歴代スバル インプレッサ フルモデルチェンジの歴史

初代スバル インプレッサ (1992-2000 GC/GF)

スバル インプレッサ 1992

レガシィの弟分として誕生したCセグメント車

富士重工業は1992年11月、主力車種「スバル・レガシィ」の弟分となる新型Cセグメント車「スバル・インプレッサ」を発売しました。ボディタイプは当初4ドアセダンと5ドアワゴンの「スポーツワゴン」が用意され、前者は「スバル・レオーネマイア/マイアⅡ」の後継モデルとして位置付けられました。機構面では水平対向エンジンやFF/フルタイム4WDの駆動方式など、スバル伝統の技術が踏襲されました。

スバル インプレッサ (初代 1992-2000):レガシィの弟分として誕生したCセグメント車 [GC/GF]
富士重工業は1992年11月、主力車種「スバル・レガシィ」の弟分となる新型Cセグメント車「スバル・インプレッサ」...

2代目スバル インプレッサ (2000-2007 GD/GG)

スバル インプレッサ WRX NA 2001

セダンとスポーツワゴンで路線を差別化

「スバル・インプレッサ」は、2000年8月に初のフルモデルチェンジを受け2代目モデルに移行しました。基本メカニズムやコンセプトが先代から受け継がれた一方、4ドアセダンと5ドアワゴン「スポーツワゴン」で路線の差別化が図られ、前者は3ナンバーボディのスポーティモデルが主力となりました。

スバル インプレッサ (2代目 GD/GG 2000-2007):セダンとスポーツワゴンで路線を差別化
初代モデルが1992年にデビューした富士重工業のCセグメント車「スバル・インプレッサ」は、2000年8月に初のフ...

3代目スバル インプレッサ (2007-2011 GE/GH/GR/GV)

スバル インプレッサ S-GT 2007

全車3ナンバー化されると共にスタイリングを路線変更

「スバル・インプレッサ」は、2007年6月に7年ぶり2度目フルモデルチェンジを受け3代目モデルに移行しました。「新快適スタイル」をコンセプトにボディが拡大され全車3ナンバーサイズとなった他、スタイリングもアグレッシブな方向にイメージチェンジが図られました。

スバル インプレッサ (3代目 2007-2011):全車3ナンバー化されると共にスタイリングを路線変更 [GE/GH/GR/GV]
初代モデルが1992年にデビューした富士重工業のCセグメント車「スバル・インプレッサ」は、2007年6月に7年ぶ...

4代目スバル インプレッサ G4/スポーツ (2011-2016 GP/GJ)

スバル インプレッサ G4 2.0i-S EyeSight 2015

ハイブリッドが追加。動力性能・燃費・安全性などをトータルに改善

「インプレッサ」は、2011年12月に4年ぶり3度目のフルモデルチェンジを実施し、現行型となりました。同時に、新たに4ドアセダンに「G4」、5ドアハッチバックに「スポーツ」というサブネームが付きました。先代よりも動力性能や燃費、居住性など多くの点が改善された他、安全装備が大幅に充実しました。

スバル インプレッサ G4/スポーツ (4代目 2011-2016):ハイブリッドが追加。動力性能・燃費・安全性などをトータルに改善[GP/GJ]
スバルのミドルクラスセダン「インプレッサ」は、2011年12月に4年ぶり3度目のフルモデルチェンジを実施し、現行...

5代目スバル インプレッサ スポーツ/G4 (2016- GT/GK)

スバル インプレッサ SPORT 2.0i-S EyeSight 2016

安全性能が一段と向上すると共に居住性も改善

富士重工業は2016年10月13日、5年ぶりの全面改良を施した新型「スバル・インプレッサスポーツ/G4」を発表しました。通算で5代目となるこのモデルは、新プラットフォーム「スバルグローバルプラットフォーム」の採用による衝突安全性能及び操縦安定性の向上や、安全装備の強化、ボディサイズ拡大による居住性の改善が図られた事などが特徴となっています。

スバル インプレッサ スポーツ/G4 (5代目 2016-):安全性能が一段と向上すると共に居住性も改善[GT/GK]
富士重工業は2016年10月13日、5年ぶりの全面改良を施した新型「スバル・インプレッサスポーツ/G4」を発表し...

インプレッサの購入を検討中なら、こちらもチェック!

車の買い替え前には、必ず一括査定で査定額を把握!

車の買い替えに焦りは禁物です。愛車の査定相場を把握せずに商談に入ると、安く提示された下取り額に対し判断が出来ず大きな損をする事に…。

まずは「ナビクル」など、ネットの一括査定サービスを利用しましょう。査定額の差は【18万円】となる事もあります。→そんなに違うの?買取り額の【差額事例集】

ナビクル

「ナビクル」なら数項目の入力が完了すると、上の画像のようにすぐに相場がわかります。→愛車の買取り相場をすぐに見る 下取り査定を受ける前に、まずは愛車の買い取り相場を調べておきましょう。

btn_8190_600x100

新車ではなく未使用車という選択も

新車だと「予算が厳しい…」「納期が間に合わない」。そんな方には未使用車や低走行車もおススメ。ディーラーが営業ノルマの為に登録した未使用車や低走行の試乗車など、新車同様の車両が毎月たくさん出回ります。

ズバット車販売は、お買い得な車両をネット申込みだけで探してくれるサービスです。「安く買いたいけど探す時間が…」という方におすすめです。→公式サイトで詳しく

インプレッサ 歴代モデル
スポンサーリンク
シェアする
ビークルズをフォローする
ビークルズ