カローラ/ツーリングをフルモデルチェンジ 1.2Lターボ/1.8L/1.8Lハイブリッドを設定

カローラ スポーツ HYBRID G“Z”(2WD)<オプション装着車>、カローラ ツーリング HYBRID W×B(2WD)<オプション装着車>、カローラ HYBRID W×B<オプション装着車>

トヨタは、カローラ(セダン)、カローラ ツーリング(ワゴン)を車名を変更しフルモデルチェンジ、また、カローラ スポーツ(ハッチバック)を一部改良し、2019年9月17日に発売した。

TNGAプラットフォームを採用しつつ、国内専用の設計に

昨年6月、新たなカローラシリーズの先鞭としてカローラ スポーツが発売。TNGAプラットフォームを採用し、デザインと走りが大きく生まれ変わった。今回セダンタイプのカローラ、ワゴンタイプのカローラ ツーリングを投入によって、生まれ変わったカローラシリーズを選択できるようになった。

月販目標台数は カローラ 1,700台、カローラ ツーリング 5,400台、カローラ スポーツ 2,300台となっている。

新型カローラ、カローラ ツーリングの概要

外観デザイン

トヨタ カローラ HYBRID W×B(2WD)(スパークリングブラックパールクリスタルシャイン)<オプション装着車>

  • TNGAプラットフォームの採用による低重心なシルエット
  • 前後のホイールフレアが張り出したダイナミックな造形でワイドなスタンスを強調
  • フロントは、大型台形のロアグリルフレームとメッシュグリルに統一し、力強くスポーティなデザイン

トヨタ カローラ フロントランプ

  • ヘッドランプは、光源をLED化し、フロントはラウンドを強めた一文字形状とすることで、スポーティでワイドな顔つきに、また、W×Bグレードについては、2連続させたJ字形状のクリアランスランプ&デイライトで昼夜を問わず横方向に伸びやかで鮮烈な印象を表現。カローラのリヤは、水平基調のリヤコンビネーションランプとし、ワイド感を強調

トヨタ カローラ リヤコンビネーションランプ

トヨタ カローラ ツーリング リヤコンビネーションランプ

  • カローラ ツーリングのサイドビューは、後方への抜けの良いサイドウインドウグラフィックとドアショルダー部で伸びやかさを表現
  • カローラ ツーリングは、樹脂バックドアを採用することで、立体的な造形を実現

外板色

トヨタ カローラ ツーリング HYBRID W×B(2WD)(スパークリングブラックパールクリスタルシャイン)<オプション装着車>

W×Bグレードには、スパークリングブラックパールクリスタルシャインを新規設定し全3色。ホイール、ミラーカバーなどにグレーメタリックをコーディネートしている。

S、G-Xグレードは、新規開発のセレスタイトグレーメタリックを加えた全7色としている。

内装デザイン

トヨタ カローラ HYBRID W×B(2WD)(内装色 : ブラック)

インストルメントパネルを、薄型・ワイド化し開放感を演出。部品の合わせや形状・質感の統一感など感性品質にもこだわっている。またAピラーの細形化と合わせて視界の良さも実現。

トヨタ カローラ HYBRID W×B(2WD)(内装色 : ブラック)

フロントシートは、スポーティシート(W×Bに標準)を採用し、座り心地向上と後席のニースペースを確保。カローラのW×Bグレードのリヤシートには、トランクスルーが可能な6:4分割可倒式を新規採用している。

トヨタ カローラ 6:4分割可倒式リヤシート(トランクスルー機能付)

トヨタ カローラ ツーリング リバーシブルデッキボード(二段式)〔上段ポジション〕

カローラ ツーリングには、リバーシブルデッキボードを設定し、荷室床面の高さを2段階に調節可能とした。上段にセットし、後席を倒せば長い荷物の積載に便利なフラットなスペースが生まれ、下段にセットすれば、背の高い荷物の積載が可能(スペアタイヤ・アクセサリーコンセント装着車、ハイブリッド4WD車は1段式のみ)。

トヨタ カローラ ツーリング リバーシブルデッキボード(二段式)〔上段ポジション・デッキボード裏面(樹脂製)〕

また、デッキボードの裏面は樹脂製とし、タフユースに対応。ワゴンとしての実用性を高めている。

トヨタ カローラ HYBRID W×B(2WD)(内装色 : ブラック/シート色 : ホワイト)

内装色は、カローラ、カローラ ツーリングのW×Bグレードにブラックとホワイトの2色、S、G-Xグレードには、シックなブラックを設定

パワートレイン

トヨタ カローラ ハイブリットシステム

ハイブリッド車とガソリンエンジンは、1.5Lから1.8Lに変更。ハイブリッド車にはE-Four(電気式4WDシステム)を設定し、スムーズに4WDに切り替えが可能となり、走行安定性と低燃費に貢献している。

マニュアル車には、1.2L 8NR-FTS(直噴ターボ)エンジンを設定している。

ボディー・足回り

TNGAプラットフォームを採用すると共に、運転中の目線の動き、旋回時の姿勢、ライントレース性などドライバーが感じる動きを解析。サスペンションを最適化することで、運転のしやすさをさらに追求している。

トヨタ カローラ マクファーソンストラット式フロントサスペンション

サスペンションは、フロントはマクファーソンストラット式、リヤはダブルウィッシュボーン式を採用し、路面をつかむような安定した走りを追求している。

トヨタ カローラ ダブルウッシュボーン式リヤサスペンション

ブレーキ制御により、内輪に制動力を付与し、コーナリングをアシストするACA制御(ACA : Active Cornering Assist)を採用

取り回しの易さに配慮した日本専用設計

トヨタ カローラ HYBRID W×B(2WD)(ホワイトパールクリスタルシャイン)<オプション装着車>

  • グローバルモデルとデザインコンセプトは統一しつつ、日本の道路環境での使い勝手の良さを実現するため、日本専用ボディを開発
  • グローバルモデルより、全長、全幅、ホイールベースを縮小しながらも、ダイナミックなデザインを実現
  • ドアミラーの取り付け位置を工夫することで、ミラー格納時の車幅は従来型と同等を実現

トヨタ カローラ 最小回転半径 HYBRID G-X(2WD)(15インチタイヤ装着車)

  • カローラの最小回転半径は、従来型と同等の5.0mを実現(G-Xグレード15インチタイヤ装着車。16、17インチタイヤ装着時は5.3m)
  • ドアの開口角度を工夫するなど、ドア開け幅は従来型と同等を確保

安全機能・装備

  • 自転車や夜間の歩行者検知が可能な、最新の予防安全パッケージ「Toyota Safety Sense」を標準装備
  • 駐車場など低速時に壁や車両を検知し、衝突被害の軽減に寄与するインテリジェントクリアランスソナー[パーキングサポートブレーキ(静止物)]を設定(W×B、Sに標準装備、G-Xにオプション)
  • 後方から接近してくる車両を検知し、衝突被害軽減に寄与する、リヤクロストラフィックオートブレーキ[パーキングサポートブレーキ(後方接近車両)]を設定(オプション。MT車はリヤクロストラフィックアラート+ブラインドスポットモニターをオプション設定)
  • 7つのSRSエアバッグ、全方位コンパティビリティボディ構造で、万が一の衝突安全への対応に貢献

コネクティッド

ディスプレイオーディオ

トヨタ カローラ ディスプレイオーディオ<9インチ : オプション>

国内トヨタブランドとして初めてディスプレイオーディオ(DA)を全車に標準装備。スマートフォンとの連携が可能となり、日常利用している地図アプリや音楽などをディスプレイで操作・利用が可能となった。

また、従来通りの車載用ナビ機能を利用する場合は、エントリーナビキットまたはT-Connectナビキットの2種類が選択可能

スマートフォンとの連携

Smart Device Link(SDL)では、スマートフォンをBluetoothとUSBケーブルで接続することで、TCスマホナビやLINEカーナビなどのナビアプリのほか、音楽・ラジオアプリなどをDA上で利用可能。また、音声認識で目的地設定やLINEのメッセージ送受信、音楽再生などが可能となっている。

Apple CarPlay/Android Autoは、スマートフォンをUSBケーブルで接続することで、マップ、電話、メッセージ、音楽アプリをDA上で利用可能(TVとセットオプション、契約時にT-Connect契約が必要)

DCM(Data Communication Module : 車載通信機)を標準装備しており、コネクティッドサービスを基本利用料5年間無料で利用することが可能(6年目以降は3,300円/年[税抜]または、300円/月[税抜])

ドアロックが遠隔操作できるリモート機能や、ハイブリッドナビなど、昨年発売したカローラ スポーツからさらにT-Connectサービスの機能範囲が拡大している。

新型カローラ、カローラ ツーリングの価格

カローラ

  エンジン トランスミッション 駆動 価格
(消費税10%込み)
G-X 2ZR-FAE
(1.8L)
Super CVT-i
[7速スポーツシーケンシャル
シフトマチック付]
2WD(FF) 1,936,000
S 2,139,500
W×B 2,315,500
8NR-FTS
(1.2Lターボ)
6速マニュアル[i-MT] 2,409,000
HYBRID G-X リダクション機構付のTHSⅡ
(2ZR-FXE 1.8L)
2WD(FF) 2,403,500
4WD(E-Four) 2,601,500
HYBRID S 2WD(FF) 2,574,000
4WD(E-Four) 2,772,000
HYBRID W×B 2WD(FF) 2,750,000
4WD(E-Four) 2,948,000

カローラ ツーリング

  エンジン トランスミッション 駆動 価格
(消費税10%込み)
G-X 2ZR-FAE
(1.8L)
Super CVT-i
[7速スポーツシーケンシャル
シフトマチック付]
2WD(FF) 2,013,000
S 2,216,500
W×B 2,365,000
8NR-FTS
(1.2Lターボ)
6速マニュアル
[i-MT]
2,458,500
HYBRID G-X リダクション機構付のTHSⅡ
(2ZR-FXE 1.8L)
2WD(FF) 2,480,500
4WD(E-Four) 2,678,500
HYBRID S 2WD(FF) 2,651,000
4WD(E-Four) 2,849,000
HYBRID W×B 2WD(FF) 2,799,500
4WD(E-Four) 2,997,500

新型カローラ・カローラツーリングの写真

カローラシリーズの購入を検討している方はこちらもチェック

車の買い替え前には、必ず一括査定で査定額を把握!

車の買い替えに焦りは禁物です。愛車の査定相場を把握せずに商談に入ると、安く提示された下取り額に対し判断が出来ず大きな損をする事に…。

まずは「ナビクル」など、ネットの一括査定サービスを利用しましょう。査定額の差は【18万円】となる事もあります。→そんなに違うの?買取り額の【差額事例集】

ナビクル

「ナビクル」なら数項目の入力が完了すると、上の画像のようにすぐに相場がわかります。→愛車の買取り相場をすぐに見る 下取り査定を受ける前に、まずは愛車の買い取り相場を調べておきましょう。

btn_8190_600x100

新車ではなく未使用車という選択も

新車だと「予算が厳しい…」「納期が間に合わない」。そんな方には未使用車や低走行車もおススメ。ディーラーが営業ノルマの為に登録した未使用車や低走行の試乗車など、新車同様の車両が毎月たくさん出回ります。

ズバット車販売は、お買い得な車両をネット申込みだけで探してくれるサービスです。「安く買いたいけど探す時間が…」という方におすすめです。→公式サイトで詳しく

カローラ カローラツーリング
スポンサーリンク
シェアする
びぃくるずをフォローする
びぃくるず