フィット 値引き/納期/長所と欠点/リセールバリューを評価

フィット e:HEV HOME (エアーライトブルー・メタリック)

フィットの値引き情報や納期、見積もり例、競合車種、長所・欠点、実燃費、リセールバリューなどホンダ 新型フィットの新車購入に必要な情報を完全ガイド。

そして、値引きやリセールバリューなどを基にフィットのお買い得度を総合評価しています。

ホンダ フィットはどんなクルマ?

フィット e:HEV CROSSTAR (サーフブルー)

ホンダのコンパクトハッチバック「フィット」は、2020年2月にフルモデルチェンジを実施しました。センタータンクレイアウトなどの初代フィットからの特徴を継承しつつ、ハイブリッドモデルの名称が「e:HEV」となり、優れた低燃費性能を持つ2モーターハイブリッドシステムにリニューアルされました。

フィットの値引き相場

値引き交渉の深さ 値引きの目安
特に値引き交渉をしない ~2万円
競合を絡ませて値引き交渉 3~9万円
限界値引き交渉・オプション多数 10~15万円

フィットの値引き難易度:C

(A:甘い ~ E:厳しい)

同じ2月にトヨタからヤリス(ヴィッツのモデルチェンジ)が発売され、発売から少し期間が経過し、値引き交渉がややしやすくなりました。

フィットの納期:すこし長め

  • 納期:2ヵ月~3ヵ月

新型フィットの納期は少し長めとなっています。納車を急ぐ場合は色やグレードを売れ筋モデルにすれば、納期を早めることも可能です。

コロナ禍による国内での外出自粛、海外のロックダウンなどの影響により部品供給がストップするなどで納期が大きく乱れている可能性があります。一方で国内の新車の販売台数は大きく落ち込んでおり、ディーラーが抱えている売れ筋グレードが即納で大きな値引きを狙えるチャンスでもあります。購入を予定している人はディーラーに納期をご確認下さい。

フィットの値引き相場がわかったら、次にすべき事

「フィットの値引き相場がわかった!すぐに商談に行く!」。しかし、焦りは禁物。商談を始める前に、今乗っている車の一括査定が必須です。

自分の車の相場を把握しておかずに商談に入ると、フィットの魅力と「すぐ決めて頂ければ値引きを…」という甘い誘いに負け、下取り額に対してルーズになってしまい、買換え全体では損をする事になります。

まずは「ナビクル」など、ネットで今すぐできる「一括査定サービス」を使ってみましょう。複数社に査定してもらうと査定の差額は【18万円】となる事もあります。→そんなに違うの?買取り額の【差額事例集】

ナビクル

「ナビクル」なら数項目の入力が完了するとすぐに相場がわかります。→愛車の買取り相場をすぐに調べる フィットを見に行って下取り査定を受ける前に、愛車の買い取り相場を調べておくのが失敗を防ぐ大きなポイントです。

btn_8190_600x100

フィットのグレード別 新車価格

1.3L ガソリン車

グレード 2WD (FF) 4WD
BASIC 1,557,600円 1,755,600円
HOME 1,718,200円 1,916,200円
NESS 1,877,700円 2,075,700円
CROSSTAR 1,938,200円 2,136,200円
LUXE 1,977,800円 2,186,800円

e:HEV(1.5L+モーター)

グレード 2WD (FF) 4WD
BASIC 1,997,600円 2,195,600円
HOME 2,068,000円 2,266,000円
NESS 2,227,500円 2,425,500円
CROSSTAR 2,288,000円 2,486,000円
LUXE 2,327,600円 2,536,600円

※価格は2020年2月13日調査価格(消費税10%込)です。最新の価格はディーラーでご確認下さい。

btn_8190_600x100

フィットのグレード選び

フィットのパワートレイン

パワーユニットは1.3Lガソリンとハイブリッド(1.5L+モーター)の2種類。4WDは各パワートレインに準備されています。

トランスミッションはオートマチックのみでマニュアルトランスミッションの設定はありません。

ハイブリッドとガソリンエンジン、どちらを選択するか

フィットの場合、まずハイブリッドとガソリン、どちらを選ぶかが大きなポイントだと思います。ハイブリッドのEV走行モードは初めてだと楽しいものです。

ただ、1.3Lのガソリンエンジンを選択しても実用面で困るほどのアンダーパワーではなく、実燃費も良いので日常で大きな差を感じることは少ないと思います。

フィットのグレード構成

新型フィットのグレード構成は大きく刷新され、車両コンセプトに合わせて5つのグレードが設定されています。

基本モデルとなる「BASIC」、装備の充実したお買い得モデルと言える「HOME」、ピラーを別色にするなどスポーティな「NESS」、ルーフレールやブラックアウトしたフェンダーアーチでSUVテイストに仕上げた「CROSSTAR(クロスター)」、本革シートなど豪華装備の「LUXE(リュクス)」があります。

フィットのおすすめグレード

フィット e:HEV HOME (エアーライトブルー・メタリック)

基本的な装備の充実した「e:HEV HOME」(FF)がおすすめとなります。

フィットの見積もり価格

おススメグレードの「e:HEV HOME」(FF)に以下の装備を選択したケース

  • フロアカーペットマット スタンダード ブラック/ボルドーピンク縁取り/フロント・リアセット:¥19,800
  • エントリー インターナビ VXM-205Ci:¥107,800
  • ナビ取付アタッチメント:¥4,400
  • ETC2.0車載器(ナビ連動タイプ/アンテナ分離型):¥19,800
  • ETC2.0車載器 取付アタッチメント 取付位置:ドライバーロアーカバー内/オーディオレス車:¥8,800
車両価格 ¥2,068,000
ディーラーオプション ¥184,052
自動車税 ¥0
環境性能割 ¥0
自動車重量税 ¥0
自賠責保険料 ¥36,780
手続代行費用(参考価格) ¥47,300
預り法定費用 ¥6,000
リサイクル料金 ¥9,240
合計 ¥2,351,372
 値引き(標準的な値引き交渉) ¥71,372
値引き込みの乗り出し価格 ¥2,280,000

ナビ、ETC、フロアマットのプレーンなオプションを装備した価格は上記となります。標準的な値引き交渉で7万円と端数をカットしてもらった場合「e:HEV HOME」(FF)の乗り出し価格は228万円となります。

(見積りは2020年2月13日時点)

フィットの実燃費(FF、2名乗車時の目安)

ハイブリッド車の実燃費

走行シーン 燃費
高速道路中心 23~26km/L
郊外・幹線道路 23~26km/L
市街地 20~24km/L

ガソリン車の実燃費

走行シーン 燃費
高速道路中心 20~23km/L
郊外・幹線道路 17~21km/L
市街地 11~14km/L

フィット ハイブリッドはEV走行が可能なフル・ハイブリッド方式を採用。渋滞のある市街地では停止からの走行開始や低速走行で利点が活き、高燃費が期待出来ます。高速道路でも軽いボディと空気抵抗を抑えたデザインで高い燃費性能を発揮します。

ガソリンエンジン車もハイブリッド車程の燃費ではないものの、非常に優れた燃費性能を発揮します。

フィットのリセールバリュー:4.0 (5段階評価)

フィットの属するBセグメントハッチバックは国内乗用車の売れ筋カテゴリーとなっており、中古市場でも人気があります。ガソリンエンジンよりもハイブリッドの方が人気が高く、新車購入時の税制優遇や売却・下取り時のガソリン車との価格差を考慮するとハイブリッド車の方がリセールバリューが高くなります。

フィットのマイナーチェンジ/特別仕様車/フルモデルチェンジ情報

2013年9月6日 フィット3にフルモデルチェンジ

3代目となる新型フィットは、世界のコンパクトカーのベンチマークにふさわしいクルマとすべく開発され、初代フィットの設計思想を継承しつつ、パワートレインと車体を完全新設計。居住性、燃費性能、デザイン、走りをに進化させました。

ホンダ フィット (3代目 2013-):キープコンセプトでハイブリッドを主軸に [GK3-6]
フィット3の特徴 ホンダのベストセラーコンパクトカー「フィット」は、「フィットハイブリッド」と共に2013...

2015年12月17日 コンフォートエディション追加

フィット 特別仕様車「コンフォートエディション」発売
2015年12月17日に特別仕様車「COMFORT EDITION(コンフォートエディション)」が追加されました...

2016年9月9日 特別仕様車 ファインエディション追加

フィット 特別仕様車ファインエディション追加
ホンダは「FIT(フィット)」の「13G・Fパッケージ」と「13G・Lパッケージ」に、ナビ装着用スペシャルパッケ...

2017年6月30日 マイナーチェンジ実施

2017年6月30日、ホンダフィットは現行モデル初のマイナーチェンジを実施しました。内外装のリファインや先進安全技術「Honda SENSING」の採用など充実したマイナーチェンジとなっています。

ホンダ フィットがマイナーチェンジ Honda SENSINGの採用やエクステリアデザイン刷新など
2017年6月30日、ホンダフィットは現行モデル初のマイナーチェンジを実施しました。内外装のリファインや先進安全...

2018年5月18日 特別仕様車「コンフォートエディション」発売

「360°スーパーUV・IRカット パッケージ」や「運転席&助手席シートヒーター」など、人気の高い快適装備を標準適用した特別仕様車「COMFORT EDITION(コンフォートエディション)」が発売となりました。

ホンダ フィット 特別仕様車「コンフォートエディション」を発売
ホンダは、独自のセンタータンクレイアウトによる広い室内空間と多彩なシートアレンジで、幅広い層からご人気のあるいる...

2018年7月27日 フィットModulo style発売

「Modulo X(モデューロ エックス)」に次ぐ新たなコンプリートカーブランドで、デザインに特化した専用のカスタマイズパーツを量産過程で装着し、販売するドレスアップコンプリートカーとなっています。

ホンダ フィットModulo style発売 Modulo Xに次ぐ新たなコンプリートカーブランド
ホンダは、コンパクトカー「FIT(フィット)」をベースに、デザインの上質さに磨きをかけた新たなコンプリートカー「...

2020年2月14日 4代目となる新型フィット発売

新型フィットは2019年秋の東京モーターショーにてお披露目が行われ、当初2019年10月からの発売を予定していましたが、発売前にブレーキシステムの不具合が見つかり発売が2020年2月14日となりました。

ホンダ 2月14日発売の新型フィット詳細を発表。価格は155.7万円から
ホンダは2020年2月14日に発売する4代目となる新型FIT(フィット)の概要を発表した。販売計画台数(月間)は...

 

btn_8190_600x100

ホンダ フィットの競合はコレ!

フィットを安く購入する為には、前もって競合車種の見積もりを取っておきましょう。競合車種とポイントは以下の通りです。

トヨタ ヤリス

トヨタ ヤリス(プロトタイプ)

2020年2月に発売されるヤリスはヴィッツの後継車種としてTNGAプラットフォームや新開発のハイブリッドシステムなどトヨタの先進技術が数多く投入されたコンパクトカーとなります。フィットの発売延期により発売時期が同じとなった事で、トヨタ陣営もフィットを競合モデルとして強く意識する事が予想されます。

ヤリス値引き/納期/長所と欠点/リセールバリューを評価|新車購入ガイド
ヤリスの値引き情報や納期、見積もり例、競合車種、長所・欠点、実燃費、リセールバリューなどトヨタ ヤリスの新車購入...

日産 ノート/e-POWER

日産 ノート シャイニングブルー/スーパーブラック 2トーン

フルハイブリッドをラインナップするフィット、アクア、優秀な新世代ディーゼルをラインナップするデミオに対し、地味な存在だった日産ノート。しかし、マイナーチェンジにより、待望のハイブリッドシステム「e-POWER」をラインナップに加え、月間販売台数がトップになるなど人気となっています。

「e-POWER」はフィット・アクアのハイブリッドと大きく異なり、走行するための動力をモーターのみで供給、エンジンは発電のみを担当することです。これにより日産リーフに通じる電気自動車のようなフィーリングが最大の特徴です。

システム自体はまだ第一弾という事もあり、燃費面やコストなど課題もありますが、これまでのフルハイブリッドとは全く異なるシステムとなり話題を集めています。

ノート/e-POWER 値引き/納期/長所と欠点/リセールバリューを総合評価
ノート/e-POWERの値引き情報や納期、見積もり例、競合車種、長所・欠点、実燃費、リセールバリューなど日産ノー...

トヨタ アクア

トヨタ アクア S 2017

トヨタ アクアは言わずと知れたトヨタのコンパクト・ハイブリッドで、モデル末期ながらもトップクラスの販売台数を誇ります。

マイナーチェンジにより内装の質感向上やヘッドランプ・テールランプのデザインを変更するなど改良を施していますが、発売から期間も経過しているので、新鮮味という部分では薄れつつあります。

フィットが室内の広さに拘り、広い後席空間を持つのに対して、アクアは燃費を優先すべくボディ後端を絞り込み、ミニマムな後席空間となっています。後席に人を乗せる機会の多い人は、違いを実車で確認しましょう。

値引き額も徐々にこなれてきているので、フィットと競合させる事で大きな値引き額を引き出しましょう。

アクア 値引き/納期/長所と欠点/リセールバリューを総合評価
アクアの値引き情報や納期、見積もり例、競合車種、長所・欠点、実燃費、リセールバリューなどトヨタ アクアの新車購入...

マツダ2 (MAZDA2)

MAZDA2 XD PROACTIVE S Package

フィットやアクアのようにハイブリッドではなくディーゼルエンジンで低燃費を目指したマツダ2 (MAZDA2)もライバルと言えます。また、内外装の質感が高く、ワンクラス上のクルマに乗っているような感覚があります。

最近のマツダ車のトレンドに習い、大規模なマイナーチェンジのタイミング以外にも年次改良を続け、モデルイヤー毎に問題点の解決に取り組んでいます。

また、アクアと同様にマツダ2 (MAZDA2)も後席空間はミニマムなので、実車で確認をしましょう。

マツダ2 (MAZDA2)の値引きはモデルライフ末期で引き出しやすく、フィットと競合させて出来るだけ大きな金額を引き出したいところです。

マツダ2 (MAZDA2) 値引き/納期/長所と欠点/リセールバリューを総合評価
マツダ2 (MAZDA2)の値引き情報や納期、見積もり例、競合車種、長所・欠点、実燃費、リセールバリューなどマツ...

競合車を使ってフィットの値引き交渉を

フィットの値引きを引き出すにあたっては、上記のヤリス、ノート、アクア、マツダ2 (MAZDA2)の見積もりを事前に入手してから臨みましょう。他社ライバル車種や同じクラスの車種の見積もりを比較する事で、購入に対する本気度も伝わり、フィットの値引きを引き出し易くなります。

 

btn_8190_600x100

フィットの長所と欠点

フィットの長所

優れたパッケージングによる居住性の高さ

センタータンク・レイアウトをはじめとする徹底した居住性の確保によって、ライバルであるアクア、MAZDA2と比べると、後席の居住性は大きく勝ります。

アクア、MAZDA2との後席居住性は全く違いますので、後席に人を乗せる機会の多い人は、ぜひ実車で確認しましょう。

e:HEVによる走りと燃費

先代のフィットハイブリッドは1モーターのストロングハイブリッドでしたが、新型フィットでは「e:HEV(イーエイチイーブイ)」という名称に改め、モーターを2機搭載し、更なる低燃費性能を誇るユニットへと変更となります。

キャラクターを分けたバリエーション展開

今回のフィットは一般的な装備差によるグレード分けではなく、キャラクターによる差別化を図っています。SUVテイストの「CROSSTAR」やスポーティな「NESS」などユニークなバリエーションとなっています。

運転のしやすさにこだわったパッケージング

フィット e:HEV HOME インテリアイメージ (ソフトグレー)

フィットの運転席周りは非常に特徴的です。前方斜めの視界を遮るAピラーを出来るだけ細くして死角を少なくしたり、メーターやナビの上方向への張り出しを抑えるなど、背の低い女性でも運転しやすい配慮が随所に施されています。ライバルとなるヤリスではナビがかなり上部に張り出しているのとは対照的なデザインとなっています。

フィットの欠点

柔和なエクステリアデザイン

フィット e:HEV HOME (プレミアムサンライトホワイト・パール)

デザインは好みの問題もあるので欠点とは言いにくいですが、先代のフィット3がスポーティなエクステリアデザインだったのに対して、フィット4では柴犬のような愛嬌のあるフロントフェイスに大きくデザインの方向性を変更しました。

ホンダ フィット3 モデューロ スタイル

日常の足としてのフィットに惹かれる人にとってはあまり気にならない事かもしれませんが、ホンダにスポーティさを求める人にとっては寂しく感じる点とも言えます。

スポーツモデルの設定なし

ホンダ フィット3 RS・Honda SENSING(FF/6MT) (サンセットオレンジII) 2017

先代モデルのフィット3ではスポーツグレード「RS」の設定があり、コンパクトハッチで走りを楽しみたいユーザーに向けたグレードの設定がありましたが、新型フィットでは今のところ設定がなくなりました。デザインと同様にホンダ車でスポーティな走りをしたいユーザーには寂しいところです。

遊び心のない液晶メーター表示

液晶メーター

フィット4ではメーター表示部のメインに大型液晶採用しています。海外メーカーではナビ情報を表示したり、タコメーターをフルに回転させるデモンストレーションなどワクワク感の演出がありますが、フィット4の液晶はワクワク感の演出が殆どありません。

同クラスのライズ/ロッキーでは液晶の表示デザインを変更できるなど、やや演出にも配慮がありますが、せっかくの大型液晶モニターがもったいない印象があります。

フィットの値引きとリセールバリュー込の総合評価:4.0 (5段階評価)

e:HEVと新デザインで新しいホンダの扉を開く

フィット e:HEV HOME (プレミアムサンライトホワイト・パール)

先代モデルとなるフィット3ではアグレッシブなデザインにマニュアルトランスミッションの「RS」を設定するなどスポーティ路線を歩んでいましたが、フィット4では柴犬をモチーフにデザインしたと言われる柔和な印象で大きく雰囲気を変えてきました。

外観デザインだけでなく、ハイブリッドも2モーターの「e:HEV(イーエイチイーブイ)」に刷新。低燃費性能に磨きを掛けています。

一方で最大のライバルとなるトヨタ ヴィッツはモデルチェンジでヤリスに名称を変え、スポーティーなデザインと4WDのスポーツモデル「GRヤリス」の設定などアグレッシブなコンパクトカーに変貌。

ホンダはN-BOXで軽自動車クラスにおいて販売台数ナンバーワンを維持しており、コンパクトカー市場における「売れるクルマ」のツボを掴んだのかもしれません。

新型フィット、ヤリス共に世界的にもトップクラスの完成度を誇るコンパクトカーの誕生は喜ばしい事で、どちらを選んでも満足度の高いものとなりそうです。

車の買い替え前には、必ず一括査定で査定額を把握!

車の買い替えに焦りは禁物です。愛車の査定相場を把握せずに商談に入ると、安く提示された下取り額に対し判断が出来ず大きな損をする事に…。

まずは「ナビクル」など、ネットの一括査定サービスを利用しましょう。査定額の差は【18万円】となる事もあります。→そんなに違うの?買取り額の【差額事例集】

ナビクル

「ナビクル」なら数項目の入力が完了すると、上の画像のようにすぐに相場がわかります。→愛車の買取り相場をすぐに見る 下取り査定を受ける前に、まずは愛車の買い取り相場を調べておきましょう。

btn_8190_600x100

新車ではなく未使用車という選択も

新車だと「予算が厳しい…」「納期が間に合わない」。そんな方には未使用車や低走行車もおススメ。ディーラーが営業ノルマの為に登録した未使用車や低走行の試乗車など、新車同様の車両が毎月たくさん出回ります。

ズバット車販売は、お買い得な車両をネット申込みだけで探してくれるサービスです。「安く買いたいけど探す時間が…」という方におすすめです。→公式サイトで詳しく

フィット 新車値引き
スポンサーリンク
シェアする
ビークルズをフォローする
ビークルズ