ホンダ 今夏発売予定の新型CR-Vをホームページで先行公開

ホンダは、2018年夏に発売を予定している新型SUV「CR-V」に関する情報を2018年6月8日に、ホームページで先行公開しました。

現在は国内販売を休止中。約2年ぶりに国内復活

ホンダ CR-V 1999

初代CR-Vは1995年にSUVの先駆けとして登場。現在、世界160ヵ国以上で販売され、ホンダを代表するグローバルモデルの一つに成長。

ホンダ CR-V 2015

グローバルモデルとしてモデルチェンジ毎にサイズ・価格帯を拡大していったが、日本国内においては徐々に販売台数が減少。2016年、4代目モデルの中盤に国内でのラインナップから消滅していた。

プラットフォーム、パワートレーンなどすべてを刷新

5代目となる新型CR-Vは、デザイン、プラットフォーム、パワートレーンなどすべてを刷新し、CR-Vの強みである快適性や使い勝手の良さを一層進化させ、世界のさまざまな道路環境に対応する、力強くも上質な走りを追求。

CR-Vでは初となる2モーターハイブリッドシステム「SPORT HYBRID i-MMD※」を搭載したハイブリッド車を用意。ガソリン車、ハイブリッド車、共にFFと4WDを設定する予定となっている。またガソリン車には新たに3列シート7人乗り仕様も設定する事が決まっている。

※Intelligent Multi‐Mode Drive(インテリジェント・マルチモード・ドライブ)の略

ホンダ CR-Vの購入を検討中なら、こちらもチェック!

車の買い替え前には、必ず一括査定で査定額を把握!

車の買い替えに焦りは禁物です。愛車の査定相場を把握せずに商談に入ると、安く提示された下取り額に対し判断が出来ず大きな損をする事に…。

まずは「ナビクル」など、ネットの一括査定サービスを利用しましょう。査定額の差は【18万円】となる事もあります。→そんなに違うの?買取り額の【差額事例集】

ナビクル

「ナビクル」なら数項目の入力が完了すると、上の画像のようにすぐに相場がわかります。→愛車の買取り相場をすぐに見る 下取り査定を受ける前に、まずは愛車の買い取り相場を調べておきましょう。

btn_8190_600x100

新車ではなく未使用車という選択も

新車だと「予算が厳しい…」「納期が間に合わない」。そんな方には未使用車や低走行車もおススメ。ディーラーが営業ノルマの為に登録した未使用車や低走行の試乗車など、新車同様の車両が毎月たくさん出回ります。

ズバット車販売は、お買い得な車両をネット申込みだけで探してくれるサービスです。「安く買いたいけど探す時間が…」という方におすすめです。→公式サイトで詳しく

CR-V
スポンサーリンク
シェアする
ビークルズをフォローする
ビークルズ