マツダ3 (MAZDA3)値引き2019年9月-納期/実燃費/価格の評価

MAZDA3 FASTBACK

マツダ3 (MAZDA3)の値引き/納期/実燃費レポート

(2019年9月2日更新)

マツダのCセグメントカー「MAZDA3」は、2019年5月24日にアクセラのモデルチェンジとして名称を新たに発売されます。マツダがモチーフとする「魂動」をさらに進化させたエクステリアデザインと、独自のSKYACTIV TECHNOLOGYを全面的に採用。スカイアクティブXという新開発のガソリンエンジンもラインナップに加えます。

マツダ3 (MAZDA3)の値引き相場

値引き交渉の深さ 値引きの目安
特に値引き交渉をしない ~3万円
競合を絡ませて値引き交渉 3~6万円
徹底値引き交渉・オプション多数 7~10万円

マツダ3 (MAZDA3)の値引き難易度:C

(A:甘い ~ E:厳しい)

新型モデルではありますが、日本国内ではこのクラスのセダン・ハッチバック市場はあまり人気がなく、値引きは新型モデルとしてはしやすいと言えます。

マツダ3 (MAZDA3)の納期:やや長め

  • 納期:2ヵ月~3ヵ月

発売初期はグレード、オプション設定などにより少し長めになります。

マツダ3 (MAZDA3)の値引き相場がわかったら、次にすべき事

「MAZDA3」 コクピット

「マツダ3 (MAZDA3)の値引き相場がわかった!すぐに商談に行く!」。しかし、焦りは禁物。商談を始める前に、今乗っている車の一括査定が必須です。

自分の車の相場を把握しておかずに商談に入ると、マツダ3 (MAZDA3)の魅力と「すぐ決めて頂ければ値引きを…」という甘い誘いに負け、下取り額に対してルーズになってしまい、買換え全体では損をする事になります。

まずはかんたん査定ガイドなど、ネットで今すぐできる「一括査定サービス」を使ってみましょう。複数社に査定してもらうと査定の差額は【65万円】となる事もあります。→そんなに違うの?買取り額の【差額事例集】

kantan_kuruma_kekka3

かんたん査定ガイドなら簡単な入力が完了するとすぐに相場がわかります。→愛車の買取り相場をすぐに調べる マツダ3 (MAZDA3)を見に行って下取り査定を受ける前に、愛車の買い取り相場を調べておくのが失敗を防ぐ大きなポイントです。

btn_8190_600x100

マツダ3 (MAZDA3)の価格/グレード/実燃費

マツダ3 (MAZDA3)のグレード別 新車価格

MAZDA3 ハッチバック (税込、円)

グレード エンジン 2WD 4WD
15S 1.5Lガソリン 2,181,000 2,413,200
15S ツーリング 2,273,880 2,506,080
20S プロアクティブ 2.0Lガソリン 2,470,000
20S プロアクティブ ツーリングセレクション 2,588,800
20S Lパッケージ 2,649,000
20S バーガンディセレクション 2,719,200
18XD プロアクティブ 1.8Lディーゼルターボ 2,740,000 2,972,200
18XD プロアクティブ ツーリングセレクション 2,919,000 3,151,200
18XD Lパッケージ 2,858,800 3,091,000
18XD バーガンディセレクション 2,989,200 3,221,400
X プロアクティブ スカイアクティブX 3,140,000 3,372,200
X プロアクティブ ツーリングセレクション 3,258,800 3,491,000
X Lパッケージ 3,319,000 3,551,200
X バーガンディセレクション 3,389,200 3,621,400

MAZDA3 セダン (税込、円)

グレード エンジン 2WD 4WD
20S プロアクティブ 2.0Lガソリン 2,470,000
20S プロアクティブ ツーリングセレクション 2,588,800
20S Lパッケージ 2,649,000
18XD プロアクティブ 1.8Lディーゼルターボ 2,740,000 2,972,200
18XD プロアクティブ ツーリングセレクション 2,858,800 3,091,000
18XD Lパッケージ 2,919,000 3,151,200
X プロアクティブ スカイアクティブX 3,140,000 3,372,200
X プロアクティブ ツーリングセレクション 3,258,800 3,491,000
X Lパッケージ 3,319,000 3,551,200

※価格は2019年5月24日現在のメーカー小売希望価格(税込)です。最新の価格はメーカー公式HP、またはディーラーでご確認下さい。

btn_8190_600x100

マツダ3 (MAZDA3)のグレード選び

マツダ3のパワートレイン

アクセラのパワートレインは多彩で、エンジンはディーゼルエンジンが1.8L直4直噴ターボ、ガソリンが自然吸気の1.5L直4、2.0L直4、スカイアクティブXの4種類。

駆動方式は2WDがFFで、2.0Lガソリン以外で4WDが選択可能です。

ミッションはATと多くのグレードで6MTが選択できるのがマツダらしい特徴と言えます。

マツダ3のグレード

「プロアクティブ」、「プロアクティブ ツーリングセレクション」、上級グレードとして「Lパッケージ」を基本とし、ハッチバックには「15S」、「15S ツーリング」と「バーガンディセレクション」がラインナップされています。

マツダ3の価格帯

2WDでの価格は、「15S」の2,181,000円から「X バーガンディセレクション」の3,389,200円までで、価格差は121万円とかなりの幅があります。

マツダ3の実燃費(FF、2名乗車時の目安)

1.8Lディーゼルの実燃費

走行シーン 燃費
高速道路中心 -~-km/L
郊外・幹線道路 -~-km/L
市街地 -~-km/L

2.0Lガソリン車の実燃費

走行シーン 燃費
高速道路中心 -~-km/L
郊外・幹線道路 -~-km/L
市街地 -~-km/L

スカイアクティブXの実燃費

走行シーン 燃費
高速道路中心 -~-km/L
郊外・幹線道路 -~-km/L
市街地 -~-km/L

実燃費は調査中です。

マツダ3 (MAZDA3)のマイナーチェンジ/特別仕様車/フルモデルチェンジ情報

2019年5月24日 マツダ3発売

MAZDA3 SEDAN

2019年5月24日にマツダ アクセラのフルモデルチェンジとしてMAZDA3と名称を変更し発売となりました。従来通りセダンとハッチバックの2種類のボディタイプが設定されています。

 

btn_8190_600x100

マツダ3 (MAZDA3)の競合はコレ!

マツダ3を安く購入する為には、前もって競合車種の見積もりを取っておきましょう。競合車種とポイントは以下の通りです。

トヨタ カローラスポーツ

トヨタ カローラスポーツ HYBRID G“Z” 2018

2018年6月に発売されたカローラスポーツが競合となります。オーリスのモデルチェンジのタイミングで名称をカローラブランドに戻し、国内でのカローラブランドの挽回を図っています。1.2L直4ターボと1.8L直4+モーターのハイブリッドを設定しており、トヨタが推進する次世代車両通信技術「コネクティッド」採用の1号車となっています。

ホンダ シビック ハッチバック/セダン

ホンダ シビック ハッチバック(フレームレッド)2017

2017年9月に国内での販売がなくなっていたシビックが復活しました。セダンは1.5LターボにCVTのみ、ハッチバックは1.5LターボにCVTと6MTで1グレードとなっています。選択肢が狭い事やエンジンバリエーションがないので少し寂しいですが、その部分を上手く突いて値引き交渉を行いましょう。

スバル レヴォーグ/WRX

スバル レヴォーグ 2014

モデルチェンジの度に大きくなったレガシーに代わって、日本国内での販売を意識してサイズを抑えて発売されたスバル レヴォーグ。レヴォーグはアクセラと違いステーションワゴンの範疇に入りますが、購入検討としてはアクセラに近いポジションにいます。

フォルクスワーゲン ゴルフ

フォルクスワーゲン ゴルフ 2015

マツダがMAZDA3を開発するにあたって、ベンチマークとしているのがフォルクスワーゲン ゴルフです。綿密に作りこまれたゴルフは世界的に人気で、日本でも輸入車として初めてカーオブザイヤーを受賞するなど、人気の高いモデルです。

これまで日本国内においては、MAZDA3の方が価格帯が安かったこともあり、競合とは言いづらかったですが、MAZDA3のX プロアクティブ ツーリングセレクションなどは価格帯が近くなったことや、MAZDA3の完成度がゴルフに近づいたことなどから比較対象として選ぶことが有効になりました。

マツダ3 (MAZDA3) 強み/弱み/値引き込みの総合評価

マツダ3の値引きを引き出すにあたっては、上記のトヨタ カローラスポーツ、ホンダ シビックなどの見積もりを事前に入手してから臨みましょう。他社ライバル車種や同じクラスの車種の見積もりを比較する事で、購入に対する本気度も伝わり、マツダ3の値引きを引き出し易くなります。

マツダ3 (MAZDA3)の強み

さらに洗練されたエクステリアデザイン

MAZDA3 SEDAN

MAZDA3はCセグメントの量販セダン/ハッチバックですが、とてもデザインが洗練されており、Cセグメントカテゴリーではやや寸詰まりとなるセダンでもとてもスポーティで伸びやかなスタイリングに仕上がっています。

デザインテイストも近年のマツダデザイン「魂動」をさらに進化させ、より精悍な印象となっています。

レクサスと遜色のない程に高められた内外装品質

「MAZDA3」 ピュアホワイト・レザー内装(SEDAN専用)

レクサスやアウディといったプレミアムブランドの車種と比べても全く見劣りのしないほど高い質感に仕上がっています。実際にディーラーで乗り込んで比較してみましょう。

210万円台からの手ごろな価格

Cセグメントのセダンとハッチバックという世界的に量販クラスのボディタイプである事から、手頃な価格設定となっています。特に1.5Lのガソリン車は210万円台からで質感の高さを考えると、とてもお買い得感が高くなっています。

マツダ3 (MAZDA3)の弱点

ファストバックの斜め後方視界

MAZDA3 FASTBACK

実用性を重視したデザインの多いハッチバックですが、マツダ3のファストバックはデザイン性を重視。大きな特徴の一つとしてCピラーを太くして力強さを表現しています。そのため斜め後方の視界が良くありません。

フルハイブリッドは設定なし

内燃機関にこだわりを持つマツダの戦略で、ディーゼル・ガソリンエンジンそのものの性能は世界トップレベルである一方、トヨタ、ホンダなどのようにモーターのみでの走行が可能なフルハイブリッドシステムの設定がありません。

前モデルとなるアクセラセダンにはトヨタから提供を受けたフルハイブリッドの設定もありましたが、今回は設定されず、スカイアクティブXがマイルドハイブリッドとなっています。

マツダ3 (MAZDA3)の値引き込みの総合評価:3.5 (5段階評価)

非常に優れたモデルではあるが、日本国内では…

MAZDA3 SEDAN / FASTBACK

マツダ3はマツダが世界戦略車として渾身の力を込めて開発され、リリースされました。CX-30、マツダ2などマツダのFFコンパクトプラットフォームの基礎となる車種で、新世代商品の第一弾と位置付けられています。

内装、外装、エンジンなどこのクラスのベンチマークと言えるフォルクスワーゲン ゴルフと並ぶくらいのレベルの高い仕上がりとなっています。

特に内装品質は非常に高く、洗練されたデザインだけでなく、ボタンを押したフィーリングまでもこだわって作られており、ディーラーで実車に触れるとその品質の高さに感動を覚えるほどです。

ただし、日本国内においてはCセグメントのセダン・ハッチバック人気は低く、販売から期間が経過して値引きが拡大しても、それ以上に査定価格が下落する可能性が高く、短期間で買い替える人には不向きと言えます。

実際に試乗してみて気に入った人が長く乗るには満足度が高いですが、3年、5年車検を機に買い替えをする人には売却価格までを考慮すると、お買い得感はやや薄れるかと思います。

車の買い替え前には、必ず一括査定で査定額を把握!

車の買い替えに焦りは禁物です。愛車の査定相場を把握せずに商談に入ると、安く提示された下取り額に対し判断が出来ず大きな損をする事に…。

まずはかんたん査定ガイドなど、ネットの一括査定サービスを利用しましょう。査定額の差は【65万円】となる事もあります。→そんなに違うの?買取り額の【差額事例集】

kantan_kuruma_kekka3

かんたん査定ガイドなら数項目の入力が完了すると、上の画像のようにすぐに相場がわかります。→愛車の買取り相場をすぐに見る 下取り査定を受ける前に、まずは愛車の買い取り相場を調べておきましょう。

btn_8190_600x100

新車ではなく未使用車という選択も

新車だと「予算が厳しい…」「納期が間に合わない」。そんな方には未使用車や低走行車もおススメ。ディーラーが営業ノルマの為に登録した未使用車や低走行の試乗車など、新車同様の車両が毎月たくさん出回ります。

ズバット車販売は、お買い得な車両をネット申込みだけで探してくれるサービスです。「安く買いたいけど探す時間が…」という方におすすめです。→公式サイトで詳しく

MAZDA3新車値引き
スポンサーリンク
シェアする
びぃくるずをフォローする
びぃくるず-自動車