日産 デイズシリーズをフルモデルチェンジ 2代目デイズは日産が開発を担当

日産 デイズX(2WD)ソーダブルー

日産2019年3月28日、「日産デイズ」をフルモデルチェンジし、同日より全国一斉に発売すると発表した。販売目標台数は8,000台/月。

初代デイズは累計43万台を販売

日産 デイズ初代 2015

「日産デイズ」は、2013年に初代モデルから発売を開始し、累計で約43万台を販売。躍動感溢れるエクステリアと上質なインテリア、軽自動車として初採用となったハイビームアシスト、アラウンドビューモニター、タッチパネル式オートエアコンといった快適性、利便性に溢れる機能を搭載した軽自動車として登場。

2代目デイズの企画・開発は日産

今回、6年ぶりのフルモデルチェンジとなる新型「日産デイズ」は、日産自動車と三菱自動車の合弁会社NMKVのマネジメントのもと、日産が企画、開発を行なった。

新型「日産デイズ」の特徴

 軽自動車初となる「プロパイロット」を搭載

「セレナ」や「日産リーフ」、「エクストレイル」などに搭載している、プロパイロットを、軽自動車に初めて搭載。高速道路での渋滞走行、長時間の巡航走行において、アクセル、ブレーキ、ステアリングをクルマ側で支援。
渋滞中は、前方車との車間距離を制御し、停止中も停止状態を保持する。また、車線内を走行するようにステアリングを制御し、運転操作の負担を軽減する。
長時間の巡航走行では、セット車速を上限に、加減速に合わせて車速を調整。車線内を走行するようにステアリング操作をサポートし、運転操作の負担を軽減する。

軽自動車初「SOSコール」の搭載

先進事故自動通報システムSOSコール(ヘルプネット)を軽自動車として、初めて設定。SOSコールは、交通事故や急病などの緊急時や事故の危険がある時などに、専門のオペレーターへのデータ通信と音声通話を行うことが出来る。

日産が開発した新パワートレイン

新開発エンジン、新開発CVTに加え、新たにリチウムイオンバッテリーを搭載したスマートシンプルハイブリッドといった新設計パワートレインにより、動力性能が大きく進化。力強い走りと共に燃費も向上させている。

スマートシンプルハイブリッド

ハイウェイスターに搭載されているスマートシンプルハイブリッドは、モーターを小型化しながらも、新たに採用したリチウムイオンバッテリーと組み合わせることで、出力を同等としながらも、回生量は約2倍とした。

新開発CVT

新開発CVTは、低フリクションベルトなどの燃費向上技術やエンジン音を大幅に低減するエンジン締結剛性を向上させる静粛性向上技術を採用したほか、伸びのある加速感を感じられるDステップを軽自動車として初めて採用。

 新開発のプラットフォーム

新開発プラットフォームの採用により、「広いキャビンスペース」と「広いラゲッジスペース」を追求。後席は、大人が脚を組んでもゆったりくつろげるよう、ニールームの長さを710mm確保した。荷室は、後席を一番後ろに下げた状態でも385mmの荷室長を実現。

新型「日産デイズ」のフルモデルチェンジ概要

先進技術

プロパイロット、SOSコールの他に下記の先進安全技術を搭載し、全車「セーフティ・サポートカーS<ワイド>(サポカーS<ワイド>)」に該当。

インテリジェント エマージェンシーブレーキ

衝突回避および被害軽減をサポートするインテリジェント エマージェンシーブレーキを全車に搭載。

インテリジェント LI&LDW

意図せず走行車線を逸脱しそうな場合に警報でドライバーの注意を喚起する「LDW(車線逸脱 警報)」と車線内に戻す方向に力を短時間発生させ、ドライバーがクルマを車線内に戻す操作を支援する「インテリジェント LI(車線逸脱防止支援システム)」を日産の軽自動車に初めて搭載。

踏み間違い衝突防止アシスト

アクセルとブレーキの踏み間違いによる前方・後方への急発進を抑制するとともに、障害物に衝突する恐れがある場合にはブレーキをかけて衝突を回避、または被害を軽減。前進時には壁などの構造物だけでなく、歩行者も検知する。

インテリジェント アラウンドビューモニター(移動物 検知機能付)

クルマを真上から見下ろしているかのように、周囲の状況を画像で把握できるアラウンドビューモニターに移動物 検知機能を追加し、日産の軽自動車に初めて搭載。

ハイビームアシスト

カメラで前方の先行車や対向車のライトと道路周辺の明るさを検知して、ハイビームとロービームを自動で切り替え、安全運転をサポート。

デザイン

エクステリア

日産 デイズ ハイウェイスターX プロパイロットエディション(2WD) ホワイトパール/プレミアムサンシャインオレンジ2トーン

躍動感がありダイナミックなデザインで、しっかりとした信頼感を感じられるプロポーションとしている。ハイウェイスターには、マルチレフタイプLEDを2段配列した、先進感際立つヘッドランプやクリスタルカットグリル&3Dメッシュグリルを採用するなど、これまで以上に洗練させるとともに、さらに先進性と質感を向上。

インテリア

日産 デイズ ハイウェイスターGターボ プロパイロットエディション プレミアムコンビネーションインテリア

心地いい広々とした室内空間と、スマートな使いやすさを目指し、2段構成のインストルメントパネルや精密な3Dパターン、直感的に操作できるエアコンスイッチなど、先進的で一体感のあるインテリアデザインに仕上げている。

日産 デイズ ハイウェイスターGターボ プロパイロットエディション プレミアムコンビネーションインテリア

ボディカラー

日産 デイズ ハイウェイスターGターボ プロパイロットエディション(2WD)アッシュブラウン/フローズンバニラパール2トーン

2トーン4種類、モノトーン13種類の全17種類の多彩なカラーバリエーションを展開。

同時にデイズ ボレロも発表

日産 デイズ Bolero ブロッサムピンク/ホワイトパール 専用2トーン

「日産デイズ」のフルモデルチェンジにあわせ、日産自動車の関連会社である株式会社オーテックジャパンの「ボレロ」も発表。同日より日産の販売会社を通じて、全国一斉に発売する。

オーテックジャパンの「ボレロ」シリーズは、個性的で愛着のあるエレガントなスタイルを特徴としたカスタムカーで、1997年に「マーチ」、2015年に「日産デイズ」、2016年に「日産デイズルークス」をベースに発売してきた。

「ボレロ」は、フロントグリルとバックドアフィニッシャーのカラーをダーククロームタイプとし、ホワイトパールのドアハンドル、ドアミラー、ホワイトの専用14インチアルミホイールを採用するなど、上質かつかわいらしいスタイリングに仕上げている。

ボディカラーは、専用2トーン3色を含む全7色を設定。

日産 デイズ Bolero 内装色:モーヴピンク

インテリアは、モーヴピンクとホワイトでコーディネートしたソフトレザー調&トリコットのコンビネーションシートに、インストパネルや本革巻きステアリングには、落ち着きと上質さを持ったブラウンピンクを採用したほか、運転席、助手席の両席にバニティミラーを装備し、同乗者とともに居心地の良さを感じられる空間としている。

日産 デイズ Bolero 内装色:モーヴピンク

日産デイズの価格

グレード パワーユニット 2WD 4WD
S 自然吸気 1,273,320 1,405,080
X 1,325,160 1,456,920
ハイウェイスターX 自然吸気+モーター 1,469,880 1,601,640
ハイウェイスターX プロパイロットエディション 1,567,080 1,698,840
ハイウェイスターGターボ ターボ+モーター 1,549,800 1,681,560
ハイウェイスターGターボ プロパイロットエディション 1,647,000 1,778,760
ボレロ  自然吸気 1,411,560 1,543,320

価格は消費税込み(単位:円)。トランスミッションは全てCVT

 

日産 デイズの購入を検討中なら、こちらもチェック!

車の買い替え前には、必ず一括査定で査定額を把握!

車の買い替えに焦りは禁物です。愛車の査定相場を把握せずに商談に入ると、安く提示された下取り額に対し判断が出来ず大きな損をする事に…。

まずはかんたん査定ガイドなど、ネットの一括査定サービスを利用しましょう。査定額の差は【65万円】となる事もあります。→そんなに違うの?買取り額の【差額事例集】

kantan_kuruma_kekka3

かんたん査定ガイドなら数項目の入力が完了すると、上の画像のようにすぐに相場がわかります。→愛車の買取り相場をすぐに見る 下取り査定を受ける前に、まずは愛車の買い取り相場を調べておきましょう。

btn_8190_600x100

新車ではなく未使用車という選択も

新車だと「予算が厳しい…」「納期が間に合わない」。そんな方には未使用車や低走行車もおススメ。ディーラーが営業ノルマの為に登録した未使用車や低走行の試乗車など、新車同様の車両が毎月たくさん出回ります。

ズバット車販売は、お買い得な車両をネット申込みだけで探してくれるサービスです。「安く買いたいけど探す時間が…」という方におすすめです。→公式サイトで詳しく

デイズ
スポンサーリンク
シェアする
びぃくるずをフォローする
びぃくるず-自動車