新型カローラ 値引き/納期/長所と欠点/リセールバリューを総合評価

トヨタ カローラ HYBRID W×B(2WD)(ホワイトパールクリスタルシャイン)<オプション装着車>

カローラ(セダン)の値引き情報や納期、見積もり例、競合車種、長所・欠点、実燃費、リセールバリューなどトヨタ 新型カローラの新車購入に必要な情報を完全ガイド。

そして、値引きやリセールバリューなどを基にカローラのお買い得度を総合評価しています。

新型カローラはどんなクルマ?

トヨタの小型4ドアセダン「カローラ」は、2019年9月のフルモデルチェンジで12代目となり、先代モデル「カローラアクシオ」から「カローラ」に変更されました。フルモデルチェンジによってプラットフォームが格上げされ、リアサスペンションがトーションビームからダブルウィッシュボーンに変更、排気量も1.5Lから1.8Lに拡大するなどあらゆる部分で商品力の向上が図られています。

カローラツーリング(ワゴン)、カローラスポーツ(ハッチバック)の購入を検討している方はこちら

カローラツーリング値引き/納期/長所と欠点/リセールバリューを総合評価
カローラツーリングの値引き情報や納期、見積もり例、競合車種、長所・欠点、実燃費、リセールバリューなどトヨタ 新型...
カローラスポーツ 値引き/納期/長所と欠点/リセールバリューを総合評価
カローラスポーツの値引き情報や納期、見積もり例、競合車種、長所・欠点、実燃費、リセールバリューなどトヨタ カロー...

新型カローラの値引き相場

値引き交渉の深さ 値引きの目安
特に値引き交渉をしない 3~6万円
競合を絡ませて値引き交渉 7~16万円
限界値引き交渉・オプション多数 18~25万円

新型カローラの値引き難易度:B

(A:甘い ~ E:厳しい)

新車効果も一巡し値引きは標準的です。価格を抑えた量販車種なので値引き額は控えめですがMAZDA3やスバル インプレッサなどの競合車種の見積もりを取り、競合を煽りながら値引き交渉をすれば、それなりに値引きが引き出せます。

新型カローラの納期:標準

  • 納期:1ヵ月~2ヵ月

納期は安定しており標準的と言えます。

新型カローラの値引き相場と納期がわかったら、次にすべき事

トヨタ カローラ HYBRID W×B(2WD)(内装色 : ブラック)

「カローラの値引き相場と納期がわかった!すぐに商談に行く!」。しかし、焦りは禁物。商談を始める前に、今乗っている車の一括査定が必須です。

自分の車の相場を把握しておかずに商談に入ると、カローラの魅力と「すぐ決めて頂ければ値引きを…」という甘い誘いに負け、下取り額に対してルーズになってしまい、買換え全体では損をする事になります。

まずは「ナビクル」など、ネットで今すぐできる「一括査定サービス」を使ってみましょう。複数社に査定してもらうと査定の差額は【18万円】となる事もあります。→そんなに違うの?買取り額の【差額事例集】

ナビクル

「ナビクル」なら数項目の入力が完了するとすぐに相場がわかります。→愛車の買取り相場をすぐに調べる カローラを見に行って下取り査定を受ける前に、愛車の買い取り相場を調べておくのが失敗を防ぐ大きなポイントです。

btn_8190_600x100

カローラのグレード別 新車価格

ハイブリッド (1.8L+モーター、CVT)の価格

グレード 2WD 4WD(E-Four)
HYBRID G-X 2,403,500 2,601,500
特別仕様車 HYBRID G-X “PLUS” 2,451,900 2,649,900
HYBRID S 2,574,000 2,772,000
HYBRID W×B 2,750,000 2,948,000

1.8Lガソリン (CVT)の価格

グレード 2WD 4WD
G-X 1,936,000
特別仕様車 G-X “PLUS” 1,984,400
S 2,139,500
W×B 2,315,500

1.2Lターボ (6MT)の価格

グレード 2WD 4WD
W×B 2,424,400

※価格は2020年10月6日現在のメーカー小売希望価格(消費税10%込)です。最新の価格はメーカー公式HP、またはディーラーでご確認下さい。

btn_8190_600x100

新型カローラのグレード選び

新型カローラのパワートレイン

パワーユニットはハイブリッド(1.8L+モーター)、ガソリンは1.8L直4自然吸気、1.2L直4ターボの3種類。4WDはハイブリッドのみの設定となります。トランスミッションはCVTで1.2Lターボのみ6MTとなっています。

新型カローラのグレード構成

ベーシックグレードの「G-X」、中間グレードの「S」、スポーティな上級グレードの「W×B」の3種類となります。

新型カローラのおすすめグレード

カローラらしいベーシックなセダンを楽しむなら、装備が充実しつつお買い得感の高い1.8Lの「S」がおススメグレードとなります。

新型カローラの見積り 乗り出し価格

おススメグレードの「S」(1.8L、CVT)に以下の装備を選択したケース

  • T-Connectナビキット:¥115,610
  • フロアマット(デラックスタイプ):¥20,900
車両価格(カローラ S) ¥2,139,500
販売店装着オプション価格 ¥136,510
自動車税種別割 ¥12,000
自動車重量税 ¥36,900
自動車税環境性能割 ¥35,000
自賠責保険料 ¥30,170
販売諸費用(参考価格) ¥62,490
合計 ¥2,452,570
値引き(標準的な値引き交渉) ▲¥132,570
値引き込みの乗り出し価格 ¥2,320,000

ナビ、フロアマットのプレーンなオプションを装備した価格は上記となります。標準的な値引き交渉で13万円と端数をカットしてもらった場合、カローラの乗り出し価格は232万円となります。

(見積りは2020年10月6日時点)

新型カローラの実燃費(2名乗車時の目安)

ハイブリッド車(1.8L+モーター)の実燃費

走行シーン 燃費
高速道路中心 22~25km/L
郊外・幹線道路 24~27km/L
市街地 19~23km/L

ガソリン車の実燃費(1.8L)

走行シーン 燃費
高速道路中心 15~17km/L
郊外・幹線道路 14~16km/L
市街地 12~14km/L

新型カローラのリセールバリュー:3.0 (5段階評価)

カローラの属するCセグメントセダンは新車市場、中古車市場ともに人気がなく、カローラはモデルライフ初期ではあるものの、リセールバリューが低くなると予測されます。

短期的な買い替えならモデルが現行のままであるため、ややリセールバリューは維持されますが、長期保有後のリセールバリューは期待値が低くなります。

カローラのマイナーチェンジ/特別仕様車/フルモデルチェンジ情報

2019年9月17日 フルモデルチェンジし12代目に

新型カローラが発売となりました。

カローラ/ツーリングをフルモデルチェンジ 1.2Lターボ/1.8L/1.8Lハイブリッドを設定
トヨタは、カローラ(セダン)、カローラ ツーリング(ワゴン)を車名を変更しフルモデルチェンジ、また、カローラ ス...

2020年5月13日 特別仕様車 G-X“PLUS“/HYBRID G-X“PLUS“発売

G-Xをベースに、インテリジェントクリアランスソナー[パーキングサポートブレーキ(静止物)]、バックガイドモニターなどの安全装備、UVカット機能付のプライバシーガラスを特別装備。

カローラ/ツーリング特別仕様車 G-X“PLUS“/HYBRID G-X“PLUS“発売
トヨタはカローラ/カローラ ツーリングに、特別仕様車 G-X“PLUS”と、特別仕様車 HYBRID G-X“P...

2020年10月1日 一部改良

カローラのハイブリッド全車に、アクセサリーコンセント(AC100V・1500W/コンセント2個/非常時給電システム付)をオプション設定。カローラのHYBRID S、HYBRID G-Xには、充電用USB端子3個(従来より2個追加)を標準装備などの一部改良を実施

カローラ/ツーリング 一部改良 ツートーンカラー設定など
トヨタはカローラ/カローラ ツーリングを一部改良し2020年10月1日に発売した。 カローラ/カローラ ツーリ...
 

btn_8190_600x100

新型カローラの競合はコレ!

カローラを安く購入する為には、前もって競合車種の見積もりを取っておきましょう。競合車種とポイントは以下の通りです。

ホンダ グレイス/ハイブリッド

ホンダ グレイス

ホンダのベストセラーハッチバック フィットをベースとしたグレイス。5ナンバーに収まるサイズ、1.5Lガソリンとハイブリッドをラインナップする点など、カローラアクシオとは1番の競合車種と言えます。

カローラがスポーティな抑え目な車高のプロポーションであるのに対して、グレイスはフィット譲りの高めの車高となっており、見た目の印象はカローラとかなり異なります。グレイスは発売当初からあまり人気があるとは言えず、値引きも緩みがちなので、カローラとの競合で積極的な値引き交渉を行いましょう。

グレイス値引き2020年11月-納期/実燃費/価格の評価
ホンダ グレイス/ハイブリッドの目標値引き額は? (2020年11月5日更新) ホンダの小型4ドアセダン「グ...

マツダ3 (MAZDA3) セダン

MAZDA3 SEDAN

MAZDA3は車幅が5ナンバーサイズを超え3ナンバーになるなど、カローラアクシオよりやや上のカテゴリーとなりますが、1.5Lガソリンエンジンやディーゼルエンジンをラインナップするなど魅力的なセダンとなっています。

カローラと比べると、質感の高さや躍動的なデザインが魅力です。MAZDA3は世界戦略車として質感の高い内外装で満足度の高い1台と言えます。

マツダ3値引き/納期/長所と欠点/リセールバリューを総合評価|新型MAZDA3購入ガイド
マツダ3 (MAZDA3)の値引き情報や納期、見積もり例、競合車種、長所・欠点、実燃費、リセールバリューなどマツ...

競合車を使ってカローラの値引き交渉を

カローラの値引きを引き出すにあたっては、上記のホンダ グレイス、マツダMAZDA3の見積もりを事前に入手してから臨みましょう。他社ライバル車種や同じクラスの車種の見積もりを比較する事で、購入に対する本気度も伝わり、カローラの値引きを引き出し易くなります。

 

btn_8190_600x100

カローラの長所と欠点

新型カローラの長所

世界基準に引き上げられた車格

トヨタ カローラ HYBRID W×B(2WD)(ホワイトパールクリスタルシャイン)<オプション装着車>

先代の11代目カローラであるカローラアクシオではコストを抑える為にヴィッツなど格下のBプラットフォームを開発されていましたが、新型となる12代目カローラは海外と同様のCセグメント用プラットフォームで開発をされています。

新型カローラの欠点

少し大きくなったボディサイズと上昇した価格

先代までの価格・サイズ重視だった戦略を見直し、世界基準のプラットフォームに移行した事でサイズが少し大きくなりカローラとして初めて3ナンバーサイズとなりました。

また、車格の上昇や安全装備の充実などに伴い価格帯が上がっています。

新型カローラの値引きとリセールバリュー込の総合評価:3.0 (5段階評価)

良いクルマだが、これまでのカローラとは別物と認識できるか

トヨタ カローラ HYBRID S(2WD)(セレスタイトグレーメタリック)

日本国内におけるCセグメントセダン市場は減少の一途を辿っており、かつての競合だったサニーは廃止となり、ファミリアはアクセラ、MAZDA3と名称変更、シビックは細々と逆輸入で販売されるという非常に寂しい状況となっている。先代カローラ・アクシオも日本市場の縮小を受けて格下となるヴィッツとプラットフォームを共有、コスト重視の開発が行われた。

国内においてカローラを購入する層は社用車として活用する法人と、長年カローラを乗り継ぐ高齢層となり、サイズ・価格の制約が厳しいものとなっている。

そんな中、12代目カローラは攻めに出た。ついにボディサイズは5ナンバー枠を超え、価格帯も上にシフトした。コンパクトさのニーズが高い日本市場に合わせる為、プラットフォームは世界共通としながら横幅で1,745mmと50mmに留めている。

車の出来としては非常に優れており、サイズは殆ど変えずに中身が大きく刷新されている。非常に出来が良い一方で50年以上続く「カローラ」という長寿ブランドのイメージは強い。

せっかくの良く出来たクルマであるが、Cセグメントセダン、そしてカローラという名前のイメージは強く、ミニバンやSUVなど人気カテゴリーの車種と比べるとリセールバリューが付きにくい。

12代目カローラはコンパクトで造りの良いクルマなので、リセールバリューを気にせず、長く日常の足として購入する人にはおすすめの一台と言える。

車の買い替え前には、必ず一括査定で査定額を把握!

車の買い替えに焦りは禁物です。愛車の査定相場を把握せずに商談に入ると、安く提示された下取り額に対し判断が出来ず大きな損をする事に…。

まずは「ナビクル」など、ネットの一括査定サービスを利用しましょう。査定額の差は【18万円】となる事もあります。→そんなに違うの?買取り額の【差額事例集】

ナビクル

「ナビクル」なら数項目の入力が完了すると、上の画像のようにすぐに相場がわかります。→愛車の買取り相場をすぐに見る 下取り査定を受ける前に、まずは愛車の買い取り相場を調べておきましょう。

btn_8190_600x100

新車ではなく未使用車という選択も

新車だと「予算が厳しい…」「納期が間に合わない」。そんな方には未使用車や低走行車もおススメ。ディーラーが営業ノルマの為に登録した未使用車や低走行の試乗車など、新車同様の車両が毎月たくさん出回ります。

ズバット車販売は、お買い得な車両をネット申込みだけで探してくれるサービスです。「安く買いたいけど探す時間が…」という方におすすめです。→公式サイトで詳しく

カローラ 新車値引き
スポンサーリンク
シェアする
ビークルズをフォローする
ビークルズ