ヴェゼル フルモデルチェンジ (2021/4) 特徴と内外装写真や価格 [2代目 RV3/4/5/6]

ヴェゼル e:HEV PLaY (サンドカーキ・パール&ブラック)

ホンダは、新型「VEZEL(ヴェゼル)」を2021年4月23日に発売した。月間の販売計画台数は5,000台。

新車購入ガイド:【2022最新】ヴェゼルの値引き 納期 乗り出し価格

スポンサーリンク
車の買い替えを考え始めたら、下取り査定を受ける前にクルマの値段を把握しましょう。「ナビクル」などのWEBサービスなら、スマホやPCから簡単な入力で手軽に査定額がわかります。

新型ヴェゼルの主な特長

パッケージ

ヴェゼル e:HEV Z(FF プレミアムサンライトホワイト・パール)

「センタータンクレイアウト」を先代モデルから踏襲、コンパクトボディー、多彩なシートアレンジはそのままに、強く美しいプロポーションのエクステリアへ進化。

ヴェゼル e:HEV Z(FF)インパネ+コンビシート(ブラック)

爽快で、車両の取り回しがしやすい「抜け感」のある視界、乗員全てが快適に移動できる、ゆとり空間を追求。コンパクトSUVのクラス平均を超える広さと居心地を生み出すパッケージとなっている。

ヴェゼル ダイブダウン機構

デザイン・空力性能

ヴェゼル e:HEV Z(FF プレミアムサンライトホワイト・パール)

エクステリアデザインは、クーペライクなプロポーションを際立たせつつ、全席で爽快な視界を提供するための「スリーク&ロングキャビン」を採用。サイドのラインを前後に貫かせた、水平基調のデザインとした。

ヴェゼル e:HEV PLaY インパネ+コンビシート(グレージュ)

インテリアデザインは、しっかりとした「かたまり感」のあるソリッドなフォルムでSUVの力強さを表現、身体の触れる部位には、柔らかな触感のパッドをあしらうことで、強さと優しさを兼ね備えた空間としている。

ヴェゼル e:HEV PLaY インテリア

パワートレーン

新型ヴェゼルには、モーター走行を中心にさまざまなドライブモードを使い分けるホンダ独自の2モーターハイブリッドシステム「e:HEV(イーエイチイーブイ)」を搭載したハイブリッドモデルと、静粛性の向上と高出力化を両立させた、新開発の1.5L DOHC i-VTECエンジンを搭載したガソリンモデルの2種類をラインアップ。

ホンダ独自の「リアルタイムAWD」は、雪上走行や悪天候においても安定したドライビングを目指した。

ダイナミクス

運転操作に対する車両の応答性を高めるため、サスペンションの低フリクション化やステアリングコラムの高剛性化などでハンドリング性能を向上。また、ブッシュの改良やサスペンションの最適化などにより、不快な挙動を抑制して乗り心地の向上を図った。

また、傾斜面でのスリップの危険を最小限に防ぐ「ヒルディセントコントロール」を国内ホンダ車として初搭載、全タイプで標準装備とした。

コネクテッドサービス

Honda CONNECT

新世代コネクテッド技術を搭載した車載通信モジュール「Honda CONNECT(ホンダコネクト)」を通じ、安心・快適なカーライフが楽しめるコネクテッドサービス「Honda Total Care プレミアム(ホンダ トータルケア プレミアム)」を提供。

Honda CONNECTディスプレー搭載車では、初の機能として「自動地図更新サービス」を搭載。通信機能を使ってナビゲーションシステムを新しい地図に自動更新することが可能となる。

その他、スマートフォンでドアロックやエアコンのON・OFFなどの操作を可能にする「Hondaリモート操作」、スマートフォンをクルマのキーとして利用できる「Hondaデジタルキー」、車内での楽しさ・快適さが広がる多彩なアプリを提供する「Honda アプリセンター」、車内でデータ通信容量を購入し、Wi-Fiスポットとしてインターネット接続が楽しめる「車内Wi-Fi」など、ホンダ量販車として初となる機能を多数搭載した。

安心・安全領域

ホンダ センシング

最新の安全運転支援システム「Honda SENSING(ホンダ センシング)」を全タイプ標準装備。先代モデルに比べ横方向への視野範囲を向上させたフロントワイドビューカメラ、高速画像処理チップ、近距離障害検知前後ソナーセンサーの採用により、機能を大幅に向上した。

搭載機能一覧

1)衝突軽減ブレーキ<CMBS>
2)誤発進抑制機能
3)後方誤発進抑制機能
4)近距離衝突軽減ブレーキ
5)歩行者事故低減ステアリング
6)路外逸脱抑制機能
7)渋滞追従機能付アダプティブクルーズコントロール<ACC>
8)車線維持支援システム<LKAS>
9)先行車発進お知らせ機能
10)標識認識機能
11)オートハイビーム

※サポカー S<ワイド>に該当

その他の安全運転支援装備

マルチビューカメラシステムやブラインドスポットインフォメーションを新たに搭載。

マルチビューカメラシステム

フロントグリル、左右ドアミラー、テールゲートに備えた4つの魚眼CMOSカメラで車両の全周囲を撮影し、合成した映像をディスプレーに表示。

ブラインドスポットインフォメーション

リアバンパーに内蔵されたレーダーにより、車両の後側方25m以内に接近する車両を検知し、ドアミラー上のインジケーターを点灯させることでドライバーに知らせる。

新たに搭載する主な装備

ハンズフリーアクセスパワーテールゲート(予約クローズ機能付)

従来のハンズフリーアクセスパワーテールゲートに、新たに「予約クローズ」機能を追加。予約ボタンを押してクルマから離れると、テールゲートが自動で閉まる機能。

パノラマルーフ(Low-Eガラス採⽤)

心地良い光と、爽快な視界を楽しむためのパノラマルーフをPLaYに標準設定。ホンダとして初となるLow-Eガラスを採用。90%以上の紫外線・赤外線をカットし、日射透過率を25%以下に抑え、従来のモデルでシェードを閉めた状態と同等の室内環境を実現。

新設計のエアコン吹き出し⼝「そよ⾵アウトレット」

L字型の送風アウトレットから、風がフロント席乗員の頬をなでるようにサイドウインドウに沿って後方に流れることで、乗員を包み込むような柔らかい空気の流れを作り出す。

静電タッチ式LEDルームランプ

照明のレンズ周辺を指で触れて点灯させることのできる、静電タッチ式LEDルームランプを採用。

独⾃開発のプレミアムオーディオ

オーディオシステムは、新型ヴェゼルの車体に合わせて専用開発・設計。高級スピーカーにも採用されるデュポン™ケブラー®素材のコーンを使用したスピーカーと、パイオニア製高性能アンプを用いて、音響のエキスパートによるチューニングを施した。

新型ヴェゼルの価格

グレード エンジン 2WD(FF) 4WD
e:HEV X 1.5L DOHC i-VTEC
+2モーターハイブリッド
2,658,700 2,878,700
e:HEV Z 2,898,500 3,118,500
e:HEV PLaY 3,298,900円
G 1.5L DOHC i-VTEC 2,279,200 2,499,200

価格はメーカー希望小売価格(消費税10%込み)

新型ヴェゼルのカラー

G・e:HEV X・e:HEV Z インテリアカラーはすべてブラック

・プレミアムサンライトホワイト・パール★1
・プラチナホワイト・パール★2
・メテオロイドグレー・メタリック★2
・プレミアムクリスタルレッド・メタリック★1
・クリスタルブラック・パール
・サンドカーキ・パール★2

e:HEV PLaY インテリアカラーはすべてグレージュ

・プレミアムサンライトホワイト・パール&ブラック★3
・メテオロイドグレー・メタリック&ブラック★4
・クリスタルブラック・パール&シルバー
・ミッドナイトブルービーム・メタリック&シルバー★4
・サンドカーキ・パール&ブラック★4

★1 60,500円(消費税10%抜き 55,000円)高
★2 38,500円(消費税10%抜き 35,000円)高
★3 49,500円(消費税10%抜き 45,000円)高
★4 27,500円(消費税10%抜き 25,000円)高

新車購入ガイド:【2022最新】ヴェゼルの値引き 納期 乗り出し価格

車の買い替え前には、必ず一括査定で査定額を把握!

車の買い替えに焦りは禁物です。愛車の査定相場を把握せずに商談に入ると、安く提示された下取り額に対し判断が出来ず大きな損をする事に…。

まずは「ナビクル」など、ネットの一括査定サービスを利用しましょう。査定額の差は【18万円】となる事もあります。→そんなに違うの?買取り額の【差額事例集】

ナビクル

「ナビクル」なら数項目の入力が完了すると、上の画像のようにすぐに相場がわかります。→愛車の買取り相場をすぐに見る 下取り査定を受ける前に、まずは愛車の買い取り相場を調べておきましょう。

btn_8190_600x100

新車ではなく未使用車という選択も

新車だと「予算が厳しい…」「納期が間に合わない」。そんな方には未使用車や低走行車もおススメ。ディーラーが営業ノルマの為に登録した未使用車や低走行の試乗車など、新車同様の車両が毎月たくさん出回ります。

ズバット車販売は、お買い得な車両をネット申込みだけで探してくれるサービスです。「安く買いたいけど探す時間が…」という方におすすめです。→公式サイトで詳しく

ヴェゼルフルモデルチェンジ/新型車
スポンサーリンク
シェアする
ビークルズをフォローする
ビークルズ