ホンダ 4代目となる新型フィットを公開 クロスターなど5タイプを設定

 

ホンダは、2020年2月発売予定の新型「FIT(フィット)」を「第46回東京モーターショー2019」において、世界初公開した。

グローバルで通用する新しい時代のコンパクトカーのスタンダードを目指して

4代目となる新型フィットは、歴代のモデルで継承されている広い室内空間や使い勝手のよさはそのままに、グローバルで通用する新しい時代のコンパクトカーのスタンダードを目指して開発された。

新しいクルマづくりの考え方として、数値では表せない「感性価値」を追求、ユーザーの生活に寄り添うような4つの心地よさを具現化。またライフスタイルやライフステージに合わせて選択できる5つのタイプを揃えている。

2モーターハイブリッドシステム「e:HEV(イーエイチイーブイ)」

ハイブリッドモデルには、高い環境性能と心地よい走りの両立を目指して開発した2モーターハイブリッドシステムを、ホンダのコンパクトカーとして初めて搭載。「e:HEV(イーエイチイーブイ)」の名称で展開する。

新型フィットの主な特長:日常生活に寄り添う4つの心地よさがテーマ

心地よい視界

フロントピラーを従来とは異なる断面構造にするとともに、万が一の衝突時にはボディーへ荷重を流す構造を採用。十分な衝突安全性能と、ワイドで優れた視認性を両立。
またインテリアパネルは水平・直線基調のデザインとし、車内からはワイパーを見えにくくするなど運転時の心地よい視界を実現。

座り心地

フロントシートには、上級セダンへの搭載も見据えて新しく開発した、新世代のボディースタビライジングシートを採用。身体をしっかり保持する面支持構造として長時間ドライブでも疲れにくく、やわらかな座り心地を実現。

リアシートは従来同等のシートアレンジとし、大人がストレスなく座れる広さと厚みのあるパッドを採用、上級セダン並の快適な座り心地を実現。

乗り心地

小型化した2モーターハイブリッドシステムにより、日常シーンのほとんどをモーターでなめらかに走行。優れた環境性能とともに、心地よい走りと力強い加速を両立。

使い心地

歴代フィット同様の広い室内空間は継承しつつ、普段の生活から長距離ドライブまで、乗員全員が快適に過ごせるよう、ストレスなく使える収納レイアウトなど、移動をサポートする使い心地を提供する。

5つのタイプを設定

BASIC(ベーシック)

デザイン性と快適性を備えた基本のタイプとして、やわらかな表情をつくるフロントフェイス、シームレスで流れるようなフォルムなど、親しみを感じさせるシンプルなデザインとしている。

HOME(ホーム)

良質な素材を用いたナチュラルな風合いの織物のシート、本革ステアリングやプライムスムースのソフトパッドなど、全体のカラーや素材を揃え、質感が高くリラックスできるこだわりの空間を目指している。

 

NESS(ネス)

気分が盛り上がるカラーコーディネートとともに、シートとインパネソフトパッドの表皮に撥水性の高い素材を採用。フィットネススポーツのような、軽快でファッショナブルなタイプとしている。

CROSSTAR(クロスター)

街にもアウトドアにも似合うCROSSTAR専用のエクステリアデザインと大径タイヤを採用。インテリアには、シートとインパネソフトパッドの表皮に撥水性の高い素材を採用、コンパクトでありながらタフなイメージを高めている。

LUXE(リュクス)

優雅で心地よい時間が過ごせる空間を目指し、質感や手触りのよさを追求した専用の本革シートを標準装備。エクステリアには、プラチナ調クロームメッキや専用デザインの16インチアルミホイールを採用し、上質感を高めている。

安全運転支援技術の進化

安心・快適な運転を支援する、先進の安全運転支援システム「Honda SENSING(ホンダ センシング)」に、前方を広角に検知するフロントワイドビューカメラを新たに採用。

車両前後に装着された計8つのソナーセンサーとの組み合わせにより、従来機能を拡充するとともに、Hondaとして初めて近距離衝突軽減ブレーキを追加。全タイプで標準装備としている。

カーライフをより安心、快適にするコネクテッドサービス

Honda車専用車載通信モジュール「Honda CONNECT(ホンダ コネクト)」を日本初搭載。スマートフォンによるリモート操作や、事故などの緊急時にクルマ自体が緊急サポートセンターに繋がり、迅速で的確な対応が可能となるトラブルサポート、そして異常を検知した際にガードマンを派遣できるHonda ALSOK駆けつけサービス、これらのサービスを提供する「Honda Total Care プレミアム(ホンダ トータル ケア プレミアム)」を新型フィットより展開する。

東京モーターショーにおける新型フィットの発表会風景

新型フィットアンヴェール

新型フィットをプレゼンする本田技研工業株式会社 代表取締役社長 八郷隆弘氏

代表取締役社長 八郷隆弘氏(右)と新型FIT開発責任者 田中健樹氏(左)

フィットの購入を検討中なら、こちらもチェック!

車の買い替え前には、必ず一括査定で査定額を把握!

車の買い替えに焦りは禁物です。愛車の査定相場を把握せずに商談に入ると、安く提示された下取り額に対し判断が出来ず大きな損をする事に…。

まずは「ナビクル」など、ネットの一括査定サービスを利用しましょう。査定額の差は【18万円】となる事もあります。→そんなに違うの?買取り額の【差額事例集】

ナビクル

「ナビクル」なら数項目の入力が完了すると、上の画像のようにすぐに相場がわかります。→愛車の買取り相場をすぐに見る 下取り査定を受ける前に、まずは愛車の買い取り相場を調べておきましょう。

btn_8190_600x100

新車ではなく未使用車という選択も

新車だと「予算が厳しい…」「納期が間に合わない」。そんな方には未使用車や低走行車もおススメ。ディーラーが営業ノルマの為に登録した未使用車や低走行の試乗車など、新車同様の車両が毎月たくさん出回ります。

ズバット車販売は、お買い得な車両をネット申込みだけで探してくれるサービスです。「安く買いたいけど探す時間が…」という方におすすめです。→公式サイトで詳しく

フィット
スポンサーリンク
シェアする
ビークルズをフォローする
ビークルズ