マツダ初の量産EV MX-30発表 (2019/10) スペックや写真 [DREJ3P/DRH3P]

マツダは2019年10月23日、「第46回東京モーターショー」において、マツダ初の量産EV「MAZDA MX-30(エムエックス サーティー)」を世界初公開した。 MX-30は、新たにマツダのカーラインアップに加わる新世代商品の第3弾となる。

欧州から先行受注を開始し、2020年中のデリバリーを予定しているが、現時点での日本発売時期、価格については明らかとなっていない。

スポンサーリンク
車の買い替えを考え始めたら、下取り査定を受ける前にクルマの値段を把握しましょう。「ナビクル」などのWEBサービスなら、スマホやPCから簡単な入力で手軽に査定額がわかります。

魂動のもとに芸術性を高める

MX-30のデザインは、マツダのデザインテーマ「魂動(こどう)-SOUL of MOTION」のもと、「Car as Art」として、さらに芸術性を高めるとともに、表現に拡がりを持たせることに挑戦した。人の手が生み出す美しい造形とこだわりのつくり込みを基礎としながら、将来に向けた価値観の変化や、新しいライフスタイルに寄り添うことを目指し、「Human Modern(ヒューマン モダン)」をコンセプトに、デザインをつくり上げた。

コルクや再生材からできた素材を採用

また、センターコンソール周りは、抜け感を持たせた形状とし、開放感のある空間を構成。コルクや再生材からできた生地などの環境に配慮した素材を、そのものが持つ自然な魅力を引き出して使用し、心地のよい室内空間づくりを目指した。

フリースタイルドア(観音開きドア)を採用

RX-8以来となるフリースタイルドア(観音開きドア)を採用、ユーザーの自由な発想でクルマの多彩な楽しみ方を創造できるようにとの意図を込めた。

EVでも変わることのない「人馬一体による走る歓び」を追求。新たに電動化技術「e-SKYACTIV(イー・スカイアクティブ)」を採用、意のままの操作感と滑らかな車両挙動を高次元に融合させた。

MX-30の主要諸元(欧州仕様車)

全長 × 全幅 × 全高 4,395mm × 1,795mm × 1,570mm
ホイールベース 2,655mm
パワートレイン e-SKYACTIV
タイヤ 215/55R18
駆動用バッテリー 種類 リチウムイオン電池
  セル 角型(prismatic)
  総電圧 355V
  総電力量(バッテリー容量) 35.5kWh
総電力量(バッテリー容量) DC充電 COMBO規格
  AC充電 最大入力6.6kW

※数値は暫定値

MX-30のフォトギャラリー

イメージフォト

エクステリア

インテリア

モーターショーでのプレゼンテーション

2019年10月23日、東京モーターショー2019 マツダプレスカンファレンス(記者発表会)の模様

 

 

車の買い替え前には、必ず一括査定で査定額を把握!

車の買い替えに焦りは禁物です。愛車の査定相場を把握せずに商談に入ると、安く提示された下取り額に対し判断が出来ず大きな損をする事に…。

まずは「ナビクル」など、ネットの一括査定サービスを利用しましょう。査定額の差は【18万円】となる事もあります。→そんなに違うの?買取り額の【差額事例集】

ナビクル

「ナビクル」なら数項目の入力が完了すると、上の画像のようにすぐに相場がわかります。→愛車の買取り相場をすぐに見る 下取り査定を受ける前に、まずは愛車の買い取り相場を調べておきましょう。

btn_8190_600x100

新車ではなく未使用車という選択も

新車だと「予算が厳しい…」「納期が間に合わない」。そんな方には未使用車や低走行車もおススメ。ディーラーが営業ノルマの為に登録した未使用車や低走行の試乗車など、新車同様の車両が毎月たくさん出回ります。

ズバット車販売は、お買い得な車両をネット申込みだけで探してくれるサービスです。「安く買いたいけど探す時間が…」という方におすすめです。→公式サイトで詳しく

MX-30フルモデルチェンジ/新型車
スポンサーリンク
シェアする
ビークルズをフォローする
ビークルズ