての機構を一新、基本性能を大幅に向上させている。

新型タントの特長

  1. ミラクルウォークスルーパッケージによる革新的な「使い勝手の良さ」
  2. 次世代スマートアシストにより進化した「先進・安全技術」
  3. DNGAによる新開発のプラットフォームで実現した「高い基本性能」
  4. 幅広いお客様にご好評いただける「洗練されたデザイン」
  5. 軽自動車にふさわしい「お求めやすい価格」
  6. 新商品の追加と進化した福祉車両「フレンドシップシリーズ」

新型タントの価格

グレード エンジン 駆動 税込価格(円)
タントL(スマートアシスト非装着車) 自然吸気 2WD 1,220,400
4WD 1,344,600
タントL 2WD 1,306,800
4WD 1,431,000
タントX 2WD 1,463,400
4WD 1,587,600
タントX ターボ ターボ 2WD 1,560,600
4WD 1,684,800
タントカスタム L 自然吸気 2WD 1,549,800
4WD 1,674,000
タントカスタム X 2WD 1,668,600
4WD 1,792,800
タントカスタム RS ターボ 2WD 1,749,600
4WD 1,873,800

ダイハツ タント/カスタムの購入を検討中なら、こちらもチェック!

車の買い替え前には、必ず一括査定で査定額を把握!

車の買い替えに焦りは禁物です。愛車の査定相場を把握せずに商談に入ると、安く提示された下取り額に対し判断が出来ず大きな損をする事に…。

まずはかんたん査定ガイドなど、ネットの一括査定サービスを利用しましょう。査定額の差は【65万円】となる事もあります。→そんなに違うの?買取り額の【差額事例集】

kantan_kuruma_kekka3

かんたん査定ガイドなら数項目の入力が完了すると、上の画像のようにすぐに相場がわかります。→愛車の買取り相場をすぐに見る 下取り査定を受ける前に、まずは愛車の買い取り相場を調べておきましょう。

btn_8190_600x100

新車ではなく未使用車という選択も

新車だと「予算が厳しい…」「納期が間に合わない」。そんな方には未使用車や低走行車もおススメ。ディーラーが営業ノルマの為に登録した未使用車や低走行の試乗車など、新車同様の車両が毎月たくさん出回ります。

ズバット車販売は、お買い得な車両をネット申込みだけで探してくれるサービスです。「安く買いたいけど探す時間が…」という方におすすめです。→公式サイトで詳しく

タント
スポンサーリンク
シェアする
びぃくるずをフォローする
びぃくるず